大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

施設・観光スポット詳細

雪印メグミルク酪農と乳の歴史館・札幌工場

住所

065-0043
札幌市東区苗穂町6丁目1-1

アクセス方法
<電車の場合>

・JR函館本線「苗穂駅」から徒歩15分

<バスの場合>

北海道中央バス

・札幌駅北口から「東63東営業所行き」に乗り「北6条東19丁目」で下車、徒歩約8分

・大通り(北1条西1丁目・札幌商工会議所付近)からバス停『北1条』の「循環3

苗穂線」に乗り「北6条東17丁目」で下車、徒歩約5分

・バスセンターから「東3番東営業所行き」に乗り「北6条東19丁目」で下車、徒歩約8分
TEL 011-704-2329
URL 酪農と乳の歴史館
営業・定休 予約受付時間(11:30〜13:00は休憩時間)※土日祝日、年末年始を除く 09:00~17:00
休館日:土、日、祝日、年末年始
見学人数:1回に1~30名さま程度 ※人数についてはご予約の際にご相談ください
料金 無料
備考 酪農と乳の歴史館は、1975年(昭和50)に雪印メグミルクの前身である北海道製酪販売組合の創立50周年を記念して建設を決め、1977年(昭和52)9月に雪印史料館として落成しました。

創業以来の歴史を物語る重要文献や貴重な資料等を収集の上、一同に展示し、製造機械などの実物標本によって発展の歴史的経過を明確にして、後世に正しく伝承したいとの願いを込めたものです。

温故知新という言葉がありますが、過去をたずね歴史を正しく評価することは、未来をみつめることであり、それはまた、酪農と乳業の発展につながるものと思います。

館内には、日本の酪農、乳業にかかわる貴重な史料がわかりやすく展示されており、開館以来370万人以上の見学者を受け入れてきました。

また、酪農と乳の歴史館は2004年に北海道遺産に、館内の史料は2007年に国の近代化産業遺産に登録されています。

今後の開催予定のイベント

2017/07/21(金)
探検クロスワードゲームと紙パック工作
2017/08/01(火)
【ちえりあ】牛のお話と工場探検~牛乳パック工作体験もあるよ!~〈雪印メグミルク株式会社連携事業〉
  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ