大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

  • 大通情報ステーションについては、札幌市の事業見直しにより、令和6年(2024年)3月末をもって廃止することとなりました。今後のイベント情報の取り扱い等詳細につきましては、決まり次第お知らせします。

※当サイトに掲載している情報はイベント主催者からの情報を元に作成しております。

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

31 ~ 40件/249件を表示

その他 北海道開拓の村共催 札幌市豊平館 歴史連続講座

野外博物館北海道開拓の村の学芸員を講師に迎え、様々な歴史に関する講座を開催します。

日程 2023/12/20(水)
開場時間:17:30
開演時間:18:00
第1回『旧仙台藩士族の年中行事』
内容
明治初期に大規模な団体移住を行ったことで、旧習が比較的遺りやすい環境にあったと想定し、旧仙台藩からの移住士族ならびに郷里に残った士族の末裔を対象に行った調査内容を紹介。


申込先 11月21日(火)より 北海道開拓の村 TEL 011-898-2692


2024/01/20(土)
開場時間:17:30
開演時間:18:00
第2回『北海道開拓と西洋リンゴ』
内容
北海道開拓と西洋リンゴの関係や北海道開拓の村で育てている開拓期由来のリンゴを活用した事業の取り組みについて紹介。
申込先 12月21日(木)より 北海道開拓の村 TEL 011-898-2692

2024/02/20(火)
開場時間:17:30
開演時間:18:00
第3回『【えご】サーチ』
内容
本州の日本海側では「えご」という海藻料理を食べる習慣があるが、北海道でも食べられていることが明らかになった。誰がどのような経緯で持ち込んだのか、材料はどこからやってきたのか、など「えご」の実態について紹介。
申込先 1月21日(日)より 北海道開拓の村 TEL 011-898-2692

2024/03/20(水)
開場時間:17:30
開演時間:18:00
第4回『北海道の炭鉱と生活ー日本遺産『炭鉱港』の記憶』
内容
幕末に道東と後志で探掘が始められ、明治期以降本格的に開発されると、昭和期にかけて石狩炭田を擁する空知地方は炭都として隆盛を極めた。北海道の経済を牽引してきた炭鉱の歴史と関わった人々の暮らしぶりを振り返る。
申込先 2月21日(水)より 北海道開拓の村 TEL 011-898-2692
開催場所 豊平館

続きを読む

その他 風呂敷 CLUB

『風呂敷 CLUB』

暮らしを丁寧に生きる
心を 包み届ける優しい時間

日程 2023/09/30(土) ~ 2024/03/23(土)
開催時間:10:30~11:30
【開催日】
2023年 9/30・10/21・11/11・12/16
2024年 1/20・2/17・3/23
開催場所 Ag十 (あじと)

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 間野桂子 日本画展 -山野草と花木の小径にて-

北海道では雪解けとともに春の訪れをつげる花たちが次々と咲き、嬉しい季節が始まります。
この展覧会では一足早く、スケッチブックから春の可憐な山野草や花木を日本画にして発表いたします。
お近くにお越しの際にはぜひご高覧ください。

日程 2024/02/20(火) ~ 2024/03/23(土)
※日・月・祝(2/23・3/20)は休館いたします
作家在廊日:毎週金曜・毎週土曜いずれも14:00~
火曜日~土曜日 12:00~17:00
金曜日は夜間会館~19:00
最終日は16:00まで
開催場所 GALLERY ESSE(ギャラリー エッセ)

続きを読む

書道・文学・写真 特別展「100年の時を超える ―〈明治・大正期刊行本〉探訪―」

当館では、明治・大正期に刊行された書籍を数多く所蔵しており、それらの中には、現在では貴重な初版本も少なくありません。また色鮮やかでモダンな装幀の本であったり、さらに当時の社会情勢が反映された内容であったりと、 近代日本の息吹を感じさせるものばかりです。2026年、大正が幕を閉じてから100年を迎えます。本展では、有島武郎、石川啄木、萩原朔太郎、三木露風、宮沢賢治、室生犀星、与謝野晶子など、 道内外の明治・大正期の著名文学者に着目し、刊行されてからおよそ100年の時を超える所蔵本を一堂に紹介します。

日程 2024/02/03(土) ~ 2024/03/24(日)
開催時間:09:30~17:00
【休館日】月曜日(ただし、月曜日が祝日等の場合は開館)
展示室入場は16:30まで
開催場所 北海道立文学館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 遊夢 作品展 地球は謳う

日常にあふれる心情を表現した さまざまな色の世界
躍動、静寂、歓喜、悲愴 豊かな地球(ほし)の謳を感じながら
楽しんでいただけたら幸いです

日程 2024/02/29(木) ~ 2024/03/25(月)
◎水曜定休日 *3.12(火)臨時休業
[木・金・土]  12:30~22:30
[日・月・火・祝]12:30~21:00
開催場所 CAFE ESQUISSE

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 現在(いま)を見つめる眼~Vol.20 全国にはばたく北海道の高校生たち

道内の展覧会に出品し活躍する高校生たちの絵画作品をシリーズで紹介します。
Vol.20では、今夏に岐阜県で開催予定の第48回全国高等学校総合文化祭[清流の国ぎふ総文2024]美術・工芸部門へ推薦された絵画作品を展示します。
作品と向き合う真っ直ぐな想いと、『現在(いま)』を見つめる彼らの視点でとらえた感性豊かな作品をぜひご覧いただき、皆さまからのあたたかいご声援をいただければ幸いです。

日程 2024/01/04(木) ~ 2024/03/29(金)
開催時間:09:00~15:00
【前期】1月4日(木)~2月15日(木)
【後期】2月16日(金)~3月29日(金)
*土曜・日曜・祝日を除く
銀行営業時間内
開催場所 北海道銀行本店営業部

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 渡邉花絵イラストレーション展「回想」

物語のワンシーンのようなカラフルなイラストを展示。

日程 2024/02/01(木) ~ 2024/03/29(金)
開催時間:11:30~17:00
土日祝定休
最終日は15:00まで
開催場所 ジャスマックギャラリー

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 坂田和嘉子個展 ねこ⭐︎えんじぇる

「猫って天使だ思う」との友人の呟きから着想した膠彩画やテンペラ画を20点ほど展示します。

日程 2024/03/01(金) ~ 2024/03/29(金)
開催時間:07:00~18:00
最終日は15:00まで
開催場所 天使病院

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 道銀文化財団 アーティストファイル 駒澤千波個展「そのあわいに、」

「あわい」は「合う」を語源とし、物と物とのあいだの重なるところや交わった空間のことです。物、時間、人などのあいだも意味します。そんな、ものやことが交わる感覚に惹かれ、作品を構想する際のテーマとしてきました。
 心によって世界の見え方が変わると感じることがあります。その時の状況や気持ちの変化で、世界は一瞬にして色を変えるからです。心ひとつで世界を色鮮やかにも暗純にも見せることができる、心が立つ位置はあわいにあると感じます。
 変化や時間にもあわいがあります。今回は、作品の根底に流れるテーマの「あわい」、自身の作品の変化としての「あわい」、展示会場の「あわい」、それらを包括して本展のタイトルとしました。
 旧作から新作まで楽しんで見ていただけると幸いです。

日程 2023/11/13(月) ~ 2024/01/19(金)
開催時間:07:00~21:00
【第1期】
*12/31~1/3は休館


2024/01/21(日) ~ 2024/03/30(土)
開催時間:07:00~21:00
【第2期】
開催場所 北海道銀行札幌駅前支店

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 WHAT IS LIFE 展 ~いのちってなんだろう~

tower eleven museumは、美術館でも博物館でも科学館でもない、一人ひとりが未来を、世界を、地球を、そして生きることを考えるきっかけを提供する、全く新しいミュージアムです。
ディレクターに、2020年ドバイ国際博覧会日本館でクリエイティブディレクターを務めた㈱モンタージュの落合正夫氏、スペシャルアドバイザーに㈱SPACEの福本理恵氏をお迎えし、新たな世界観を表現。いま、世界にあふれるさまざまな社会問題を、よく知り、そして想像すること。アートを通して思考を巡らせる機会を創出します。

日程 2023/03/30(木) ~ 2024/03/31(日)
平 日:10:30ー18:00
土日祝:10:30ー19:00
※デーゲーム開催時:11:00ー19:00
※ナイトゲーム開催時:10:30-22:00
開催場所 エスコンフィールドHOKKAIDO

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ