大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

予約不要

101 ~ 110件/142件を表示

書道・文学・写真 第7回楽しい写真教室写真展 「北の律動」

第7回楽しい写真教室写真展 「北の律動」を開催します。
皆さまのお越しをお待ちしています。

日程 2019/11/07(木) ~ 2019/11/12(火)
開催時間:10:00~18:00
※最終日は17:00まで
開催場所 道新ぎゃらりー

続きを読む

書道・文学・写真 ESQUISSE GALLERY Vol.232 木村咲苗 写真展「私のパリ」

ファインダーを覗いて
見えたその先は、
日常のパリの風景…。


私が撮るパリは、インスタ映えや華やかなイメージではなく、
シンプルなライフスタイルを過ごす人たちの、普段着のパリです。
メトロに乗る人、カフェでのひととき、恋人との語らい、
当たり前を当たり前に過ごす事が出来る大切さを、パリは教えてくれます。

今回の作品は、2016年、2018年にパリに行った時に撮影したものです。
見て下さった方が、パリの空気を感じ取っていただけたら嬉しいです。
そして、次は貴方のパリを見せて下さい。
À bientôt !

Nov.2019 木村 咲苗




◎プロフィール

木村 咲苗(Sanae Kimura)

滝川市出身、札幌市在住

<使用カメラ>  FUJIFILM X-T2&X-H1

<主な受賞歴>  2006年10月 デジタルフォト dpc2部門 入選
         2006年12月 デジタルフォト dpc2部門 最優秀作品賞
         2014年 2月 たきかわ紙袋ランタンフェスティバル 第2回フォトコンテスト たきかわ観光協会会長賞

<主な出展歴>  2014年~ Group18%GRAY写真展 @富士フイルムフォトサロン札幌
         2015年 8月    Sapporo写真撮影研究倶楽部 写真展 @品品法邑
         2015年11月    個展 「Frame the Town ~視線の先に~」 @La mia Tezoro
         2015年12月    Sapporo写真撮影研究倶楽部 写真展 @法邑ギャラリー
         2017年 6月     Ciao Photo Focus 49畳写真展 @札幌サンプラザ
         2018年 2月     Group18%GRAY東京展 @富士フイルムフォトサロン東京
         2018年 2月     女流写真家5人展「F」in チャオ @画廊喫茶チャオ
         2019年 2月    女流写真家6人展 F plus 1 @画廊喫茶チャオ
         2019年 5月    2019北の視点写真展『時』 @茶廊法邑

日程 2019/11/07(木) ~ 2019/11/26(火)
開催時間:12:00~24:00
※水曜定休、11/19は臨時休業
※日祝は21:00まで
開催場所 CAFE ESQUISSE

続きを読む

音楽 第396回そらのコンサート

札幌の眺望点、JRタワー展望室T38では、毎月音楽でおもてなしする日を設けています。
360度に広がる夜景と星空の間でカップル、ご友人、ご家族とご一緒に素敵なひとときをお楽しみください。

【出演者】
今井 佑佳(ビオラ)
有田 文(チェロ)

【プログラム】
≪夜景を彩る中低音の響き≫
★エストレリータ/M.Ponce
★追憶/B.Streisand
★My Way/C.François
★日本のうた
★アメージンググレース

※曲目・曲順が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

日程 2019/11/08(金)
開演時間:20:00
開催場所 JRタワー展望室 タワー・スリーエイト

続きを読む

その他 第5回 みんなでクリスマスカードを作ろう2019

市民参加型のイベントです。
私たち、おとなりSMILE実行委員会は、小児がんなどの難病と闘う子どもとその家族の支援の一環として、クリスマスを小児病棟で過ごす子どもたちにクリスマスカードを贈る活動をしています。

そのカードを一緒に作ってくれませんか。
毎年楽しみにいただいている方、チラシを見てご来場される方、当日地下街を通りがかった方…。
どなたでもご自由に無料で参加いただけます。材料はすべて用意をしていますので、手ぶらでお越しください。

当日は、事前に、ご家庭・学校・職場で作っていただいたカードの持ち込みも大歓迎です。
※ハガキサイズでお願いいたします。

また、当日イベントのお手伝いをしていただける方、後日集まったカードをアルバムに綴じる作業のお手伝いをしていただける方も募集しています。
興味を持たれた方、ぜひともご参加ください。

出来たアルバムは別のイベント 主催公演『第5回 ボクから君へのメッセージ2019』の チケット収益で購入したプレゼントと共に、市内5か所の小児病棟にお贈りします。

共催団体:公益財団法人札幌国際プラザ

日程 2019/11/08(金) ~ 2019/11/09(土)
開催時間:10:00~20:00
開催場所 さっぽろ地下街 オーロラタウン

続きを読む

その他 【北海道大学総合博物館】第8回土曜市民セミナー「下水道の来し方行く末」

下水は人間活動によって汚れた水であり、そのまま自然に戻すと様々な問題が発生しす。下水を集めて処理するのが下水道です。下水道は下水が発生する場所から始まり、それを流す管、ポンプなどの関連施設、下水処理場から構成され、川や海への放流口で終わる長い水の道です。縁の下の力持ちと呼ぶにふさわしく、ほとんどの施設は地中に隠れており日々の生活において意識することはないと思います。この下水道、実は現在危機的な状況にあります。

今回のセミナーでは、この様な下水道に光を当て、その役割や歴史、危機的な現状とこれを打破する最新の研究を紹介し、将来の下水道のあるべき姿について考えます。

【講師】佐藤 久(北海道大学大学院 工学研究院)
入場無料・申込不要・座席数80(満席の場合は立ち見となりますのでご了承ください)

日程 2019/11/09(土)
開催時間:13:30~15:00
開場時間:13:00
開催場所 北海道大学総合博物館

続きを読む

その他 令和元年第3回さっぽろ閑話「札幌を描いた刊行物」

札幌に関するパンフレットなどの刊行物は、昔から様々なものが作られてきました。明治時代には、札幌の地理や沿革、学校、会社など幅広い分野が取り上げられ、移住案内を兼ねるものもありました。これがやがて、市街図や旅程表、おみやげなどが掲載された現在の観光案内に近いものへと変わっていきます。これらとともにどう変わってきたのかについてお話します。

【講師】池田茜(札幌市公文書館職員)

※当日直接会場へお越し下さい。

日程 2019/11/09(土)
開演時間:14:00
※1時間程度

開催場所 http://www.city.sapporo.jp/kobunshokan/

続きを読む

その他 【中央図書館】所蔵資料特別展「開拓使とビールのおいしい関係」講演会 五稜星と開拓使、そして開拓使麦酒醸造所

「開拓使とビールのおいしい関係」講演会 五稜星と開拓使、そして開拓使麦酒醸造所を開催します。

【講師】サッポロビール博物館館長 住吉徳文氏
【定員】先着150名
※申込不要・当日直接会場へ

日程 2019/11/09(土)
開催時間:14:00~15:30
開場時間:13:30
※当日先着150名
開催場所 札幌市中央図書館

続きを読む

その他 第9回 歯科市民集会

歯と口の健康が体の健康を保つ上での大切さ、いつでもどこでも誰もがお金の心配なく治療が受けられる仕組みの大切さについて、わかりやすくお話しします。

基調講演 「生まれてから最期まで ~口は命の入り口~」
      三木 絵梨香 氏
     (歯科衛生士、摂食嚥下リハビリテーション学会認定
      士、岡山大学摂食嚥下上級者コース終了、小児食生
      活アドバイザー、ラヴィングベビータッチインスト
      ラクター、phiピラティスインストラクター)

演題①  「歯科技工士の仕事 今~未来」
      札幌歯科技工士会 会長 小野寺 秀樹 氏
 
演題②  「お口の中から健康づくり ~生き生き体操~」
      歯科衛生士、ケアマネージャー 天道 紀子 氏

演題③  「保険で良い歯科医療を」
      北海道保険医会 役員 今上 岳彦 氏

※ 参加者には歯科関連グッズをプレゼントします

日程 2019/11/09(土)
開催時間:14:00~16:30
開場時間:13:30
開催場所 札幌国際ビル8階 国際ホール

続きを読む

その他 北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター設立記念シンポジウム

北海道大学は,2019年7月1日に「人間知・脳・AI研究教育センター(Center for Human Nature, Artificial Intelligence, and Neuroscience (CHAIN))」(学内共同施設)を設置しました。この度,本センター設置を記念して国際シンポジウムを開催します。
哲学・神経科学・人工知能(AI)・ロボット研究・認知心理学などの分野から,国内外で活躍している第一線の研究者を招き,「意識」という身近でありながら謎めいた現象をめぐって学際的な議論を行います。

「意識とは何か」?人間の本質にも関わるこの問いは,長らく哲学の分野で議論されてきました。1990年代以降,脳イメージング技術の発展など技術的進歩にも支えられ,意識の科学的研究が様々な分野を巻き込んで大々的に進められつつあります。近年では,人工知能(AI)やロボットを通して意識を研究する方向性も活発化しています。意識研究は、多様な分野の先端的研究が交わる刺激的な知のフロンティアを形成しています。本シンポジウムでは,そのような交差領域で活躍している国内外のエキスパート8名をお呼びし,諸分野の知が重なり合い融け合う地点で,新たな知の可能性を探究します。

【日  程】 2019年11月9日(土)9:45~17:20 (9:15開場)
           11月10日(日)10:00~17:20
【場  所】 北海道大学札幌キャンパス・医学部学友会館フラテホール(札幌市北区北15条西7丁目)
【主  催】 北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター,課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事       業採択プログラム「アイデンティティの内的多元性:哲学と経験科学の協同による実証研究の展開」
【共  催】 北海道大学 脳科学研究教育センター,数理・データサイエンス教育研究センター
【対  象】 大学,関係機関,一般市民,学生等,内容に関心のある方はどなたでも参加可能。
【募集人数】 200人
【参 加 費】 無料
【言  語】 英語
【申込方法】 事前申込不要。直接会場へお越しください。
【そ の 他】 情報交換会を11月9日 (土)19:00よりホテルマイステイズ札幌アスペン(札幌市
       北区北8条西4丁目5)にて行います【参加費6,000円】。情報交換会への参加を希
       望される方は、お名前・ご所属をご記入の上、10月30日(水)までに
       office@chain.hokudai.ac.jp宛にメールでお申込みください。

【プログラム】 
11月9日(土)
9:45 ~10:00 開会の言葉  田口 茂(北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター長)
10:00~11:00 ゲオルク・ノルトフ(オタワ大学教授) 
         Consciousness between neuroscience and philosophy: A temporospatial approach
11:10~12:10 土谷 尚嗣(モナシュ大学准教授)
         A search of an isomorphism between conscious experience and the structure of
         information: an interdisciplinary program
13:40~14:40 鈴木 啓介(サセックス大学研究員)
         Exploring Altered Conscious Experiences using Virtual Reality
14:50~15:50 金井 良太(株式会社アラヤ代表取締役CEO)
         The logic of consciousness startup
16:20~17:20 パネルディスカッション 1

11月10日(日)
10:00~11:00 下條 信輔(カリフォルニア工科大学教授)
         Active vs. passive in consciousness and consciousness science
11:10~12:10 ショーン・ギャラガー(メンフィス大学教授)
         Why a zero-point in first-person consciousness doesn’t add up
13:40~14:40 谷 淳(沖縄科学技術大学院大学教授)
         Actions, Symbols and Selves as Self-Organizing Dynamic Phenomena: a View from
         Neurorobotics study
14:50~15:50 三宅 陽一郎(DiGRA JAPAN理事) 
         Consciousness of Character in a Digital Game
16:20~17:20 パネルディスカッション 2

日程 2019/11/09(土) ~ 2019/11/10(日)
【9日】9:45~17:20 (9:15開場)
【10日】10:00~17:20

開催場所 北海道大学

続きを読む

舞台芸術 【TGR2019】札幌劇場連絡会招聘公演 劇団 現場(ヒョンジャン)「ジャンク クラウン」

「TGR札幌劇場祭」(主催:札幌劇場連絡会)は、約1か月間、札幌市内の民間・公立10の劇場が連携し、道内外はもちろん海外からも40団体あまりの劇団や創造団体が参加する札幌を代表する劇場祭です。毎年、創造都市札幌の秋を彩る演劇・音楽・美術のイベント「さっぽろアートステージ」(主催:さっぽろアートステージ実行委員会)の舞台芸術部門として、2006年から開催されています。
2017年より、札幌劇場連絡会が主催する「TGR札幌劇場祭」と韓国ソウルの大学路(テハンノ)で韓国小劇場協会が主催する「大学路フェスティバル(D.Festa)」との間で、劇場祭交流を行っています。
演劇作品の上演を通じて、互いの劇場文化を学び、劇場を通じて日本ならびに韓国の演劇を発信することで、両国の市民に質の高い演劇を提供するとともに、文化交流に寄与することを目的としています。

2017年度は市内劇場にて「劇団竹竹(チュクチュク)」『マクベス』上演
2018年度は韓国・ソウル市内の劇場にて、yhs「白浪っ!」(TGR2017大賞受賞作品)上演
そして、2019年度は再び韓国から「劇団現場(ヒョンジャン)」を招聘し『ジャンククラウン』を市内の劇場にて上演します。

大人から子供まで幅広い年齢層が楽しめ、言葉の違いも関係のない「ノンバーバル(セリフのない)」でパントマイムを中心とした作品です。

親しみやすい舞台芸術を機に、少しでも国際交流・文化への理解が高まることを願っています。

日程 2019/11/09(土)
開催時間:15:00~16:00
開場時間:14:30

2019/11/10(日)
開催時間:11:00~12:00
開場時間:10:30
開催場所 札幌市こどもの劇場やまびこ座

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ