大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

  • 大通情報ステーションについては、札幌市の事業見直しにより、令和6年(2024年)3月末をもって廃止することとなりました。今後のイベント情報の取り扱い等詳細につきましては、決まり次第お知らせします。

※当サイトに掲載している情報はイベント主催者からの情報を元に作成しております。

条件から探す

書道・文学・写真

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

1 ~ 10件/10件を表示

  • 1

書道・文学・写真 素材としての写真拡張展~写真か?vol.4~

出展者 阿部雄/野呂田晋/おぎのようこ/神成邦夫/Tetsu Osumi/高橋徹/河口真哉/河口真由美/田中郁子/岡崎はるな/新堀元太

写真は、記録・ドキュメンタリー等既存の様々な枠組みを離れ、表現者が自在に利用できるメディアとして開放されています。表現方法は、写真としての表現のみならず、絵画・彫刻・インスタレーションなど多様であり、潜在的には人の数だけオリジナルな思考があり、それに基づくユニークなアウトプットがあるはずです。そこで今展は、総称的なカテゴリーは限定せず、北海道を拠点に活動する11名の作家それぞれのユニークなアウトプットとしての作品を展示し、表現の可能性を探るグループ展としました。作品に込められた何らかの問い、個々の着想やそこに至るまでの経緯、美的関心や創作意志等に鑑賞者が触れることによって、新たな発見や思考が生まれることを期待しています。

日程 2024/02/28(水) ~ 2024/03/03(日)
開催時間:10:00~19:00
最終日は17:00まで
開催場所 札幌市民ギャラリー

続きを読む

書道・文学・写真 風景写真Xtension展

「風景写真Xtension展」は、アマチュア風景写真家の皆さまより、当社GFX・Xシリーズで撮影した作品を募集、厳正な審査により選ばれた35点(35人)と招待作家による同じくGFX・Xシリーズで日本の風景を捉えた作品15点(15名)の計50点を展示いたします。アマチュア写真家と招待作家が当社デジタルカメラで捉えた日本の美しい風景写真は、新年にご来場された皆さまの心に明るい彩りを添えてくれるでしょう。

日程 2024/03/01(金) ~ 2024/03/06(水)
開催時間:10:00~18:00
開催場所 富士フイルムフォトサロン 札幌

続きを読む

書道・文学・写真 日本全国ZINE/リトルプレス博覧会

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
「日本全国ZINE/リトルプレス博覧会」
北から南までツツウラウラ
いろんな読みもの、大集合。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

日時:2024年2月22日(木)〜3月10日(日)11時〜19時
会場:Gallery&Shop 馬と獅子(札幌市電 電車事業所前駅 徒歩2分)
入場無料/会期中無休
主催:株式会社マニュブックス


───ZINE/リトルプレスとは───
「個人や小規模の団体が少部数で発行する冊子・出版物」のこと
テーマや手法、印刷や綴じ方に決まりはなく、その形態は非常にさまざま


47都道府県から選りすぐりのZINE&リトルプレスが集結します。
この期間はアートギャラリー Gallery&Shop 馬と獅子がZINE/リトルプレス書店に様変わり。
少部数のZINEやリトルプレスにこそ全国各地の地域性がより濃くあらわれるもの。
ぜひ気になる1冊を見つけに来てください。


【出展者一覧】※順不同 ※敬称略

佐藤優子(北海道)/ Futaba.(北海道)/トーキョーブンミャク(東京)/サンズイ舎(神奈川)/ブックバーひつじが(福岡)/名古屋渋ビル研究会(愛知/鳥取)/シカク たけしげみゆき(大阪)/久保田寛子(山口)/トモモ舎(兵庫)/ YOUNiiiiQ(福島)/雨風文芸部(高知)/日々詩編集室(三重)/ yukariRo編集部(秋田)/ワールドリー・デザイン(富山)/木林ききき(宮崎)/ナナオ(新潟)/丸田ちひろ(鹿児島)/Rappy(鹿児島)/小泉スロウ(千葉)/Cha(i 埼玉)/サトリデザイン(奈良)/山本千尋(長崎)/ Aomori & You(青森)/堀田めぐみ(沖縄)/イカハッチンプロダクション(滋賀)/北裕実(広島)/ hiromi63(茨城)/江角悠子(京都)/福永あずさ(熊本)/ musan(長野)/竹永絵里(山形)/伊藤由香子(岐阜)/大門可画(佐賀)/冬雨千晶(岡山)

and more!

※イベントや作品の詳細はギャラリー公式Instagramにて随時発信しております。
お手数ですが、当ページ内「公式HPアドレス」よりご確認ください。

日程 2024/02/22(木) ~ 2024/03/10(日)
開催時間:11:00~19:00
会期中無休
開催場所 ギャラリー&ショップ 馬と獅子

続きを読む

書道・文学・写真 特別展「100年の時を超える ―〈明治・大正期刊行本〉探訪―」

当館では、明治・大正期に刊行された書籍を数多く所蔵しており、それらの中には、現在では貴重な初版本も少なくありません。また色鮮やかでモダンな装幀の本であったり、さらに当時の社会情勢が反映された内容であったりと、 近代日本の息吹を感じさせるものばかりです。2026年、大正が幕を閉じてから100年を迎えます。本展では、有島武郎、石川啄木、萩原朔太郎、三木露風、宮沢賢治、室生犀星、与謝野晶子など、 道内外の明治・大正期の著名文学者に着目し、刊行されてからおよそ100年の時を超える所蔵本を一堂に紹介します。

日程 2024/02/03(土) ~ 2024/03/24(日)
開催時間:09:30~17:00
【休館日】月曜日(ただし、月曜日が祝日等の場合は開館)
展示室入場は16:30まで
開催場所 北海道立文学館

続きを読む

書道・文学・写真 第32期特別記念展 蝦夷地から北海道へ 時代の群像の書 展

蝦夷地は、長く松前藩の支配地だったが、その領地開発は道南に限られ、その他の広範な地域はアイヌ民族や場所請負漁業者に委ねられていた。しかし、北辺からの脅威や開国・開港への対応のために、安政元(1854)年、江戸幕府の支配となり箱館奉行所が設置された。箱館奉行には優秀な人材を集め、蝦夷地巡回や有識者の建言などを元に、蝦夷地の計画的な開発を始めた。

日程 2023/12/07(木) ~ 2024/03/31(日)
開催時間:10:00~17:00
休館:毎週月曜日
年末年始(12/18~2024/1/8)
開催場所 小原道城書道美術館

続きを読む

書道・文学・写真 <申込受付> 中島公園の四季を撮る フォトコンテスト

「中島公園の四季を撮る」と題して、フォトコンテストを開催いたします。
作品を募集して、入賞の方々には札幌パークホテルの「ご宿泊券」や「お食事券」を贈呈いたします。

応募期間は、3月31日(日)必着にて、募集要項をご確認のうえでお申し込みください。

お問い合わせは、札幌パークホテル セールス&マーケティング
TEL 011-511-3143(直通) 祝日を除く平日 09:00 - 18:00 までご連絡ください。

この機会に、記録に残した四季折々の中島公園の風景を応募してみてください。

ご応募お待ちしております。


作品募集後に「審査」をおこない、入賞者にはご連絡を申し上げます。
4月20日(土)11時~ 札幌パークホテル内にて「表彰式」を開催いたしますので
ご応募の際は、表彰式にご参加いただけますようご予定くださいませ。

受付期間 2024/02/27(火) ~ 2024/03/31(日)
日程 2024/02/27(火) ~ 2024/03/31(日)
作品募集期間

2024/04/20(土) ~ 2024/05/31(金)
作品展示期間
開催場所 作品募集

続きを読む

書道・文学・写真 ”allo?”渡邉真弓写真教室・写真展

日常のまなざし~女性の感性が映し出す写真の世界
”allo?”渡邉真弓写真教室・写真展
・-----------・
女性ならではの豊かな感性が捉えた、「日常のまなざし」にあふれた写真展です。
北海道はもちろん道外の風景、スナップ、花、人物、など被写体は多彩。
きっと見る人の心をとらえる一枚と出会えるでしょう。ぜひお越しください。

写真家渡邉真弓が主宰する写真教室の作品展。
女性限定の写真教室で、2014年10月スタート以来、約800人が受講しています。初心者からベテランまで楽しく学んでいます。今回は、19期生対面・オンラインあわせて6クラスが学びの成果を展示します。
・-----------・
★ギャラリートーク開催!
3月8日(金)・9日(土)・10日(日)各日13:00から・約30分
講師 渡邉真弓と受講生によるギャラリートーク (参加無料・予約不要)
※ 写真展会場内で実施、座席はございません。予めご了承ください。
※ イベント中は、マスク着用を推奨いたします。 混雑時には、着用をお願いする場合がございます。予めご了承ください。
※ 写真展・イベントはやむを得ず、中止・変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。

日程 2024/03/08(金) ~ 2024/03/13(水)
開催時間:10:00~18:00
開催場所 富士フイルムフォトサロン 札幌

続きを読む

書道・文学・写真 【写真家たちの新しい物語】 上吉川祐一写真展「いのち」

■ 写真展の見どころ
畜産農家からタンナー※までを丁寧に取材し、牛革製品が完成するまでの過程を撮影した作品を展示。
普段は見る機会の少ない皮の加工工程やそれを支える職人たちの真剣な表情などを、ライティングなど細部にまでこだわって撮影した作品により、現場の臨場感が伝わる写真展。
牛を食肉加工した際に副産物として産出される皮を利用して制作された牛革製品を通じて、「いのちの大切さ」について考えるきっかけとなる写真展。
※ 動物の皮を鞣(なめ)して革にする製革事業者のこと。

■ 写真展について
若手写真家応援プロジェクト「写真家たちの新しい物語」として、牛革製品ができるまでを撮り続けている上吉川祐一氏による写真展を開催いたします。
生活の中に当たり前のようにある財布、かばん、ランドセルなどの牛革製品は、牛を食肉用に加工した際に産出される副産物を用いて制作されています。牛革財布の撮影をきっかけにそれらがどのようにして作られているのかに興味を持った上吉川氏は、原材料となる牛を育てる畜産農家から地元である兵庫県たつの市のタンナーまで、多くの関係者とコミュニケーションをとりながらその過程を撮影してきました。上吉川氏の丁寧な取材による牛革製品が生まれるまでのストーリーを紡いだ写真展です。

■ 写真家からの写真展紹介
皮革産業の盛んな兵庫県たつの市で生まれ育ちました。初めて牛革財布の撮影依頼を受けたのは15年前。その後も依頼をいただく中で、どのような過程を経て牛革製品となっていくのかに興味が湧き、取材を続けてきました。食肉加工をするための屠畜場では目を背けたくなるようなシーンもありましたが、大切な命をいただいて生活をしているという事実にあらためて気付かされました。私たち消費者が目にするのは製品となった後ですが、その過程には多くの人たちが関わっています。写真展を通じてその人たちの思いとともに私たち人間は動物や生き物たちに生かされているということが少しでも伝わればうれしく思います。

日程 2024/03/15(金) ~ 2024/03/20(水)
開催時間:10:00~18:00
開催場所 富士フイルムフォトサロン 札幌

続きを読む

書道・文学・写真 渡辺浩徳写真展「Wildlife ~大雪山より~」

北海道のほぼ中央に位置する大雪山国立公園は日本最大の面積を誇る国立公園。「北海道の屋根」といわれ最高峰の旭岳(2291m)を主峰とする2000m級の山々が連なる総称である。そこは本州の山々とはまた違う魅力を秘めた場所です。厳しい自然環境下に生きる野生動物の力強さと美しさに惹かれ、そこに生息する野生動物をライフワークとして10年以上撮影を続けてきました。年間300日近くをフィールドで過ごし自然と向き合ってきたほんの一部ですが、写真を通して四季折々の広大な大雪山の自然と生命を感じて頂けたらと思います。

日程 2024/03/29(金) ~ 2024/04/03(水)
開催時間:10:00~18:00
開催場所 富士フイルムフォトサロン 札幌

続きを読む

書道・文学・写真 佐々木雅人写真展「となりにいるよ」北海道のモフモフたち 2

北海道の逞しき野生動物の写真・映像を展示します

小さいお子さまも歓迎

日程 2024/04/12(金) ~ 2024/04/17(水)
開催時間:10:00~18:00
開催場所 富士フイルムフォトサロン 札幌

続きを読む

  • 1
  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ