大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント詳細ページ

舞台芸術 私たちが機械だった頃

舞台芸術 | 演劇、人形劇

1000日だけ、ほんの少し先の未来。日本。
 人々の健康管理のために開発された「ノーティティア」。それはナノサイズの機械を身体に埋め込むことで、自分の健康状態を管理し、より充実した生活を送ろうという新技術だった。身体に埋め込むことで肉体のみならず、精神の状態までも感知し、問題点や改善点を知らせてくれる「ノーティティア」は、誰もが喜ぶ新技術のはずだった。
 「ノーティティア」を自分たちの暮らしに導入するか否か、話し合う夫婦。ささいな、相手のためを思ってなした決断は、思わぬ波紋を広げていく。
 
今回の公演は前半、後半に分かれ、「劇」である前半の上演後、後半は観客である皆さんに登場人物の決断や行動を踏まえて、『自分だったらどうするか/どう思うか』を少人数のグループでディスカッションしていただきます。物語を見たことで「ノーティティア」のことをどう感じるか、意見交換し話し合っていただいた後、結末をご覧になってもらうという公演形式になってます。

 北海道大学CoSTEPの協力のもと、意見交換の時間も体験していただく参加型演劇です。ぜひ登場人物の一人となって一緒に体験して下さい。
※ディスカッション内容を全員の前で「発表」することを強制はされません。

 サイエンスコミュニケーションについて研究する北海道大学CoSTEPでは、これまでも最新技術をいかに私たちに伝えるかの試みとして「演劇」を用い、裁判劇や討論劇を導入して来ました。それを今回、より本格的な形で、プロの劇団による上演だとどのような結果が出るかをテーマに、コラボレーションを発案。テンポの良い会話劇で幅広い観客層に支持される弦巻楽団との協働がここで実現しました。

 今作のテーマは、体に埋め込むことで24時間365日、生体情報を集めて健康管理を行うことを可能にする技術です。ここ数年でウェアラブル端末などを用いて、日々の活動の「ログ」を集めていることは日常のことになってきました。技術による肉体の進化、治療、あるいは改良、改造は私たちの何を変えるのでしょうか。

 こちらをテーマにCoSTEPがこれまで実践して来た「討論劇」を、弦巻啓太による書き下ろし脚本で観客との討論空間を作り上げます。

 出演は弦巻楽団の舞台を支えてきた、実力ある俳優が結集。池江蘭、岩杉夏、袖山このみ、塚本奈緒美、村上義典の5名で濃密なドラマを描きます。

【キャスト】
池江蘭  
岩杉夏
袖山このみ(劇団words of hearts)
塚本奈緒美
村上義典

日程
  • 2019/07/13(土)
    ①14:00
    ②18:00
開催場所 扇谷記念スタジオ・シアターZOO
住所 札幌市中央区南11条西1丁目
ファミール中島公園B1F
主催者名 弦巻楽団
料金

備考

一般:3,000(2,500)円、学生:2,000(1,500)円

※未就学児童入場不可、()前売料金

お問い合わせ

担当者名 : 弦巻楽団

電話番号 : 090-2872-9209

email : tsurumakigakudan@yahoo.co.jp

差出人:大通り情報ステーション mail@sapporo-info.com

宛先 @

差出人:大通り情報ステーション mail@sapporo-info.com

宛先

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ