大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント詳細ページ

音楽 第32回ハイメスコンクール<ピアノ部門>参加者募集

音楽 | クラシック

1989年に始まったハイメスコンクールは、ハイメス(北海道国際音楽交流協会)の設立趣旨に基づき、北海道ゆかりの若い音楽家の海外研修を支援します。
北海道における音楽文化の一層の充実と、音楽分野の国際交流を推進することを目的とします。
毎年1月に開催されるハイメスニューイヤーコンサートの収益金が入賞者の海外研修助成資金とコンクール開催費に活用されます。第32回目は<ピアノ部門>を開催いたします。

【開催日】2020年3月19日(木)午前11時 開始予定 ※開始時間は変更になる場合があります。
【開催場所】北広島市芸術文化ホール(花ホール)
【参加資格】 下記の条件をすべて満たす方
1 1989 年 1 月 1 日から 2002 年 12 月 31 日の間に出生した方。
2 北海道で出生、あるいは学校教育を受けた方、あるいは北海道で音楽活動の経験を有すると認められる方。
3 第 1 位入賞の場合、コンクール実施後、原則として 2 年以内に海外の大学、音楽教育機関で10 ケ月以上の研修が可能な方。

【演奏曲目及び時間】曲目は自由です。但し、すでに出版されている作品に限ります。演奏時間は 20 分以内(厳守)とし、その時間内であれば 2 曲以上でも可能です。なお、演奏は暗譜とします。参加者多数の場合、演奏時間を短縮することがあります。事前に楽譜の提出を求めることがあります。(コピー譜可)

【応募方法】参加申込書はホームページからダウンロードできます。参加申込書は下記事務局宛に郵送またはメール添付にてお送りください。なお、メールの場合は 1 週間以内に受付完了の返信をいたします。

【審査委員】委員長 練木 繁夫 (ピアニスト・桐朋学園大学教授)
委 員 石田 敏明 (ピアニスト・北翔大学専任講師)
委 員 谷本 聡子 (ピアニスト・札幌大谷大学教授)
委 員 本堂 知彦 (音楽評論家・北海道教育大学札幌校教授)
委 員 松永 加也子 (ピアニスト・北海道教育大学岩見沢校教授) (敬称略・五十音順)

【発 表】当日コンクール終了後、会場で発表し、表彰式を行います。
講 評 各審査委員に参加者それぞれの講評を書いていただき、後日送付いたします。

【表 彰】第 1 位入賞者には海外研修を支援するため、50 万円を贈呈します。
副賞として(株)宝石の玉屋様提供の“純金ウィーン金貨 ハーモニー”(1 オンス) が贈られます。
第 2 位入賞者には、総額 10 万円を贈呈します。
賞金の贈呈 第 1 位入賞者の賞金は、海外研修計画が具体化した段階で贈呈します。

【入 会】入賞者はハイメスアーテイスト会員として入会していただきます。
報告書ほか 留学期間中と帰国後に各1通の報告書を事務局に提出していただくとともに、帰国後、ハイメス主催のコンサートに出演する機会を設けます。

※このコンクールは公開いたします。(入場無料)

日程
  • 2020/01/27(月) ~ 2020/02/07(金)
    ※申込期間
開催場所 北広島市芸術文化ホール(花ホール)
住所 北広島市中央6丁目2-1
主催者名 NPO法人北海道国際音楽交流協会(ハイメス)
公式HP
料金

備考

【参加料】20,000円(ハイメスアーテイスト会員は 15,000円)

参加料は参加者の名義で下記ゆうちょ銀行口座に申込期間内にお振込みください。なお、振込手数料はご負担ください。

【ゆうちょ銀行】記号番号:02770-1-92801

加入者名:NPO 法人ハイメス

【他金融期間からの振込口座】銀 行 名:ゆうちょ銀行 店名:二七九(ニナナキュウ)店

口座番号:0092801 預金種目:当座

通信欄に「第 32 回ハイメスコンクール参加」と明記してください。「振替払込請求書兼受領証」または「利用明細表」等を必ず保管してください。なお、参加料は原則として返還しません。

お問い合わせ

担当者名 : ハイメス事務局

電話番号 : 011-232-7592

email : office@himes.jp

差出人:大通り情報ステーション mail@sapporo-info.com

宛先 @

差出人:大通り情報ステーション mail@sapporo-info.com

宛先

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ