大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

屋内

41 ~ 50件/579件を表示

美術・工芸 藤谷康晴 個展「ドローイング一族・現代の歌舞伎者たち」

クロスホテル札幌とクラークギャラリー+SHIFTのコラボレーションで展示を行う「まちなかアート・クロス・エディション」の第25弾として、札幌を拠点とする現代の絵師、藤谷康晴が、写楽の「大首絵」へのオマージュとして描いた新作を中心とする個展を、クロスホテル札幌の2階フロアにて2017年7月5日から9月30日まで開催します。

デジタル・テクノロジ-が進化を遂げ、現実空間に混在していく近未来では、「虚構との対峙」が現代人の新たな課題となってきます。しかし、日本人は古来より、実体以外の物の存在を認識する精神文化を持ち、浮世絵や漫画など、平面的でダイナミックな視覚表現を生み出してきました。藤谷は「虚構を幻視」する事を現代の絵師のあり方として、2007年頃から日本古来の八百万(やおよろず)の神々の思想をもとに、目に見えない存在・生き物・神々や魔物達をドローイングする活動を行い、国内外で発表してきました。

新作シリーズ「ドローイング一族・現代の歌舞伎者たち」は、藤谷が写楽の大首絵から、様式美に陥った他の絵師による役者絵にはない「存在のリアリティ」を感じ、そして同作が、既定の概念(役者絵で、実在の人物で、当時の風俗の記録である)の中だけで認識されがちな現状をアップデートする為、写楽の大首絵にドローイングで過剰な虚構性を増幅し、新たな人物群として現代に再登場させる事で「存在のリアリティ」を抽出。本展では、新作シリーズと合わせて、藤谷によるこれまでの画業の一部も紹介します。

日程 2017/07/05(水) ~ 2017/09/30(土)
開催時間:10:00~24:00
ミートラウンジ内は貸切の場合がございます。
開催場所 クロスホテル札幌

続きを読む

美術・工芸 ぱーとな30周年記念 わっしょい展

水彩、油絵、アクリル、写真、七宝、CG、押し花、色鉛筆、書

駅前通り沿い、敷島ビル地下にある洋食レストラン、「ぱーとな」です。ソースやドレッシングに至るまで、すべて手づくりのお店です。店内はギャラリーとしてアーティストの展示会を行っています。この度、開店30周年を記念して、これまで展示会をしたアーティストのグループ展を開催いたします。

※12時〜13時はお店が混み合いますので、作品を見る方はこの時間帯を外してもらえると助かります。

日程 2017/08/01(火) ~ 2017/09/30(土)
開催時間:11:00~19:00
【前半】8/1〜8/31
【後半】9/1〜9/30
※日祝、第3土曜日定休

※土曜〜15:00
※8/31〜17:00まで、9/30〜15:00まで


開催場所 プチレストランぱーとな

続きを読む

美術・工芸 リボネシア新作展 「MURMUR」 in SAPPORO

リボンを主な素材として、様々なアートワークを創作して国内外で発表している、アーティストの前田麦とクリエイティブ・ディレクターの吉川徹によるアート・ユニット「リボネシア」の札幌凱旋展を、クラークギャラリー+SHFTにて9月1日から30日まで開催します。

深海の底、人知れぬ森の奥、天空の果て、なるべく私たちから遠く離れた場所。そこから聞こえて来る微かな囁き「MURMUR」(マーマー)に耳を澄ます想像 力を私たちが持つならば、この世界はもっと別の輝きを放つはずです。『自分とそれ以外の存在の主体性を多元的に捉える試練』を新作のテーマとした、制作拠 点である札幌での凱旋展示となる本展では、動植物や昆虫など小さく声なき生命をモチーフとした、円形フレームの壁面作品8点、その他、今回の札幌展で初公 開となるウレタンを使用した実験立体オブジェを展示。新作オリジナルプリントのシルクスカーフ4種類も限定販売します。

オープニング・レセプション:9月1日(金)19:00〜21:00

※本展に先立ち、東京展が6月9日から7月8日まで開催されました。

RIBBONESIA(リボネシア)
2010年に結成したアーティストの前田麦とクリエイティブ・ディレクターの吉川徹によるアート・ユニット。装飾用の身近なリボンを主な素材 として、様々なアートワークを創作している。国内外での展示をはじめ、店舗ディスプレイから広告・CMビジュアル、販促アイテムの企画開発など、活動領域 は多岐に渡る。

日程 2017/09/01(金) ~ 2017/09/30(土)
開催時間:11:00~19:00
※月・火曜日休廊 (9月18日は祝日のため開廊、19日・20日が休廊となります)
開催場所 クラークギャラリー+SHIFT

続きを読む

美術・工芸 【北都館 名画の小部屋】Vol.71 木村 富秋〜心の色、変わりゆく形〜

【北都館 名画の小部屋】Vol.71木村富秋〜心の色、変わりゆく形〜を開催いたします。
皆様のお越しをお待ちしております。

日程 2017/09/01(金) ~ 2017/09/30(土)
開催時間:10:00~22:00
※火曜定休
※土~月は19:00まで、最終日は17:00まで
開催場所 北都館ギャラリー

続きを読む

その他 サッポロさとらんど 【土日食育講座】

札幌黄を使った肉まんを作ります。皆さまのご参加をお待ちしております。

※要予約。8月21日(月)9時から、さとらんどへお電話(011-787-0223)、又は直接お申込ください。

日程 2017/09/03(日) ~ 2017/09/30(土)
開催時間:10:30~11:30
9月3日〜30日の土・日曜日
開催場所 サッポロさとらんど

続きを読む

書道・文学・写真 大久保正博写真展 媚SHOW

函館在住の写真家、大久保正博の出会った菩薩たち、女性モデル二十人以上を2期に分けて展示。

日程 2017/09/16(土) ~ 2017/09/30(土)
開催時間:19:00~01:00
開催場所 BAR & GALLERY 卍

続きを読む

その他 【さとらんど】手づくり体験 アイスクリーム体験

手づくりの味は特別!ぜひ体験してね!
※ 要事前申込み
※ 詳細はさとらんどセンターまでお問い合わせ下さい。
Tel011-787-0223

日程 2017/05/14(日) ~ 2017/10/01(日)
※日曜/祝日のみ開催、1ヶ月から要予約、先着①20組②30組

①12:00 ②14:00

開催場所 サッポロさとらんど

続きを読む

書道・文学・写真 New Eyes 2017 家族の肖像

札幌で活躍する新進・中堅作家の多彩なジャンルの作品により、様々な家族観を掲示し人が共に生きていくことの意味を問う

本郷新が願った作家の育成を目的に、世界と向き合う作家の斬新な視点を今日的テーマのもとで紹介する「New Eyes」の3回目。
今回は「家族」をテーマに、今日の家族のすがた、家族観を提示します。連綿と続く血縁が紡いできた時間、親しさゆえの摩擦や痛み、新しい命への驚きなど、各作家の生のリアリティに基づく表現を通して、人が共に生きることの意味を問う展覧会です。
札幌を主な拠点として活動する新進・中堅作家による立体・写真・映像・インスタレーションなど、多彩なジャンルの作品によって構成します。

出品作家:今村育子、唐牛幸史、佐竹真紀、鈴木涼子、深澤孝史、門馬よ宇子

 

日程 2017/07/22(土) ~ 2017/10/01(日)
開催時間:10:00~17:00
入館は16:30まで
休館日:月曜日
※9月18日(月・祝)は開館、9月19日(火)休館
開催場所 本郷新記念札幌彫刻美術館

続きを読む

その他 【北海道大学総合博物館】常設展示室新設 特別企画「惑星地球の時空間」

本展のコンセプトは「地球を感じる展示」です。この展示をご覧になる前と後とで、地球に対する見方がガラッと変わるような展示をめざしています。

私たちの生活に地球内部は無関係でしょうか?例えば、私たちが常に吸っているこの空気のほとんどは地球内部から流れ出てきたもので、現在も火山噴火を通して大気成分は変わり続けています。また、地球の温暖な気候を支えているのは太陽からのエネルギーだけではなく、地熱も重要なはたらきをし続けてきました。しかし、こういった地球内部の潜在的な影響力は私たちの生活の中では見落とされがちです。真に持続発展可能な社会を考えるためには、地球規模の時空間スケールで環境を見つめる機会が必要ではないでしょうか。そこで地球の時空間スケールを一望できる展示を作ることにしました。

【オープニングセレモニー】
8月4日(金)10:30~ 1階「知の交流」
参加自由、式典後に展示室オープン・内覧会開催

【展示解説】
8月4日(金)18:00~
9月1日(金)18:00~
10月1日(日)16:00~
所要時間:20分程度
定  員:15名
参加方法:開始1時間前より1階受付にて整理券を配布

日程 2017/08/04(金) ~ 2017/10/01(日)
開催時間:10:00~17:00
休館日:月曜日、9月3日(日)
6月~10月の金曜日のみ21:00まで
開催場所 http://www.museum.hokudai.ac.jp/

続きを読む

美術・工芸 【SIAF2017】ゲストハウス × ギャラリープロジェクトSapporo ARTrip「アートは旅の入り口」

近年、新しい旅の拠点としてその存在が注目されているゲストハウスを会場に、「旅」をテーマにした展覧会やイベントを行います。また、会場となる複数のゲストハウスや展示アーティスト、ギャラリーを紹介する冊子も日本語と英語のバイリンガルで制作します。

SIAF2017の情報や札幌の見どころなども掲載し、ゲストハウス、ギャラリー、関係各所で販売することで、会期中の宿泊者や市民の周遊性を高めます。企画の中心となる「展示」では、市内の8カ所のゲストハウスが参加し、市内4カ所のギャラリーが選んだ、北海道を拠点に活躍する10組のアーティストがゲストハウスの空間にふさわしい作品を設置します。それぞれのゲストハウスが持っている個性とアーティストの個性が相乗効果を生み、より魅力的な場を作ります。

「旅」の中にある非日常感や人と人との偶然のつながり、また北海道の歴史や文化を、作品を通して感じてください。会期中には、ゲストハウスを横断するツアー企画や札幌の街を舞台とした写真のワークショップ、アーティストによるライブパフォーマンスなども行います。

★参加ゲストハウス/アーティスト

・UNTAPPED HOSTEL
札幌市北区北18条西4丁目1-8
上ノ 大作/ワビサビ/相川 みつぐ
・WAYA
札幌市豊平区豊平2条4丁目1-43
鈴木 悠哉
・雪結(yuyu)
札幌市中央区南3条東4丁目3-13
南 阿沙美/酒井 広司
・Ten to Ten Hokkaido Hostel & Kitchen
札幌市中央区南8条西5丁目288-5
富士 翔太朗
・SappoLodge
札幌市中央区南5条東1丁目1-4
白濱 雅也
・THE STAY SAPPORO
札幌市中央区南5条西9丁目1008-10
斉藤 幹男
・めざましサンド店
札幌市中央区南4条東3丁目ハイツ昭和1階
相川 みつぐ
・札幌ゲストハウスやすべえ
札幌市中央区南10条西7丁目6-6
東方 悠平

選定を行ったギャラリー
・Kita:Kara Gallery( 開館時間: 11:00-19:00、 休館日: 日曜・祝日)
札幌市中央区大通西5丁目 大五ビルヂング3階
・GALLERY門馬&ANNEX(開館時間: 11:00 - 展示会ごと、休館日: 展覧会ごと)
札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38
・salon cojica(開館時間: 11:00~19:00、  休館日: 日月・年末年始)
札幌市北区北23条西8丁目 coneco bld.1階
・TOOV cafe/gallery(開館時間: 10:30~22:00 ※会期中無休、日曜日20時まで)
※9月29日(金)はサッポロアートラボのため、イベントにご参加の方以外はご覧になれませんので、ご了承下さい。
札幌市中央区南9条西3丁目2-1 マジソンハイツ1階

日程 2017/08/06(日) ~ 2017/10/01(日)
※休館日: 各施設による。詳細はお問合せ下さい。
※時間: 各施設による。詳細はお問合せ下さい。

開催場所 Kita:Kara

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ