大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

  • 大通情報ステーションについては、札幌市の事業見直しにより、令和6年(2024年)3月末をもって廃止することとなりました。今後のイベント情報の取り扱い等詳細につきましては、決まり次第お知らせします。

※当サイトに掲載している情報はイベント主催者からの情報を元に作成しております。

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

休日

1 ~ 10件/159件を表示

美術・工芸・デザイン・映像 弥生三月 ~ 女流三人展 ~

桃の節句にちなみ、道展会員として活動する三人による日本画、油彩画、版画と華やいだ展示。一足早い春を感じていただけたら・・・

日程 2024/02/28(水) ~ 2024/03/04(月)
開催時間:10:00~19:00
火曜定休日
最終日は17:00まで
開催場所 カフェ北都館ギャラリー

続きを読む

書道・文学・写真 風景写真Xtension展

「風景写真Xtension展」は、アマチュア風景写真家の皆さまより、当社GFX・Xシリーズで撮影した作品を募集、厳正な審査により選ばれた35点(35人)と招待作家による同じくGFX・Xシリーズで日本の風景を捉えた作品15点(15名)の計50点を展示いたします。アマチュア写真家と招待作家が当社デジタルカメラで捉えた日本の美しい風景写真は、新年にご来場された皆さまの心に明るい彩りを添えてくれるでしょう。

日程 2024/03/01(金) ~ 2024/03/06(水)
開催時間:10:00~18:00
開催場所 富士フイルムフォトサロン 札幌

続きを読む

その他 芸森かんじきウォーク2024

かんじきで白銀の世界へ!
青く高い澄んだ空、真っ白でやわらかな雪、そして彫刻を照らす陽の光。
冬ならではのかんじき散歩をお楽しみください。
運がよければ、可愛い小動物にも出会えるかもしれません。

※積雪状況や天候の影響により、やむを得ず開催を中止する可能性があります。
 ご来園前に「芸術の森からのお知らせ」をご確認ください。

日程 2024/01/06(土) ~ 2024/03/10(日)
開催時間:09:45~15:30
休館日:毎週月曜(月曜が祝日の場合は翌平日)
入館は15:00まで
開催場所 札幌芸術の森

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 LAST SNOW 札幌国際芸術祭 SIAF2024【特別展】AINU ART―モレウのうた

アイヌ文様の特徴のひとつであるモレウ(渦巻き文)をキーワードに、アイヌアートの多様性とデザイン性に富んだ造形力に注目します。貝澤徹、西田香代子、藤戸康平らの近作、新作とともに、先人たちが残した木工芸、染織の優品を展覧します。

【関連事業】
『オープニングイベント「トゥレッポん with キンビ Kids」』
日時:1月13日(土)10:30~12:00
(1)トゥレッポんとあそぼう!アイヌ語巨大カルタ
(2)アイヌ刺繍&トンコリ・ムックリちらっと体験
対象:(1)幼児から大人 (2)小学生以上
講師(2):刺繍:西田香代子、西山知香
     トンコリ:Pette
     ムックリ:邊泥文絵
会場:1階ホール
申し込み不要、無料

『アーティスト・トーク「ものづくりの現場から」(全6回)』
日時・講師(各40分)
1月27日(土) (1)貝澤徹 (2)下倉洋之
2月17日(土) (1)結城幸司 (2)藤戸康平
3月2日(土) (1)関根真紀 (2)小笠原小夜
(1)11時~ (2)14時~
聞き手:五十嵐聡美(担当学芸員)
会場:「AINU ART」展示室内
申し込み不要、要観覧券

『アイヌ文化ちらっと体験「ふれてみよう・着てみよう」』
日時:2月11日(日)・12日(月)10時30分~12時
会場:2階東側コーナー
申し込み不要、無料

『札幌国際芸術祭2024との連携トーク「あっちもこっちも面白い」』
日時:2月17日(土)13時~14時
会場:1階ホール
講師:両展担当学芸員
申し込み不要、聴講無料

日程 2024/01/13(土) ~ 2024/03/10(日)
開催時間:09:30~17:00
休館日:月曜日(2月12日をのぞく)、2月13日
入場は16:30まで
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

書道・文学・写真 日本全国ZINE/リトルプレス博覧会

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
「日本全国ZINE/リトルプレス博覧会」
北から南までツツウラウラ
いろんな読みもの、大集合。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

日時:2024年2月22日(木)〜3月10日(日)11時〜19時
会場:Gallery&Shop 馬と獅子(札幌市電 電車事業所前駅 徒歩2分)
入場無料/会期中無休
主催:株式会社マニュブックス


───ZINE/リトルプレスとは───
「個人や小規模の団体が少部数で発行する冊子・出版物」のこと
テーマや手法、印刷や綴じ方に決まりはなく、その形態は非常にさまざま


47都道府県から選りすぐりのZINE&リトルプレスが集結します。
この期間はアートギャラリー Gallery&Shop 馬と獅子がZINE/リトルプレス書店に様変わり。
少部数のZINEやリトルプレスにこそ全国各地の地域性がより濃くあらわれるもの。
ぜひ気になる1冊を見つけに来てください。


【出展者一覧】※順不同 ※敬称略

佐藤優子(北海道)/ Futaba.(北海道)/トーキョーブンミャク(東京)/サンズイ舎(神奈川)/ブックバーひつじが(福岡)/名古屋渋ビル研究会(愛知/鳥取)/シカク たけしげみゆき(大阪)/久保田寛子(山口)/トモモ舎(兵庫)/ YOUNiiiiQ(福島)/雨風文芸部(高知)/日々詩編集室(三重)/ yukariRo編集部(秋田)/ワールドリー・デザイン(富山)/木林ききき(宮崎)/ナナオ(新潟)/丸田ちひろ(鹿児島)/Rappy(鹿児島)/小泉スロウ(千葉)/Cha(i 埼玉)/サトリデザイン(奈良)/山本千尋(長崎)/ Aomori & You(青森)/堀田めぐみ(沖縄)/イカハッチンプロダクション(滋賀)/北裕実(広島)/ hiromi63(茨城)/江角悠子(京都)/福永あずさ(熊本)/ musan(長野)/竹永絵里(山形)/伊藤由香子(岐阜)/大門可画(佐賀)/冬雨千晶(岡山)

and more!

※イベントや作品の詳細はギャラリー公式Instagramにて随時発信しております。
お手数ですが、当ページ内「公式HPアドレス」よりご確認ください。

日程 2024/02/22(木) ~ 2024/03/10(日)
開催時間:11:00~19:00
会期中無休
開催場所 ギャラリー&ショップ 馬と獅子

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 ランプワークの世界展 2024 春

作家:高田範子、古木晶子

 2024年もすっかり明けて、今年初めての作品展ではコアガラスを中心にランプワークを御紹介致します。昨年に引き続き高田範子と古木晶子の二人による小さな硝子の繊細な世界を楽しんで頂ければ幸いです。
 ぐい呑みや蓋物、ペーパーウェイトやマーブルなどコレクターには堪らない作品が、またその他にもとんぼ玉やネックレスなどのアクセサリー類なども出品される予定です。
 また今回も会期中にブログ(http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/)にて作品を御紹介致しますので、メールにてお気軽にお問い合わせください。
 この機会に是非、御高覧ください。

日程 2024/02/24(土) ~ 2024/03/10(日)
開催時間:10:00~18:00
木曜、金曜休館
開催場所 悠遊舎ぎゃらりぃ SAPPORO

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 群青 Vol.11

2週間・広々一杯な展覧会

写真・絵画・立体・切り絵・現代美術・トーク・音楽・他…

日程 2024/02/28(水) ~ 2024/03/10(日)
開催時間:10:00~20:00
【前期】2月28日(水)~3月3日(日)
【後期】3月6日(水)~3月10日(日)
※休館日:3月4日(月)
各会期最終日は17:30まで
開催場所 札幌市民ギャラリー

続きを読む

舞台芸術 【北海道立文学館】月例朗読会「北の響~名作を声にのせて~」

北海道ゆかりの作品を朗読

【出演】
ドラマチックリーディンググループ蔵
朗読を楽しむ会
朗読表現ゆうの会
ドラマチックリーディンググループさ・く・ら
声の贈り物~月夜見の会
朗読 糸の会

日程 2023/05/11(木) ~ 2024/03/14(木)
毎月第2木曜日
※要申込(開催日の2週間前の木曜日から電話で受付開始)
各日とも13:30~

2023/11/03(金)
開催時間:14:00~15:00
『古典の日記念朗読会』
※要申込 10月20日(金) 9:00より電話受付
開催場所 北海道立文学館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 2024 Vol.2 ​今井喬裕 Merry rays

本展では北海道初公開となる「Merry rays」を含めた今井喬裕の大作14点をそれぞれ作品解説とともに展示します。その細密描写への技量は勿論、画面の装飾性とシンプルな画面との両立が我々の持つ近年の今井への印象であり、彼自身「ここ数年はそのバランスを探っているような感覚」であると言います。今井の写実力によって命を吹き込まれた作品内の女性達の輪郭は近代の造形的な要素としての意味を持つとともに、作家の深慮故の抽象的な感覚をも纏わせています。

日程 2024/02/29(木) ~ 2024/03/17(日)
開催時間:10:00~17:00
会期中【木】【金】【土】【日】曜日開館
最終入館は16:30
開催場所 北武(HOKUBU)記念絵画館

続きを読む

その他 北海道開拓の村共催 札幌市豊平館 歴史連続講座

野外博物館北海道開拓の村の学芸員を講師に迎え、様々な歴史に関する講座を開催します。

日程 2023/12/20(水)
開場時間:17:30
開演時間:18:00
第1回『旧仙台藩士族の年中行事』
内容
明治初期に大規模な団体移住を行ったことで、旧習が比較的遺りやすい環境にあったと想定し、旧仙台藩からの移住士族ならびに郷里に残った士族の末裔を対象に行った調査内容を紹介。


申込先 11月21日(火)より 北海道開拓の村 TEL 011-898-2692


2024/01/20(土)
開場時間:17:30
開演時間:18:00
第2回『北海道開拓と西洋リンゴ』
内容
北海道開拓と西洋リンゴの関係や北海道開拓の村で育てている開拓期由来のリンゴを活用した事業の取り組みについて紹介。
申込先 12月21日(木)より 北海道開拓の村 TEL 011-898-2692

2024/02/20(火)
開場時間:17:30
開演時間:18:00
第3回『【えご】サーチ』
内容
本州の日本海側では「えご」という海藻料理を食べる習慣があるが、北海道でも食べられていることが明らかになった。誰がどのような経緯で持ち込んだのか、材料はどこからやってきたのか、など「えご」の実態について紹介。
申込先 1月21日(日)より 北海道開拓の村 TEL 011-898-2692

2024/03/20(水)
開場時間:17:30
開演時間:18:00
第4回『北海道の炭鉱と生活ー日本遺産『炭鉱港』の記憶』
内容
幕末に道東と後志で探掘が始められ、明治期以降本格的に開発されると、昭和期にかけて石狩炭田を擁する空知地方は炭都として隆盛を極めた。北海道の経済を牽引してきた炭鉱の歴史と関わった人々の暮らしぶりを振り返る。
申込先 2月21日(水)より 北海道開拓の村 TEL 011-898-2692
開催場所 豊平館

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ