大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

  • 新型コロナウイルス感染症の影響で、イベントが中止・延期になる場合がございます。 お出かけの際は、直接主催者へご確認ください。

※当サイトに掲載している情報はイベント主催者からの情報を元に作成しております。

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

その他

1 ~ 10件/10件を表示

  • 1

書道・文学・写真 Sunny.S mini exhibition 花視線〜コトノハナビラ〜

3月から6月にかけての花の作品をメインとして、展示いたします。
花々を撮影すると、それぞれに表情が感じられ、まるでどこかを、何かを見ているように思えてきます。
花たちは一体何を見、感じているのか。
言葉と写真の融合作品から、
花の視線を感じていただけましたら、幸いです。


なお、本 mini exhibition は、
6月7日(火)〜12日(日) 札幌市資料館にて開催の
2nd exhibition 『 「コトノハ舞うは紡風」〜 冬・春・夏を吹きぬけて 〜 』の先行展示です。

そちらでも同じ作品がご覧いただけます。

日程 2022/05/02(月) ~ 2022/05/31(火)
開催時間:09:00~15:00
月曜日〜金曜日のみ。

途中、12:00〜13:30はお昼休みです。
開催場所 北陸銀行 西岡支店

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 西牧徹個展「ferrgyulo」フェリギュロ

西牧徹の鉛筆画展
当店では2度目の個展 

● 西牧 徹 プロフィール
1964年東京生まれ。少年・少女と玩具・食物などをモチーフに鉛筆画を制作。2003年に自らの作品を「黒戯画」と名づける。この「黒戯画」は“艶画”と“福画”に大別され、性幻想に基づくもの、キエムクーとその仲間たちの日常と冒険を描いたもので、ユートピア絵画という点で同一線上の世界となっている。

日程 2022/05/06(金) ~ 2022/05/31(火)
開催時間:20:00~01:00
日月定休
開催場所 BAR&GALLERY 卍

続きを読む

観光 <申込受付> 札幌ー富山便スペシャル搭乗キャンペーン実施中!

対象搭乗期間:令和4年4月26日(火曜日)から令和4年6月30日(木曜日)までのご搭乗分
期間中、札幌ー富山便往復利用または片道2回
ご利用された応募者の方にもれなく
ANA旅行券プレゼント!! (3000円)
※予算に達し次第キャンペーンは終了いたします。 

受付期間 2022/05/12(木) ~ 2022/07/07(木)
日程 2022/04/26(火) ~ 2022/06/30(木)
対象搭乗期間内のご搭乗分
開催場所 北海道内

続きを読む

音楽 <申込受付> <参加者募集>寛仁親王牌童謡こどもの歌コンクール第37回

大正7(1918)年7月1日、こどもたちのために芸術として本当に価値のある童話や童謡を創作するための児童文芸雑誌『赤い鳥』が、多くの文学者・詩人・作曲家の賛同を得て鈴木三重吉によって創刊されました。北原白秋と西條八十らの詩人に導かれて『赤い鳥』からたくさんのすばらしい童謡が生み出され羽ばたいていきました。
そしてその精神は時代をこえて多くの詩人・作曲家によって受け継がれ次々と新しい童謡が生まれつづけています。

この日本固有のこどもの文化である「童謡」をたくさんの方に親しんでほしい、歌ってほしいという強い願いから、寬仁親王牌『童謡こどもの歌コンクール』(旧称:全国童謡歌唱コンクール)は始まり、今年で37回目を迎えることとなりました。

コンクールのタイトル「童謡こどもの歌」とは童謡誕生の精神を中心に据え、明治・大正・昭和そして現代に至る長い年月をとおして創られ、こどもたちだけでなく大人にも歌い継がれてきた「日本のこどもの歌」を表す言葉と考えております。

またコンクールの課題曲にもその意味が込められておりますので、幅広い視野での豊かな選曲を行って、楽しく心躍らせてご参加くださる事を願っています。

童謡こどもの歌コンクール実行委員会

【審査の流れ】

「一次審査〈6月中旬〉
応募音源をもとにテレビ朝日にて審査を行い、こども、ファミリー、大人の3部門で合計約200組を選出します。
結果発表〈6月24日(金)予定〉
合格者を当ホームページにて発表いたします。」

「二次審査収録会〈8月上旬~9月上旬〉
テレビ朝日系列24局のスタジオ等にて行います
詳しい日程は4/29までに二次審査収録会のページで発表します。
二次審査〈9月中旬〉
『二次審査収録会』の映像をもとにテレビ朝日にて審査を行い、こども、 ファミリー、大人の3部門でグランプリ大会出場者21組(予定)を選出します。
結果発表〈9月21日(水)予定〉
合格者を当ホームページにて発表いたします。」

「グランプリ大会 11月13日(日)
会場:東京・EXシアター六本木
各部門で『金賞』『 銀賞』『 銅賞』が決定します。
金賞受賞者には寬仁親王牌が授与されます。
当日の模様は『BS朝日』で放送します。」

受付期間 2022/04/29(金) ~ 2022/05/31(火)
日程 2022/04/29(金) ~ 2022/11/13(日)
詳細はホームページに確認してください。

開催場所 HTB北海道テレビ

続きを読む

舞台芸術 【映像配信】能楽師が解説「はじめての能」

もっと能を楽しめるように、入門動画をつくりました

日本の代表的な古典芸能である「能」。興味はあるけど、敷居が高くて難しそう…そう感じている方もいるのではないでしょうか?
このたび、能楽師・永島充氏の解説による、能の基礎知識を紹介する動画を制作しました。全編字幕付きで、小中学生や初心者の方にも理解しやすい内容です。
能の世界への第一歩として、ぜひご視聴ください。

出演:永島充(観世流九皐会所属)
撮影:前島写真店
撮影協力:矢来能楽堂(東京都新宿区)
企画・編集:檜書店
制作:札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団)

前編
能舞台について
能面について
https://youtu.be/I9SLsrKxJBw

後編
装束について
謡について
https://youtu.be/rdD3NBW96BY

日程 2022/04/01(金) ~ 2023/03/31(金)
3月31日23:59まで
開催場所 オンライン開催

続きを読む

音楽 <申込受付> サウンドバトル北海道(第10回全道ノンプロバンドバトル)

企画主旨

北海道内で活動しているアマチュアミュージジャン(バンド)の数は300とも400とも言われております。

2009ねんりんぴっく北海道・札幌開催に際し、プロローグイベントとして開催した「おやじバンドコンテスト」においては、40歳以上の条件にも関わらず、約120組の応募がありました。このようなポテンシャルがある一方で、企業のついた音楽コンテストは年々減少、又は規模が小さくなっております。

2013年そのような現状の中で北海道発、音楽の創出について、ここ数年は、機会に恵まれていない状況が続いており、若者の音楽のとらえ方や、発信媒体も多岐に亘っている中、音楽家をめざす若者の活動も狭義のものに留まっている事に危惧を感じ、かって数々のプロミュージシャンを輩出したコンテストの、灯りを消さないように、「アマチュアミュージシャンの発表の場、交流の場の提供」「新たら音楽と出会い」を目的に弊社の独自企画として「全道ノンプロバンドバトル」を開催しました。

全国的に大手(YAMAHA等)のコンテストがフェスに移り変わる中、北海道発の音楽を創出すべく実施し、その応募数は、350組を超える規模に育ちました。
年齢・コピー・オリジナル等を問わず、音楽を志す全てのミュージシャンが平等に参加・競う事のできるコンテストです。

この大会を継続して開催する事で、そのコンテストを目標にするミュージシャンを更に増やすこと、彼らに発表の場を提供し、北海道サウンドの発掘の一助になる事、過去の他コンテストのように、プロミュージシャンを創出し、北海道発音楽の発信を行う北海道の風物詩になる事を目指して、このコンテストを開催します。

受付期間 2022/05/02(月) ~ 2022/08/18(木)
日程 2022/05/22(日) ~ 2022/11/03(木)
開場時間:13:00
予選:
5月22日 
6月19日 
7月16日 
8月20日 
8月21日

決勝11月3日
決勝11月3日は14:00
開催場所 ESPホール

続きを読む

その他 <申込受付> <ボランティアスタッフ募集>サッポロ・シティ・ジャズ ボランティアスタッフ募集

人がすき。音楽が好き。イベントが好き。
今できる何かのために夢中になれる自分が好き。
新しい体験や、充実した時間を分かち合う仲間がいます。
サッポロ・シティ・ジャズを様々な活動サポートする
ボランティアスタッフ「ジャズセーバーズ」にぜひご応募ください。

【活動期間】
2022年6月~2023年3月末まで(主に7月、8月、12月を予定)
【応募条件】
年齢・性別問わずどなたでもご参加いただけます。
【活動内容】
・運営ボランティア(会場受付・場内誘導・進行補助など)
・撮影ボランティア
【応募方法】
サッポロ・シティ・ジャズ公式ホームページ内ジャズセーバーズ応募フォームよりご応募ください。

受付期間 2022/03/15(火) ~ 2022/10/20(木)
日程 2022/06/01(水) ~ 2023/03/31(金)
【夏期活動期間】6月上旬~10月
 活動説明会6月18日19日
 撮影ボランティア10:30~12:00
 運営スタッフ14:00~16:00
 会場:札幌市教育文化会館

【冬期活動期間】11月~2023年3月31日
 活動説明会11月12日13日
 撮影ボランティア14:00~16:00
 運営ボランティア10:00~12:00
         18:00~20:00
 会場:札幌市民交流プラザ
開催場所 札幌市内各会場

続きを読む

その他 <申込受付> 【公開講座】未病からみた新しい健康観 ~人生100年時代のヘルスケア~

令和4年度北海道情報大学公開講座です
人の健康状態は、ここまでが「健康」で、ここから先は「病気」といった明確な線引きができるわけではありません。健康状態は「健康」と「病気」の間で連続的に変化しており、その状態を「未病(みびょう)」といいます。未病の状態にもいくつかのステージがありますが、「健康」により近い段階では、そのはたらきが科学的に明らかになっている食品や食材を利用することも「健康」への回復に役立ちます。しかし、一般に健康食品は消費者の判断で摂取することが多く、過剰摂取など、その使用方法を誤ると健康被害につながりかねません。
 昨年度は未病において「食」に関して知っておくべき留意点などを中心としたお話をしました。今年度は、健康食品との正しい向き合い方など、健康長寿に重要な「食」の上手な活用法を中心に、未病対策の観点から「人生100年時代」に向けた新しいヘルスケアに関する情報をお話します。
●主な内容:未病とは?、食の機能性と科学的根拠、セルフメディケーション、食による未病対策
未病対策に生かす IT(ヘルスケアIT) ほか

受付期間 2022/05/30(月) ~ 2022/06/10(金)
日程 2022/06/23(木)
※要予約 30名
開催時間:18時30分から20時00分【全1回】
開場は30分前(受付開始18時から18時30分)
受付時間より前に教室に入室することはできません

開催場所 北海道情報大学 札幌サテライト教室

続きを読む

その他 <申込受付> 【公開講座】高齢者を見守るしくみについて ~今使えるしくみと新しい技術について~

令和4年度北海道情報大学 公開講座です
概要:高齢化社会において,ワイヤレス通信工学の技術やセンシングの技術を用いたヒトの健康状態のモニタリングや事故発生の検出,事故の予防に至るまでのしくみについて紹介します。さらに今年度は今後の社会において見守りへの有効活用が期待できる新しい技術とその可能性についても解説します。
ねらい:高齢化社会を見守るしくみについて理解して頂き,このしくみを活用するモチベーションをつくる.
ながれ: ① 高齢化社会の背景と見守りについて具体的な手続きやサービス利用者の感想を紹介します
(座学で)② 高齢化社会の見守りに流用可能な技術や必要な情報共有 についての考えを紹介します
    ③ 今後見守りへの有効活用が期待できる新しい技術ウェアラブル型血圧計などについて紹介します

受付期間 2022/06/06(月) ~ 2022/06/17(金)
日程 2022/07/02(土)
開催時間:10:30~12:00
開場は30分前(受付開始10時から10時30分)
受付開始時刻より前に教室に入室することはできません
開催場所 北海道情報大学 札幌サテライト教室

続きを読む

書道・文学・写真 <申込受付> さっぽろ市民文芸第39号掲載作品募集

札幌市民の文芸創作活動を発表する場として作品を募集し、優秀作品を掲載する総合文芸誌「さっぽろ市民文芸」は今年で第39号を迎えます。皆様のご応募を心よりお待ちしております。応募作品の中から選考を行い、入選作品を「さっぽろ市民文芸第39号」に掲載いたします。
特に優れた作品には、「札幌市民芸術祭大賞」「札幌市民芸術祭奨励賞」が贈呈されます。

応募資格:札幌市民の方ならどなたでも応募できます。※年齢は問いません。

応募部門
1 随筆 2 小説 3 詩
4 評論 5 短歌 6 俳句
7 川柳 8 児童文学
9 戯曲・脚本

応募規定
1 未発表の作品に限ります。
  ◆「未発表」とは公表されていないものをさします。規模の大小にかかわらず他のコンクール、新聞、同人誌、インターネット等に掲載されたものは「発表」とみなします。
  ◆さっぽろ市民文芸第39号発行前に、既発表作品と判明した場合は、受賞及び掲載を取り消します。
2 原稿は、A4判400字詰め原稿用紙(20字×20行)縦書きを使用のうえ、部門ごとの規定に従って提出してください。パソコン、ワープロで原稿を作成する場合も、必ず同様の形式とします。
  ①随筆 5枚以内
  ②小説 40枚以内
  ③詩  60行以内
  ④評論 30枚以内 (文芸評論に限ります。引用は必ず出典を明記してください。)
  ⑤短歌 10首まとめ (題名を必ず記入してください。)
  ⑥俳句 10句まとめ (雑詠。題名を必ず記入してください。)
  ⑦川柳 10句まとめ (雑詠。題名を必ず記入してください。)
  ⑧児童文学 20枚以内
  ⑨戯曲・脚本 50枚以内 (400字詰め原稿用紙3枚以内にあらすじを添えてください。)
  ◆原稿枚数は、題名、あらすじ等を除く本文のみとします。
3 作品受付後の変更または訂正、加筆はできません。
4 複数部門に応募可能です。ただし、1部門につき1作品に限ります。
5 過去にさっぽろ市民文芸で「札幌市民芸術祭大賞」を受賞した方は、受賞時と同一の部門には応募いただけません。
6 応募作品は返却いたしません。必要な方は提出前にコピーをお取りになるか、データをお手元に保管してください。
7 「さっぽろ市民文芸第39号」に掲載された作品の版権は、札幌市民芸術祭実行委員会に帰属し、札幌市民芸術祭事業の広報活動等に使用する場合があります。
8 掲載作品については、選考委員と協議のうえ、事務局で校正する場合があります。
9 選考結果についてのお問い合わせには応じられません。
10 応募規定が守られていない等の不備があった場合は選考の対象外となります。

※詳しくはホームページをご確認ください。

受付期間 2022/04/15(金) ~ 2022/05/31(火)
日程 2022/11/26(土)
開演時間:14:00
「さっぽろ市民文芸の集い」
さっぽろ市民文芸第39号の刊行を記念し、掲載作品の表彰や、記念講演会、部門ごとに選考委員と語り合い、交流を深める催しを開催します。

会場:札幌市教育文化会館情報 各研修室
(予定)
開催場所 札幌市教育文化会館

続きを読む

  • 1
  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ