大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

  • 新型コロナウイルス感染症の影響で、イベントが中止・延期になる場合がございます。 お出かけの際は、直接主催者へご確認ください。
    (2021.10.1時点)

※当サイトに掲載している情報はイベント主催者からの情報を元に作成しております。

条件から探す

書道・文学・写真

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

1 ~ 10件/21件を表示

NEXT

書道・文学・写真 <申込受付> <募集>キラリ!さっぽろ公園30選 2021

フォトコンテスト「キラリ!さっぽろ公園30選 2021」を開催します。
札幌市内の公園・緑地で撮影した、公園の魅力、緑や花の美しさ、憩いのひととき、自然とのふれあいなどが伝わる作品を募集します。

●主な札幌市内の公園・緑地
大通公園・創成川公園・中島公園・豊平川緑地・円山公園・旭山記念公園・百合が原公園・モエレ沼公園・川下公園・北郷公園・厚別公園・豊平公園・平岡樹芸センター・西岡公園・西岡中央公園・月寒公園・吉田川公園・平岡公園・清田南公園・滝野すずらん丘陵公園・農試公園・発寒西陵公園・前田森林公園・星置公園・明日風公園・山口緑地・手稲稲積公園・北発寒公園・前田公園など

※ここでの「緑地」とは、樹木や草花などの「緑」で覆われた土地を指すのではなく、都市公園の種類としての「緑地」を指します。

受付期間 2021/08/04(水) ~ 2022/01/26(水)
日程 2021/08/04(水) ~ 2022/01/26(水)
開催場所 公益財団法人札幌市公園緑化協会

続きを読む

書道・文学・写真 スマホというカメラの写真展~1inch センサースマホカメラの可能性~

デジタル処理の良いところは継承しつつ、カメラの原点であるレンズと撮像素子(センサー)という「光学」にこだわったデジカメ用1インチセンサーを搭載したスマホカメラ「Leitz Phone 1」と「AQUOS R6」で撮影された写真を大型パネルで展示します(B1サイズパネルを中心に最大はB0サイズで展示)。スマホカメラで撮られたことを忘れる、大型パネルならではの迫力のある写真体験をお楽しみください。本展は、2021年夏に富士フォトギャラリー銀座で開催した写真展の続編となる内容で、2021年11月29日発売のMOOK「Talk about LEITZ PHONE 1」に掲載された写真の展示も行います。

日程 2022/01/21(金) ~ 2022/01/26(水)
開催時間:10:00~18:00
開催場所 富士フイルムフォトサロン札幌

続きを読む

書道・文学・写真 地域協働展示事業 かでる展示フェスティバル2022「千歳の街・心風景~千歳写友会写真展」

目的:「地域住民との協働」をテーマとして、地域において活躍する芸術文化団体に対し札幌での発表の場を提供することにより、地域における文化や芸術の振興を図るとともに、各地域において活躍する芸術・文化団体の利用を促進する。

具体的内容:千歳市文化団体連絡協議会の作品の展示。

日程 2022/01/25(火) ~ 2022/01/31(月)
開催時間:09:00~17:00
(最終日は、15時00分まで)
開催場所 北海道立道民活動センター

続きを読む

書道・文学・写真 <申込受付> <作品募集>札幌パークホテル「2021年度 中島公園の四季を撮るフォトコンテスト」

札幌パークホテル 2021年度「中島公園の四季を撮るフォトコンテスト」作品募集

コンテスト募集要項URL
https://park1964.com/topics/photo-contest2021/

2021年の中島公園の四季を撮影した作品を募集します。例年おおくの素敵な作品にめぐり合えるこのコンテスト。中島公園の四季を撮影した、自由で自信ある作品をぜひご応募ください。フォトコンテストの審査は、株式会社札幌コマーシャルフォト代表 フォトグラファーであります岸本日出雄氏による厳格な審査により作品を選ばせていただき、20数点の作品に各賞を授与させていただきます。

過去にご応募された方も、はじめてご応募される方もぜひ多くの自信の1枚をお寄せください。

受付期間 2021/12/25(土) ~ 2022/02/13(日)
日程 2021/12/25(土) ~ 2022/02/13(日)
開催場所 札幌パークホテル

続きを読む

書道・文学・写真 糸田ともよ展『雪の日』

天上より
薄氷の鈴が響き

白い頁から
白い頁へ

余光のような
祈りをあるく
--
風景や現象が詩情をまとってあらわれるとき、
縁あるものの遥かな思いに触れる気がして立ち止まります。
そんな雪の日の写真と、
詩の言葉をちりばめた展覧会です。

日程 2022/01/17(月) ~ 2022/02/22(火)
定休日:水曜日
※2.15(火)は臨時休業
月〜土 12:30~22:00
日・祝 12:30~21:00
[ LO. / フード 20:00(日祝 19:00)・ドリンク 21:00(日祝 20:00)]
※ドリンクラストオーダー時に来客不在の際は21:00(日祝は 20:00)で閉店
開催場所 CAFE ESQUISSE

続きを読む

書道・文学・写真 あなたの”定山渓”を投稿しよう!「#わたしの定山渓_冬」 

あなたの‟定山渓″を投稿しよう!
【応募方法】
① Instagramで@jozankei.tripをフォロー
② 2021年12月15日~2022年2月28日の期間内に定山渓で写真を撮る
③ Instagramでハッシュタグ「#わたしの定山渓_冬」をつけて投稿!

【部門】
◎後ろ姿 部門〔Back view〕
◎景色・自然・景観 部門〔Scenery / Nature〕
◎アウトドア・アクティビティ部門〔Outdoors〕
◎食べ物 部門〔Food〕

☆入賞者にはダイレクトメッセージでご連絡いたします。
♢最優秀賞 GoPro HERO10 Black 全部門から1作品
♢優秀賞  ペア宿泊券(定山渓の4宿の中から抽選) 各部門から1作品(合計4名)
♢入賞 かっぽんグッズ詰め合わせ(3000円相当) 各部門から10作品(10名)    

日程 2021/12/15(水) ~ 2022/02/28(月)
開催場所 定山渓

続きを読む

書道・文学・写真 読書室よりみちまわりみち

”読書が好き””興味深い本を紹介してほしい”そんな仲間が集まる、気さくで楽しい場です。ジャンルは問いません。これまで、話題の本、ノンフィクション、旅行記、エッセイ、時代小説から現代小説まで、そして絵本、写真集、歴史、社会など様々な分野の本が紹介されてきました。普段なかなか手にとることのない本を紹介され、自分の興味対象が広まったりすることも多かったです。自分がおもしろかったと思う本を紹介し合うことが基本ですが、そこからいろいろに話が広がったりすることも多く、それも楽しいです。話を聞くだけでも、おしゃべりするだけでもok、朗読もokです。是非一度、覗いてみてください!本を通して一緒に楽しいひとときを過ごしませんか?新しい仲間をお待ちしてまーす!

日程 2021/10/16(土) ~ 2022/03/19(土)
開催時間:14:00~16:00
月1回 第3土曜日に開催
開催場所 自由学校「遊」

続きを読む

書道・文学・写真 第26期特別記念展 西の鉄斎、東の晴湖展

 富岡鉄斎と奥原晴湖は幕末から明治にかけて活躍した同年代の文人画・南画家だった。
 鉄斎は、歌人太田垣蓮月の影響を受け、勤王思想家や活動家との交流を通じて、幕末には勤王家として国事に奔走したが、本質的には儒者をもって任じていた。芸術面では、若い時から様々な画を学んだが、独自の奔放雄運な南画に収敏していった。その作品には、漢学的教養に裏付けられた画賛と閣達自在な画が運然一体となった、南画の世界が横溢している。書斎では、辺りに書物を積み上げて読書にふけったが、その読書範囲は広範で、他の追随を許さぬものがあり、日本最後の文人と呼ばれた。
 晴湖は、女性ながら断髪で、堂々たる体躯にさっぱりとした気性の異色の女流南画家だった。明治に入ってからは木戸孝允らの庇護を受けつつ、著名な漢詩人大沼枕山ら文人たちと交流を深めた。画は若くして豪放嘉落な画風から後には写実的な画風へと変化し、漢詩は自作、書は鄭板橋風と、特異な個性を発揮した。両者にとって自己表現の場である南画は、明治十五年のフェノロサによる「美術真説」で、文人画が排斥されたことや、西欧文化の流入による時代潮流の変化が、文人や文人画を支える基盤を浸食していったことに伴い、次第に凋落していった。しかし、鉄斎・晴湖は、時代潮流からは逸れつつも、南画の世界を愛し自己表現を続けていった。
 本展では、これら鉄斎・晴湖の諸作品を展覧し、今一度その豊かな世界を見つめ直す。

日程 2021/12/07(火) ~ 2022/03/31(木)
開催時間:10:00~17:00
休館:月曜日、年末年始(12月20日(月)〜1月10日(月・祝))
開催場所 小原道城書道美術館

続きを読む

書道・文学・写真 企画展 土肥美帆写真展 北に生きる猫

 北海道出身、滋賀県在住の写真家・土肥美帆さんが小樽で猫を撮り始めたのは2014年の春のこと。海岸線を歩きながらまどろむ猫たちをカメラに収めました。厳しい冬が訪れると、好奇心より心配が先に立ちましたが、そこには脂肪を備え冬毛で丸くなった猫たちがいました。彼らを見守る漁師さんらにも出会いました。厳しい自然に対峙し、懸命に生きる姿に心を奪われてしまった土肥さん。それ以降、小樽に通い、人と繋がりながら猫を撮りつづけています。
 

日程 2022/01/22(土) ~ 2022/05/08(日)
開催時間:09:30~17:00
休館日 月曜日(3月21日を除く)、2月15日、2月24日、3月22日ー23日、5月2日、5月6日
(最終入館16:30)
開催場所 市立小樽美術館

続きを読む

書道・文学・写真 <申込受付> 短編小説朗読会

木の葉りす著 夢十二月から 「一の月・梅花」

泉 正人著 「冬の時間」

の短編小説2作を紹介させて頂きます。 

受付期間 2022/01/04(火) ~ 2022/01/29(土)
日程 2022/01/30(日)
開催時間:13:30~15:30
開場時間:13:00
開演時間:13:30

2022/02/26(土)
開催時間:13:30~15:30
開場時間:13:00
開演時間:13:30
開催場所 豊平館

続きを読む

NEXT

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ