大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

屋内

11 ~ 20件/711件を表示

美術・工芸・デザイン・映像 葛西由香展「201号室、傍らの些事」

北海道文化財団アートスペース企画展Vol.39
葛西由香展「201号室、傍らの些事」開催中です。

皆さまのお越しをお待ちしております。

※都合により臨時休館する場合があります。

日程 2019/03/18(月) ~ 2019/06/28(金)
開催時間:09:00~17:00
※土日祝休館

開催場所

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 さっぽろ大通デザイン・アートスクール vol.1/vol.2

人口8,300人の小さな町から、デザインやアートを通して、広く文化を発信する東川町。65年の歴史を刻む大五ビルヂングにあって、ギャラリー運営の立場から市民生活を支援するギャラリー大通美術館。本道における様々な文化芸術の振興を通じて、多様な地域文化の創造を目指す北海道文化財団。
3者が連携協力し、“デザインをより身近に、暮らしをより深く”考える場として、『さっぽろ大通デザイン・アートスクール』がスタートします。

▼会 場
ギャラリー大通美術館 A室(札幌市中央区大通西5丁目11−1大五ビルヂング1F)

▼日時・講師
【第1回】『デザインってなんだろう-織田コレクションを活用した日本初のデザインミュージア
ムの設立に向けて』
日 時:2019年6月25日(火)19:00-20:10
講 師:織田憲嗣氏(東川町文化芸術コーディネーター、東海大学名誉教授)

【第2回】「日本でヒュッゲに暮らす」
日 時:2019年6月28日(金)19:00-20:10
講 師:イェンス・イェンセン氏(日本コロニヘーブ代表理事)

【第3回】
2019年12月下旬予定
※詳細が決まり次第、北海道文化財団(http://haf.jp)のホームページにて別途募集。

▼定 員
各回30名(応募多数の場合は抽選) 

▼参加料
各回1,000円 

▼申込方法
メール又は電話にて北海道文化財団までお申込みください。
Mail murayama-w@haf.jp TEL 011-272-0501(平日9:00~17:30)
※メールでお申込みの方は「スクール申込」と明記し、①氏名 ②年齢 ③住所 ④電話番号⑤希望の回 を記入してくだい。

▼申込締切
 6月17日(月) ※3回目(12月)の締切日はホームページにて別途ご案内します。

▼お問い合わせ
 北海道文化財団 TEL011-272-0501
東川町レクリエーション課 TEL0166-74-6801

▼関連企画
「暮らしのデザイン―東川町の町づくりと営み展―」
東川町は北海道のほぼ真ん中にある人口8,300人の小さな町です。この町の自然と人と文化から
生まれた取組や暮らしをご紹介します。
会期:2019年6月25日(火)~30日(日)10:00~19:00(6/25、6/28は18:00まで)

▼主 催
さっぽろ大通デザイン・アートスクール連携会議
(東川町/ギャラリー大通美術館/公益財団法人北海道文化財団)

日程 2019/06/25(火)
開催時間:19:00~20:10
※要申込〜6/17、定員30名

2019/06/28(金)
開催時間:19:00~20:10
※要申込〜6/17、定員30名
開催場所 ギャラリー大通美術館

続きを読む

音楽 すずき一平マンスリーコンサート2019春

昨年に引き続き、マンスリーコンサート開催します。
ランチプレート付きとなっておりますので、
公演日の2日前までにチケットをお買い求めになるか、事務局までお電話にてご予約下さい。

日程 2019/04/27(土)
開場時間:12:00
開演時間:13:30

2019/05/25(土)
開場時間:12:00
開演時間:13:30

2019/06/29(土)
開場時間:12:00
開演時間:13:30
開催場所 大通公園ビル フードハウス

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 第2回花咲く女流展ー地上にあふれる生命の輝きー

ギャラリ―北のモンパルナス企画展
「第2回花咲く女流展ー地上にあふれる生命の輝きー」を開催します。
皆様のお越しをお待ちしています。

日程 2019/06/04(火) ~ 2019/06/29(土)
開催時間:11:00~18:00
※日月祝休館
開催場所 ギャラリー 北のモンパルナス

続きを読む

書道・文学・写真 MANIERA 伴田良輔作品展〜フォトグラビュールの誘惑 

伴田良輔のフォトグラビュールとは
版画と写真と絵画、三つの接点でエロスを表現する技法

6/22(土)19:00~伴田良輔×有末剛トーク
~女体美談義~参加費無料 (ドリンクの注文をお願いいたします。
トーク終了後は通常のバーチャージが必要です)

伴田良輔 (Wikipediaより)
京都府福知山市出身。上智大学外国語学部英語学科中退。在学中に銀座のタウン誌の編集にかかわり、それをきっかけに著述活動に入る。
海外を放浪、帰国後の1985年、雑誌「GS」(浅田彰、伊藤俊治、四方田犬彦/共同編集)の特集に寄稿した原稿をもとに初の単行本『独身者の科学』(冬樹社)を戸田ツトムの装丁で上梓、性のビジュアルとアフォリズムの組み合わせによる斬新な語り口で反響を呼ぶ。その後ジャンルを越境する視点で写真/美術評論を雑誌「IS」「武蔵野美術」などの硬派文化誌に執筆する一方、「週刊文春」「週刊ポスト」などの一般誌でも幅広くコラムを書く。
書籍は編集者/装丁デザイナーとの共同制作という考え方を持ち、装丁家鈴木成一、祖父江慎などと多くの作品を刊行している。
図版を多数収録した性愛冒険家の風変わりな伝記小説『女の都』(作品社)や、性文化を論じた『20世紀の性表現』(別冊宝島)などエロティシズムをテーマとする一方、『猫語練習帳』(朝日出版社)や『ピカビアーノさんの玉尻猫』(文藝春秋)などの著作に見られるように、軽妙でユーモラスな作品も得意とする。
海外の美術、写真集などの紹介、翻訳にも力を注いでいる。
版画家としては1987年から活動、特定の版画家への師事や団体への所属はしていない。1990年、銅版や木ではなく「紙」に直接鉄筆で凹凸をつけ、そこにインクを指先で埋め込んでいく独自の技法を発見、“UMPREINTES”と呼ばれる同技法により現在に至るまで多くの個展を開催している。
著書[編集]
• 独身者の科学 愛の傾向と対策(1988年、冬樹社/河出文庫)
• 愛の千里眼(1991年、河出文庫)
• 眼の楽園(1991年、河出書房新社)
• 愛の贈り物(1992年、青土社)
• 女の都 ウィルヘルム・リヒャルト博士の性的冒険(1992年、作品社/河出文庫)
• 愛の科学 独身者のための27章(1993年、講談社)
• 奇妙な本棚(1993年、芸文社/ちくま文庫)
• 世紀末百貨店(1993年、宝島社)
• 絶景の幾何学(1994年、ポーラ文化研究所)
• ズルいhotel(1995年、ベストセラーズ)
• Chibusa 45人の美しい乳房(1996年、河出書房新社)
• erotissimo(1996年、新潮社)/写真集
• 美女コレクション 妄想していいですか(1997年、光文社文庫)
• 独身者の贈り物(1997年、河出文庫)
• 湖畔の宿 H・R氏の煩悩コラム(1998年、自由国民社)
• 誘惑術 性のデザイン(1998年、河出書房新社)
• 欲望百科 7色のコンドームから美容整形まで(1998年、光文社文庫)
• Erovogue(1998年、新潮社)
• オブジェダムール 高部知子(写真集、1999年、モッツ・コーポレーション)
• ピカビアーノさんの玉尻猫(2000年、文藝春秋)
• 妄想秘宝館 新・独身者の科学(2001年、祥伝社)
• 彼女のいた町(2001年、廣済堂出版)
• 猫語練習帳(2002年、朝日出版社)
• 鏡の国のおっぱい 美しい日本の乳房(2003年、二見書房)
• 猫のいる宿(2003年、日本出版社)
• 犬の学校(2004年、ブルースインターアクションズ)
• 猫の学校(2004年、ブルースインターアクションズ)
• 夜の雑誌たち(2004年、二見書房)
• 右脳直撃!パズルタングラム(2004年、東邦出版)
• 猫がもてなす宿(2006年、日本出版社)
• 方舟に乗った猫(2007年、パロル舎)
• 独身者の科学 愛の傾向と対策 愛蔵版(2008年、データハウス)
• 巨匠の傑作パズルベスト100(2008年、文春新書)
• 100年楽しめる古典名作パズル 天才作家たちの難問・奇問に挑戦!!(2008年、日本文芸社)
• BREASTS 乳房抄/写真篇(2009年、朝日出版社)
• DREAMING BREA乳房 (2011年、東邦出版)
• HIPS 球体抄 (P-Vine Books) (2012年、スペースシャワーネットワーク)
• 謎解き父さん/世界の見方を変える12問(2014、朝日出版社)
• アリスのお茶会パズル(2015、青土社)
編著[編集]
• Paparazzi(1990年、作品社)
• Lovers only(1990年、作品社)
• summer pin-ups(1990年、作品社)
• Kids!(1990年、作品社)
• Underwears(1990年、作品社)
• ジャンヌ/荒木経惟写真集(1991年、新潮社)
• Nippon 明治の日本を旅する立体写真集(1994年、小学館)
• 別冊宝島 図説20世紀の性表現 SEX&LOVEイメージの100年史(1995年、宝島社)
• 100万人のよる伝説(1996年、自由国民社)
• 100万人のよる伝説2 この道抜けられません号(1996年、自由国民社)
• 100万人のよる伝説3 狂い咲きモンモン号(1997年、自由国民社)
• エヴァ ヨーロッパ・クラシックヌード(1998年、講談社)
• 恋する写真 マルベル堂プロマイド ポーズ別キューティショットセレクション(2002年、マガジンハウス)

共著[編集]
• ピンナップ・エイジ 伊藤俊治との共著(1989年、リブロポート)
• オン・セックス 鹿島茂対話集(2001年、飛鳥新社/文春文庫)
• Cat house postcards キャットハウスポストカードブック 伴田良輔作+森田米雄写真(2003年、学習研究社)
• kittens of boxville ryosuke handa ,yoneo morita (2009年、chronicle、米国)
• kittens of boxville postcardbook   ryosuke handa ,yoneo morita (2009年、chronicle、米国)
翻訳[編集]
• ファンタスティック・ラヴ ロルフ・ミロナス著(森カオル名義で訳、1994年、ベストセラーズ)
• パズルグラム 超頭脳デザイン集団ペンタグラムによる178のカラフル・パズル・コレクション ペンタグラム編(1990年、朝日出版社)
• 性暦 彼女を愛する365の方法 Peggy & Evan Burke著(1994年、ベストセラーズ)
• ダーシェンカ カレル・チャペック著(監訳、1995年、新潮社/新潮文庫)
• 悪趣味百科 スターン夫妻著(監訳、1996年、新潮社)
• 脚線美伝説 レッグアートの女神たち Madison S.Lacy,Don Morgan著(編訳、1996年、ベストセラーズ)
• リプレーの奇人不思議館 M.スローンほか編著(1996年、河出書房新社)
• 小犬の生活 ダーシェンカ2 カレル・チャペック著(監訳、1997年、新潮社/新潮文庫)
• フォーニコン トミ・アンゲラー著(監修、1999年、水声社)
• 愛しのペット 獣姦の博物誌 ミダス・デッケルス著(監修、2000年、工作舎)
• ザ・リアル・ベティ・ペイジ 伝説のピンナップ・ガールの知られざる真実 リチャード・フォスター著(2000年、アップリンク)
• いたずらパトフ 絵でみる犬の生活 ポップアップ キャロライン・ヒーンズ作・絵(2003年、フレーベル館)
• おてんばミトフ 絵でみる猫の生活 ポップアップ キャロライン・ヒーンズ作・絵(2004年、フレーベル館)
• 世にも奇妙な職業案内 ナンシー・リカ・シフ著(2004年、ブルース・インターアクションズ) 
• 肉体美大全 ジュリアン・ロビンソン著(2005年、東洋書林)
• 世にも奇妙な遺言集 ライアン・マッケイ,クリス・メイナード監修(2005年、ブルース・インターアクションズ)
• 世にも奇妙な職業案内 増感号 ナンシー・リカ・シフ著(2006年、ブルース・インターアクションズ)
版画での賞歴[編集]
• 1988年 - 日本具象版画展(有楽町そごう) 池田満寿夫賞
• 1988年 - クラコウ国際版画ビエンナーレ(ポーランド)
• 1988年 - 国際版画写真展(フィラデルフィア)スポンサー買い上げ賞
• 1988年 - 版画期待の新人展(伊勢丹美術画廊) 優秀賞
• 1991年 - さっぽろ国際版画トリエンナーレ展(札幌) オンワード樫山/買い上げ賞
• 1993年 - さっぽろ国際版画トリエンナーレ展(札幌) 札幌グランドホテル/買い上げ賞

日程 2019/06/18(火) ~ 2019/06/29(土)
開催時間:20:00~01:00
トークイベント6/22は19:00~開店いたします。
開催場所 BAR&GALLERY 卍

続きを読む

その他 【青少年科学館】日曜実験室「のぞいてみよう!植物の世界」

3階実験室で毎週日曜日と祝日に行っている「日曜実験室」が、3月から内容を一新します。
3月から6月までの4か月間は、「のぞいてみよう!植物の世界」というタイトルで、顕微鏡の使い方を学びながら植物の葉や花を観察する実験教室を行います。
・顕微鏡を使ってみよう
・初めて見る植物の小さな世界はどんなかな?

【対象】 小中学生
【定員】 32名(先着順)
【参加方法】
当日の13時30分から13時50分までの間、3階案内前で先着順で受け付けします。
※1名の方による2名分以上の参加申し込みはご遠慮願います。
  申し込みは参加者本人が済ませてください。

日程 2019/03/03(日) ~ 2019/06/30(日)
開催時間:14:00~14:40
開場時間:13:30
※期間中の日曜祝日開催、各日先着32名、小中学生対象
開催場所 札幌市青少年科学館

続きを読む

その他 【白い恋人パーク】キッズタウン「にがおえクッキーをつくろう!」

「にがおえクッキーをつくろう!」を開催します。
皆さまのご参加お待ちしています。

【クッキーの大きさ】約8㎝×8㎝
【予約受付】ご予約はお電話にて前日まで受付しております。
※空きがあれば当日承ることも可能です。 (最終当日受付17時)

日程 2019/04/01(月) ~ 2019/06/30(日)
開催時間:09:20~17:00
※前日まで要予約(空きがあれば当日承ることも可能)
【所要時間】約20分
開催場所 【公式】白い恋人パーク

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【札幌芸術の森】工芸館 常設展示「ベストポケット」春の回

長い冬が明けて、いよいよ暖かな季節が訪れる4月、芸術の森工芸館の常設展示「ベストポケット」が作品のラインナップも新たにオープンします。
2019年度は一年間を春夏秋冬に分けて、それぞれの季節を彩る選りすぐりのクラフト作品をお届けします。
第一弾「春の回」には、18名の作家が出品。あたたかみのある木製の一輪挿しや、手触りのやわらかな天然素材のストールなど、生活を楽しく演出してくれる作品が多数揃いました。
普段使いにも、大切な人へのプレゼントにも最適ですので、芸術の森へお越しの際には、工芸館の常設展示「ベストポケット」に是非お立ち寄りください。

<出品作家>※五十音順
アサ佳(陶芸)
朝田 千佳子(テキスタイル)
砂金 隆則(木工)
石黒 いづみ(陶芸)
岸本 幸雄(木工)
佐藤 トシヤ(金工・装身具)
島田 正敏(陶芸)
下村 好子(テキスタイル)
高瀬 季里子(皮革)
田中 郁美(金工・装身具)
中島 知之(陶芸)
中田 ゆう子(テキスタイル)
梨木  さんた(金工・装身具)
西村 和(陶芸)
西山 省一(金工)
前島 美江(竹皮/編組)
松崎  孝一(テキスタイル)
森川 心子(籐/編組)

日程 2019/04/13(土) ~ 2019/06/30(日)
開催時間:09:45~17:00
休館日:4/15,22
※6月は17:30まで
開催場所 札幌芸術の森

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 砂澤ビッキー樹ー展

札幌芸術の森美術館の「砂澤ビッキー風ー」と同時開催。
砂澤ビッキの作品の中から、従来「工芸的」と捉えられることが多く、あまり光が当てられてこなかった作品群を紹介します。

1960年代後半から70年代の虫や魚をモティーフにした作品を中心に、代表作となる80年代の《風》や《樹華》以前のビッキ彫刻の諸相に迫ります。工芸として捉えられがちであった「ビッキ文様」の彫刻的要素に着目し、作家の世界観の一端を明らかにします。芸術の森美術館との共同企画で行い、それぞれの館が異なる側面から砂澤ビッキの魅力を展覧します。

日程 2019/04/27(土) ~ 2019/06/30(日)
開催時間:10:00~17:00
※月曜休館、4/29・4/30・ 5/6は開館し、5/7は休館
開催場所 本郷新記念札幌彫刻美術館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【札幌芸術の森】札幌美術展 砂澤ビッキ―風―

北海道を代表する木彫家・砂澤ビッキ(1931~1989年)の没後30年記念展を開催いたします。本展では、ビッキが晩年取り組んだ「風」のテーマを中心に展開します。木という素材に向き合い続けたビッキは、木に宿る「樹氣(きき)」をあらわにすることに挑みました。そのなかで「風」のシリーズは、樹氣が力強く、躍動感ある形で表現されており、ビッキの自然への畏怖の念を体感させてくれるものです。

 また「風」といえば、《四つの風》というビッキの大作が当館併設の野外美術館で常設展示されています。設置から30年以上経過した本作は、彼の望みどおり自然の成り行きに任せ、「風雪という名の鑿(のみ)」によって変化を続けています。本展では、ビッキの当館所蔵作品、「風」シリーズの作品、当館の調査により新たに見出された素描や資料などとともに、これまでの《四つの風》の記録を写真や映像で展示し、自然が芸術に与える力を明らかにします。

 なお、本展は、札幌・北海道にゆかりある作家の作品によって構成する第12回目の「札幌美術展」として行うものです。

日程 2019/04/27(土) ~ 2019/06/30(日)
開催時間:09:45~17:00
※会期中無休
※6月は17:30まで
開催場所 札幌芸術の森美術館

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ