大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

中央区

21 ~ 30件/205件を表示

美術・工芸・デザイン・映像 新冠町ロビー展

北海道新冠町の「レ・コード館」にコレクションされている100万枚のアナログレコードを活用したロビー展。
それぞれのテーマに沿った企画展や、懐かしい蓄音機等をロビーに展示します。
[開催日時]:2020年10月1日(木)~10月31日(土)

《展示テーマ(予定)》
● にいかっぷピーマンplusレッドビート×アナログレコード』コラボアート展
● レ・コード館からエールを!応援歌の神様『古関裕而』展
● レ・コード館特別企画展『アイヌ~レコードに刻まれた記憶と音~』

※展示内容は変更になる場合がございます。

日程 2020/10/01(木) ~ 2020/10/31(土)
※終日ご覧いただけますが、夜間はロビーの照明が暗くなります。
開催場所 センチュリーロイヤルホテル

続きを読む

書道・文学・写真 第2回かでるマンスリー展示

1ヶ月の間、展示ホールの利用がない日にかでる2・7で活動する創作団体(「万象」札幌句会)の作品展を開催いたします。
皆様のお越しをお待ちしております。

日程 2020/10/09(金) ~ 2020/10/15(木)
※時間の詳細はお問い合わせください

2020/10/22(木) ~ 2020/10/31(土)
※時間の詳細はお問い合わせください
開催場所 北海道立道民活動センター かでる2・7

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 佐藤宏三日本画個展 「挑発」

岩見沢出身、東京在住の佐藤宏三氏の日本画艶絵

日程 2020/10/16(金) ~ 2020/10/31(土)
開催時間:20:00~01:00
※定休日:日月
開催場所 BAR&GALLERY 卍

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 或る女・序

視覚。
思考・シンパシー。
3つの「S」による、異種アートの交流展

「或る女」。作家にとつてのそれは、A Woman。
ある特定の女性、または女性像( 乃至は、複数人の、)です。"或る"という言葉によって、作中に隠された存在は、みなさまの目と思考とを通して、自身の体験やイメージヘと変わっていきます。対峙作品との心理的な共感の向こうで再会する、あなたにとっての「或る女」。それはいったい誰ですか。

白と黒、文字とからなる作品たちは、すべてが無彩色でありながら、女たちを鮮やかに彩り、その姿を像作っていきます。本展は、札幌を拠点として活動するアーティストたちによる異種アートの交流展です。

日程 2020/10/19(月) ~ 2020/10/31(土)
開催時間:11:00~20:00
※定休日:25日
※最終日は14:00まで
開催場所

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 MINIATURE LIFE展2 ~田中達也 見立ての世界~

このたび、「MINIATURE LIFE(ミニチュア ライフ)展2 ~田中達也 見立ての世界~」を
開催することとなりました。
写真家 田中達也は、身近にある様々なモノとミニチュア人形を別のモノに見立てて
ユーモアあふれるセンスで日常を表現し、小さな不思議な世界を創り出しています。
NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』のタイトルバックのミニチュアも担当し、
大きな話題になりました。
本展は、国内外で反響を呼んだ「MINIATURE LIFE展」をさらにパワーアップした第2弾で、
国内初公開の作品を含め、ミニチュア写真と実物のミニチュア作品を選りすぐって展示します。
いつもと違う視点で日常を愉快にするミニチュアの世界を、多くの方々にご覧いただけましたら幸いです。
ご来場をお待ちしております。

日程 2020/10/14(水) ~ 2020/11/01(日)
開催時間:10:00~20:00
※最終入場19:30
※最終日は18:00閉場、最終入場17:30
開催場所 http://www.daimaru.co.jp/sapporo/

続きを読む

書道・文学・写真 時計台を愛する皆さまへ 北海道の大恩人黒田清隆開拓使長官生誕180年(没後120年)記念特別展

「時計台を愛する皆さまへ」として、札幌市時計台(旧札幌農学校演武場)と特にゆかりの深い、北海道の大恩人「黒田清隆開拓使長官生誕180年(1840年~1900年)及び没後120年」をテーマとして、同伯の半生をパネル化し、全国の時計台ファンの皆様に公開します。

日程 2020/10/02(金) ~ 2020/11/06(金)
開催時間:09:00~17:00
開催場所 札幌市時計台

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【北海道立近代美術館】近美コレクション「太陽の森 ディマシオ美術館コレクション」

ゆたかな自然につつまれた北海道新冠町太陽に、廃校となった小学校を再生して誕生した「太陽の森 ディマシオ美術館」。
この美術館には、フランス幻想絵画の鬼才として注目を集めたジェラール・ディマシオ(1938年~)の油彩やパステルなどの代表作200点以上が収蔵されています。館内には3年かけて制作され世界最大とされる縦9m、横27mの巨大油彩画を核として、幻想的な世界があますところなく展覧され、地域観光の拠点として注目を集めています。 本展は、本年開館10周年を迎えるディマシオ美術館のコレクションから、ディマシオの絵画作品約10点に加え、同館が誇るアール・デコを代表する工芸作家ルネ・ラリックのガラス作品約30点をあわせて展覧し、地域から特色ある美術を発信する美術館の魅力をご紹介します。

また道内各地の美術館がネットワークでつながる「アートギャラリー北海道」事業として開催する本展は、北海道立三岸好太郎美術館でも開催中(8月30日まで)。ディマシオ絵画13点とルネ・ラリックのガラス3点を展示しています。

※本展のみ、会期は7月4日(土)~11月8日(日)

日程 2020/07/04(土) ~ 2020/11/08(日)
開催時間:09:30~17:00
※休館日:月曜(祝日または振替休日のときは開館、翌火曜日休館。芸術週間11/2は開館)、9/7~18
※入館は16:30まで
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

その他 リアル脱出ゲーム「びっくり謎工場からの脱出」

今話題の「リアル脱出ゲーム」が遊べるお店【アジトオブスクラッ
プ札幌】にて開催。
リアル脱出ゲームとは、実際の密室に閉じ込められ自分自身が様々
な謎や暗号を解き明かし脱出を目指す体感型のゲームイベント。

今回はホール型、最大4人1チーム。
各回同時に20〜40名の方がスタートします。

<びっくり謎工場からの脱出>
〜最後には希望がある。〜

*ストーリー
その巨大な工場は、静かに街にたたずんでいました。
トンテンカンテン朝から晩までずっと何かを作る音がしていますが
その工場に入った人も出てきた人も誰も見たことがありませんでした。

ある人はいいました。
「あの工場はなにか国の兵器を作ってるんじゃないか」
またある人はいいました。
「なにかいかがわしいおもちゃをつくってるんじゃないか」
別のある人は言いました。
「アラブのお金持ちが趣味のロボットをを作ってるんじゃないか」
いったい誰が何を作っているのでしょう?

ある日、その工場から一斉に、街のいたるところにポスターが貼られました。

「招待状
とんでもない謎が完成いたしました。
ぜひとも遊びに来てください。
参加条件
謎解きが好きな方
びっくり謎工場長より」

無類の謎好きだったあなたは
そのポスターを見てすぐに工場へ向かって走りました。

胸がはずみ心が沸き立ちます。
どんな謎が待っているのでしょう!

しかし。 あなたはまだそのとき知らなかったのです。
まさかあんな驚きが、その工場で待っているとは......。

*開催日程
2020年9月18日(金)〜2020年11月8日(日)
※開催期間が上記に延長となりました。

主催 :SCRAP
企画制作 : SCRAP

©️SCRAP
★リアル脱出ゲームは株式会社SCRAPの登録商標です。

日程 2020/09/18(金) ~ 2020/10/18(日)
【金】17:00/20:00
【土・祝前日】11:00/14:00/17:00/20:00
【日・祝】11:00/14:00/17:00
 

2020/10/23(金) ~ 2020/11/08(日)
【金】19:00
【土・祝前日】11:00/14:00/17:00/20:00
【日・祝】11:00/14:00/17:00

※開場は各回、20分前からとなります。
※お1人様でご参加いただくことはできません。あらかじめご了承ください。
開催場所 アジトオブスクラップ札幌

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【北海道立近代美術館】近美コレクション「ヴィジュアル・ガストロノミー」展

古来より作家たちは、「食」からインスピレーションを受け、数多くの作品を生み出してきました。各々の食事スタイルに合わせてデザインされた器、身の回りにある食材を題材にした静物画、人々が集まり豊かなコミュニケーションが生まれる団欒の情景などその内容は多彩です。
本展は、このような視覚芸術と「食」との関係を読み解くことで、美術館における鑑賞体験の可能性を探り、紹介します。

※同時開催:
「アートギャラリー北海道 太陽の森ディマシオ美術館コレクション」

日程 2020/09/19(土) ~ 2020/11/08(日)
開催時間:09:30~17:00
※休館日:月曜(祝日または振替休日のときは開館、翌火曜日休館。芸術週間11/2は開館)
※最終入館16:30
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【北海道立近代美術館】特別展「神田日勝 大地への筆触」

北の大地で、農業に従事しながら独自の絵画を描き続けた神田日勝(1937-70)。わずか32年という短い生涯ながら、残された作品の数々は今なお輝きを失いません。本展では、日勝の没後50年を記念しその画業の全貌を紹介します。

日程 2020/09/19(土) ~ 2020/11/08(日)
開催時間:09:30~17:00
※休館日:月曜(9/21、11/2をのぞく)、9/23
※入場は閉館30分前まで
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ