大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

平日

51 ~ 60件/402件を表示

美術・工芸 ESQUISSE GALLERY Vol.214 ポンのり子陶板展 夢あそぶ エニグマティコ

エニグマティコの助けなくして、私の制作は難しい。
指先に宿る神秘の力で、命を吹き込まれた作品たちです。

エニグマティコ──魑魅魍魎の世界へようこそ‼

エニグマティコ(enigmatic)とは「神秘的な」「謎めいた」「摩訶不思議な」ものを形容する言葉ですが、メヒコ(Mexico)では「常識がくつがえされ、心底ゆさぶられるようなショッキングな現象」を表します。私の作品づくりもエニグマティコの助けなくしては難しい……。指先に宿る神秘の力で命を吹き込まれた作品たちをご覧ください。(ポンのり子)

「ポンのり子の陶芸観を確かなものとしたのがメキシコとの出会いだった。
 彼女にとって作品とは、妖怪どもや魑魅魍魎にけしかけられ、せかされ、止むにやまれず創りあげていく、いや、創らされるのだ。異界とシンクロナイズする中でしか彼女の作品は光を放たない。
 彼女にとって「癒し」は、ミステカ族の先祖が送る風やサボテカ族の守護神など、メキシコの自然に宿る神々や精霊、妖怪たちからもたらされる。彼女にとって創作とは、霊界とコミュニケートし、聖なるものを現出させる巫女的行為なのだ。」
園部真幸「聖なるもの・癒し」より
(ポンのり子 土の旅──闇・泥沼・光』 江別市セラミックアートセンター 2000)


企画 かりん舎(TEL. 011-816-1901 URL. http://kwarinsha.cart.fc2.com)

【展示内容】
何度も絵の具をのせ直し、焼き直して完成させたもの、鉄を練り込んだ生地をスライスして焼き、奇跡的にあらわれた模様に筆をのせてさらに焼いたものなど、陶板・陶彫による「小さな壁画」を展示販売します。



☆会期中のイベント☆
6月21日夏至の日に「ポンのり子陶板展 夢あそぶ エニグマティコ」ワールドに合わせ、つぼいけいこさん主催の『今日という日は贈りもの』を、ギタリスト三谷良典さんをゲストに迎え、さっぽろキャンドルナイト特別企画でお贈り致します。

6.21(木・夏至) さっぽろキャンドルナイト特別企画
『今日という日は贈りもの』~朗読とギターのゆうべ~

[朗読]つぼいけいこ [ギター]三谷良典
[内容]メキシコ・ミステカ族のお話(竹田 鎮三郎さく・え)ほか
◎20:00~21:00(開場19:30~) ※17:30~19:30までは準備の為一時入店不可
◎要予約 ※ご予約は店頭またはお電話にて前日まで(SNS不可)
◎1ドリンク付 1,500円(税込) 



◯作家プロフィール

ポン のり子 (鈴木のり子) 陶芸家

1944年、室蘭市生まれ。
愛知県瀬戸市の美夜之窯に入門し作陶を学ぶ。30歳で壁画の国メキシコに渡り、エスメラルダ美術大学に留学。インディオの生活に惹かれてオアハカ州に移住し、現地の大学で焼き物を教えながら10年ほど生活。1985年に帰国後、沖縄県石垣市や北海道夕張市、十勝清水町などに窯を開き、各地の公共施設などの陶壁を製作、道内ではNHK室蘭放送局1階ロビーの陶壁画をはじめ、帯広市立図書館、さわいクリニック(帯広市)、鹿追町老人保健施などの陶壁を手掛けたほか、近年は社会福祉施設での陶芸セラピーにも携わる。


《略歴》
1944年 室蘭市に生まれる
1969年 美夜之窯(愛知県瀬戸市)加藤元男氏に師事
1974年 メキシコ・エスメラルダ美術大学に留学
1977年 メキシコ・オアハカ州インディオの村に移住
1980年 ベニト・ファーレス州立大学で焼きもの担当教授
1985年 メキシコ大地震により帰国
1986年 沖縄県石垣市に「やえやま美夜之窯」開設
1990年 著書『貝柴の海へ−メヒコ・オアハカ・風の色−』出版(古瀬戸出版)
1991年 NHK番組「志摩・メヒコ・貝柴幻想」出演
1993年 夕張市に「ゆーぱろ美夜之窯」開設
1998年 十勝清水町に「ポン美夜之窯」開設
  NHK-BS番組「メキシコ・生命の色に魅せられて」出演

《作陶歴・展示会等》
1978年 名古屋市丸栄スカイル「太陽と子供」(陶壁)
1982年 名古屋市NTT東海ビル「月、太陽、人(未来へ送るファンタジー)」(陶壁)
1987年 沖縄県石垣市まきら幼稚園「夢の中のやえやま」(陶壁画)
1988年 沖縄県石垣市新川小学校「海の子ら」「八重山賛歌」(陶壁)
1989年 沖縄県石垣市港湾ターミナル「未来への旅立ち・太陽」(陶壁)
1990年 沖縄県石垣市港湾ターミナル「母なる八重山へ・月」(陶壁)
     沖縄県石垣市立図書館「やえやま豊かな恵み」(陶壁)
名古屋市「幻の貝紫染織展」朝日新聞社主催
  名古屋市珈琲店長靴と猫「ゆめみるものたちトロイメライ」(陶壁)
1993年 室蘭市NHK室蘭プラザミュー「Feel the earh 土にふれて!みて!聞いて!」(陶壁画)
1995年 室蘭市NHK室蘭「貝紫染織とメキシコインディオの世界展
  夕張市ファミリースクールひまわり「太陽のほほえみ」(モニュメント)
夕張市ユーパロの湯「ユーパロの妖精たち」
夕張市ゆうばり国際映画祭トロフィーと記念品「マードレ」制作
江別市セラミックアートセンター「森の音楽隊」(陶彫)
1999年 十勝清水町フロイデ温泉「妖精のささやき」(陶壁)
     十勝清水町旭山学園門「虹の妖精たち」(陶壁)
     十勝清水町南歯科医院「マードレ」(陶彫)・「はっぴぃ」(陶壁)
帯広市イノタニ造園「マードレ」(陶壁)
沖縄県石垣市バンナ公園展望台「キジムナー」(陶柱)
2000年 メキシコシティTAO病院「マードレ」(陶壁)
トールカ市MOA美術学校「エスペランサ」(陶壁)
個展「ポンのり子土の旅−闇・泥沼・光−」江別セラミックアートセンター
2001年 夕張市美術館「鈴木のり子陶芸展
2003年 メキシコシティ・レストランだるま「だるまの樹」(モニュメント)
2004年 音更町温泉ホテル鳳乃舞の大浴場に作品設置(陶彫・陶壁画・陶柱)
     鹿追町老健施設もみじの里(陶壁画) 
2005年 帯広図書館「北のマードレ」(陶壁)
2006年 十勝清水町轟王国「人魚像」(陶彫)
2007年 帯広市さわいクリニック「なおすちから いやす心 なおるきもち」(陶壁画)
2011年 沖縄県石垣市大浜工房「命どう宝」(陶壁画)
2011年 伊達市で講演会「心やさしい妖怪たちに助けられて~障害者・高齢者の再生~」
2012年 帯広市さわいクリニックに照明オブジェ7点を設置(陶彫)
     十勝清水町「ポンのり子土の旅展」
2014年 十勝清水町老人ホームせせらぎ荘「ばんざぁい生命(いのち)」(陶壁画)

日程 2018/06/07(木) ~ 2018/07/03(火)
開催時間:12:00~24:00
※水曜定休、6/12臨時休業
※日祝は21:00まで
開催場所 CAFE ESQUISSE

続きを読む

その他 ラボラトリーハコ 森の時間 SNOW HOKKAIDO 竹あかり

実験室のようなお店で静かに優しい時間とともに過ごす竹あかり。
ほんとものづくりなど自分との向き合いを楽しむ短い初夏を竹あかりの灯りでスローな時間を。

日程 2018/06/01(金) ~ 2018/07/07(土)
開催時間:12:00~18:00
※第2・第4水曜日と日曜日はお休み
※定員なし
開催場所 laboratory haco

続きを読む

その他 本物のお花で作るハーバリウム

只今、大人気のハーバリウム(植物標本)の手づくり教室です。
キャンドルライトに美しく浮かびあがります。
*材料準備の都合があります。なるべく前日までのご予約をお願いします。
予約なしでのご来店の場合、ご用意できない場合がございます。

※詳細は直接お問合せ下さい。

日程 2018/06/07(木) ~ 2018/07/07(土)
開催時間:19:00~20:00
※ただし、店休日(毎週月曜日)を除く
開催場所

続きを読む

その他 【百合が原緑のセンター】貴婦人のイヤリング展

百合が原公園では、季節に合わせて、植物や園芸をより楽しむための様々な催しを開催しています。
今回は「貴婦人のイヤリング」と題して多彩な花色と花形のフクシアコレクションの展示を行います。
皆さまのお越しをお待ちしています。

日程 2018/06/19(火) ~ 2018/07/16(月)
開催時間:08:45~17:15
※月曜休館(祝日の場合は翌平日)
開催場所 札幌百合が原公園

続きを読む

書道・文学・写真 【えほん図書館】おはなし会/5歳以上対象

えほん図書館では、子どもの年齢に合わせた絵本や遊びを取り入れた「おはなし会」を定期的に開催します。

※対象年齢に合った絵本を読み聞かせますが、子どもの成長は一人ひとり異なります。お子さまとは異なる対象年齢の曜日でも楽しめることがありますのでぜひご参加ください。

日程 2018/03/31(土)
開始14:00

2018/04/28(土)
開始14:00

2018/05/26(土)
開始14:00

2018/06/30(土)
開始14:00

2018/07/28(土)
開始14:00
開催場所 札幌市えほん図書館

続きを読む

書道・文学・写真 第15期特別記念展 日下部鳴鶴と門流展

明治の三筆の一人で近代書道の父、日下部鳴鶴とその門流八名の多彩な作品四七点を展覧します。
小原道城の書画展・拓本店、筆筒・水滴コレクションも展覧します。
ご一覧を。

日程 2018/04/06(金) ~ 2018/07/31(火)
開催時間:10:00~17:00
※月曜休館
開催場所 小原道城書道美術館

続きを読む

その他 札幌市内銭湯×森の時間 SNOW HOKKAIDO 竹あかり

日本の文化でもある銭湯に入りながら、優しく灯る竹あかりを見て、一日の疲れを取り、スローな夜をお過ごしください。銭湯×竹あかり。日本の心を札幌へ。

日程 2018/06/01(金) ~ 2018/07/31(火)
開催時間:15:00~24:00
開催場所 札幌市内各所

続きを読む

美術・工芸 【北海道近代美術館】美術講座〈全10回〉

美術文化に関する知識と教養の向上を図ると共に、北海道立近代美術館及び北海道立三岸好太郎美術館の所蔵品についての理解を深め、併せて両美術館の事業活動に協力するボランティアの養成を行います。

【美術講座】楽しい西洋近代美術入門    (全10回)

講師: 近代美術館の学芸員、道内美術館の学芸員

【お申込】
往復ハガキの「往信」に受講希望と書き、氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号・年齢・性別 を記入し、「返信」に郵便番号・住所・氏名 をお書きください。(往復ハガキ以外の申し込みは受付けません。)
【宛先・お問合せ先】〒060-0003 
     札幌市中央区北3条西18丁目新田ビル2F 
     アルテピア 一般社団法人 北海道美術館協力会 事務局
電話: 011-644-4025
HP: http://www.artepia.or.jp
E-mail: artepia@artepia.or.jp

※募集期間はアルテピア 一般社団法人 北海道美術館協力会 事務局にお問合せ下さい。

日程 2018/05/24(木) ~ 2018/08/09(木)
開催時間:10:00~11:30
開催日: 5/24〜8/9までの毎週木曜日開催〈全10回〉
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

その他 <申込受付> 「自分の世界を発現する」連続講座

あの時こうすると決めたことを、このまま続けてもいいのだろうか。そうすることは、今の私の望みなのだろうか。

・具体的に悩みや困りごとがあるわけではないのに、気がつくと頭や心の中が雑然としていて選択や決断に時間がかかる。決断してもこれでよかったのかと迷いや不安が残る

・過去の後悔や失敗。未来への不安等、今どうしようもないことを考えてしまう

・自分のことは自分で決めたいと思っているのに気がつくと他人のことを気にしている

現実にもまれ、経験を積み、人間関係が生まれ、自己認識が形成される。生きているというだけで、人にはとても自然に、「自分」に影響を及ぼす何かが積もります。過去、良かれと思い下した決断が、今の自分にはフィットしていないことに気がつくこともあります。

とはいえ、目まぐるしい日常を前に足を止め、自分の事を考える時間を持つのはなかなかに難しい。自分を後回しにすればするほど、他者に寛容である事が難しくなり、関係の変化に気がついていても、手を打つ時間も余裕もない…。

忙しいからこそ、やりたいことがあるからこそ、大切な人を大切にしたいからこそ、自分の声に耳を傾け、「今自分は自分のために何ができそうか?」をくみ取ってあげることが必ずあなたの助けになります。『そろそろ、人の期待や役割に応えるのは終わりにしてもいいのかな…』、『自分の声を聴いてみたい』という方、お越しになりませんか?

受付期間 2018/05/14(月) ~ 2018/10/18(木)
日程 2018/06/09(土)
開催時間:13:30~16:30
第1回:(自分)これまでを精査し、これからを創作する

2018/06/30(土)
開催時間:13:30~16:30
第2回:(選択)現象の連鎖に気づく力、活かす力を高める

2018/07/12(木)
開催時間:19:30~22:30
第3回:(調和)自他の現状を認識し、調整する力を着ける

2018/07/28(土)
開催時間:13:30~16:30
第4回:(自己表現)「自分」を整える

2018/08/09(木)
開催時間:19:30~22:30
第5回:(繋がり)「環境」を整える
開催場所 TKP札幌ビジネスセンター

続きを読む

その他 展覧会「石狩川流域の縄文文化」

日本中にある「縄文文化」ですが、地域によって様々な特色があります。北海道の母なる川、「石狩川」の流域では、どのような縄文遺跡が営まれていたのでしょうか。今回の展示では、石狩川の源流部である大雪山で発見された山頂遺跡のお話から、上流域・中流域・河口域で営まれた縄文遺跡とその出土遺物を写真と解説パネルでご紹介します。

日程 2018/05/28(月) ~ 2018/08/10(金)
*開館時間:【平日】9:30~16:30【土曜】9:30~13:00
*日曜、祝日は休館日です。
*6/24(日)は学校祭に伴い臨時開館し、翌25(月)は休館いたします。
*縄文世界遺産研究室が不在の場合、見学時には電気の点灯・消灯をお願いします。

開催場所 札幌国際大学

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ