大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

大通駅

1 ~ 10件/197件を表示

美術・工芸・デザイン・映像 渡辺元 作品展

札幌在住の作家。水彩画やミニチュア、カフェ絵、猫マンガ、猫フィギアなど楽しい展示です。

※作家在廊は12時~3時位

日程 2019/06/12(水) ~ 2019/06/17(月)
開催時間:11:00~18:00
開催場所 カフェ+ギャラリー オマージュ

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 テラコッタ彫刻展 6th

道新文化センター講座「テラコッタ彫刻」受講生11名による46作品を展示します。
テラコッタはイタリア語で素焼き彫刻の意味です。
毎週金曜日午前は隔週、午後は毎週の活動です。毎回モデルを依頼し、1回目はデッサン、2~8回目はテラコッタ粘土でモデリング(土付け)、9回目で抜芯、乾燥、焼成のプロセスで1作を創ります。新たなモデルに向かう度、イメージを熟させ精力的に制作しています。
私にとりまして、熱心に取り組む仲間と出会える緊張と喜びの場です。
テラコッタ彫刻展をご高覧いただけましたら幸いです。

講師/全道展会員 小野寺紀子

日程 2019/06/13(木) ~ 2019/06/18(火)
開催時間:10:00~18:00
※最終日は17:00まで
開催場所 道新ぎゃらりー

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 第27回 V展

『V展』Vはフランス語の金曜日(vendredi)の頭文字から成っています。
私達はNHK文化教室で金曜日(塚崎聖子教室)に毎週集う仲間達です。
日々楽しみながら制作しています。
皆個性豊かな作品ばかりですのでどうぞご高覧ください。

NHK文化センター金曜塚崎教室一同

日程 2019/06/13(木) ~ 2019/06/18(火)
開催時間:10:00~18:00
※最終日は17:00まで
開催場所 道新ぎゃらりー

続きを読む

書道・文学・写真 写真塾 翼 写真展「北の景」

「写真塾 翼 写真展 北の景」を開催致します。
自然写真家の指導の下で、自然の営みを知り、自然に敬意を払って撮影することを学んだ仲間たちで集まった写真団体です。
塾生11名が全紙サイズで表現する「北の景」をご高覧下さい。

日程 2019/06/14(金) ~ 2019/06/19(水)
開催時間:10:00~18:00
開催場所 富士フイルムフォトサロン札幌

続きを読む

書道・文学・写真 石黒明 作品展 αと旅するオホーツク釧網本線

つめたいオホーツクの海、ミステリアスな流氷海岸。 海のうえ駆けるハクチョウやオジロワシ。旅する空のむこうには世界自然遺産「知床」の山々。訪れる旅人止まない北浜駅。たくましく咲き誇る原生花園の赤・白・黄。
そこは北海道の極東、「ひがし北海道」を走るJR釧網本線(網走~東釧路間166.2㎞)。
波の音、潮の香り。土のにおい、ほお打つ風。
人と自然が織りなす車窓を求めて、旅行会社や各種雑誌が選ぶ「乗ってみたいオススメのローカル線ランキング」では常に上位に選ばれる感動路線。網走国定公園、阿寒摩周国立公園、釧路湿原国立公園を走り、日本はもとより全世界からも注目を集める、かけがえのない鉄路と沿線地域。
そんな釧網本線のなかでも「オホーツクの鉄道風景」を、その土地に生きるフォトグラファーマー石黒 明氏が紹介します。

日程 2019/06/08(土) ~ 2019/06/20(木)
開催時間:11:00~19:00
開催場所 ソニーストア 札幌

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 水彩サークル展 パレット虹

<水彩画>
 子育てを終えた主婦等15名が集まり、若い頃にやりたかった趣味を少しずつ実現しようと月に二回のサークル活動で腕に磨きをかけています。
 今回は、日ごろの成果を見ていただきたいと考えて展示会を開催することにしました。30点の水彩画作品を展示いたします。
 足をお運びいただけると光栄です。

日程 2019/06/14(金) ~ 2019/06/20(木)
開催時間:10:00~18:00
※最終日は14:00まで
開催場所 NHKギャラリー

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 初夏の着物リメイク展 

手工芸作家たちによる作品展。着物・帯リメイク・手作りアクセサリーなど、心地好い初夏のおでかけには、ちょっとおしゃれにも一工夫。着物リメイク作品だからこその、一点物のデザインや風合いをお楽しみください。

また、大切にしまっておいた思い出の着物に、もう一度袖を通したいという思いにも応えて下さるとのこと。作家の手で生まれ変わった一枚に、懐かしい記憶がよみがえります。ご希望の方はご相談してみてはいかがでしょうか。

日程 2019/06/17(月) ~ 2019/06/21(金)
開催時間:10:00~16:30
開催場所 http://www.lilac.co.jp/bunka/

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 <申込受付> オリジナルポストカード展『+P14』《作品募集》

会場にて参加者によって作られたオリジナルポストカード1800種類(予定)の展示および販売をします。
来場者はどのポストカードでも1枚160円で購入することができ、ポストカードの売り上げ1枚につき100円が作家に支払われます。開催中は様々な企業の方、メディアの方にも来て頂き、クリエイタ-と企業との、またクリエイタ-同士の交流の場となります。

受付期間 2019/05/08(水) ~ 2019/06/25(火)
日程 2019/05/08(水) ~ 2019/06/25(火)
※募集期間
開催場所 4プラホール

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【500m美術館】vol.29「大地の物語」

『大地の物語』によせて|港 千尋
わたしたちが生きる風景は、いろいろな流れで出来ている。都会に住んでいると忘れがちだが、生活を支えているのは、ほとんどが見えない流れである。そのことに気づくのは、しばしば、それが途絶えたときだろう。
 水、電波、エネルギー。
 人間が文明と信じている世界とは、インフラストラクチャーという見えない流れに依存した風景そのものだ。すべてがインフラに流れ込みつつあるのが現代かもしれない。
 だがいにしえの人は、大地が流れで出来ているということに、早くから気づいていた。土地をつくる「ランドスケープ」に対して、風を抱く「風景」という言葉が、それを示している。
 舞い落ちる雪、水面の木の葉、立ち昇る煙。
 そこに物質を超えた特別な力を認めたとき、流れは芸術に姿を変え、時間は物語を生む。物語とは想像力によって姿を変えた、大地の風景である。
 人類が残してきた物語にはいくつかの型があるが、もっとも古いもののひとつは、探求の物語だろう。幾多の困難に出会いながら、何かを探して旅がつづく。その過程で浮かび上がってくるのは、さまざまなアイデアやイメージである。不思議な記号や痕跡、そして驚きの言葉が出現する。見慣れた風景のなかに一瞬、扉が開く。新たな物語は、やがて大地を裏返す力となるだろう。

【出展アーティスト】
天野祐子、荒木悠、岡部昌生、進藤冬華、長坂有希 + 奥野 正次郎

日程 2019/04/13(土) ~ 2019/06/26(水)
開催時間:07:30~22:00
開催場所 札幌市大通地下ギャラリー500m美術館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 葛西由香展「201号室、傍らの些事」

北海道文化財団アートスペース企画展Vol.39
葛西由香展「201号室、傍らの些事」開催中です。

皆さまのお越しをお待ちしております。

※都合により臨時休館する場合があります。

日程 2019/03/18(月) ~ 2019/06/28(金)
開催時間:09:00~17:00
※土日祝休館

開催場所

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ