大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

美術・工芸

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

41 ~ 50件/165件を表示

美術・工芸 金属工芸家・彫刻家 藤沢レオ テーブル展示

金属工芸家・彫刻家  藤沢レオ(苫小牧在中)

藤沢レオさんに、ildonoオリジナルのテーブルを制作して頂きました。
脚は金属を手で一つ一つ丁寧に叩き、天板はクルミの木をフィンガージョイントで剥ぎオイルで仕上げ経年変化を楽しめるようになっています。
脚の先は見た目も可愛い床にも優しい桂の木ゲタをはいています。
「ゆがむ家具」を目指す藤沢さんによると
「机や椅子などの家具は、天板を置いたり座ったりすることで荷重がかかった状態が完成形。ゆがむ家具は、荷重のかかり具合によってやわらかく床にフィットする」。
頑丈さを極めるのでなく、あえてやわらかさを求める。
鉄という素材の強度と性質をよく知る藤沢さんだからこそ成しえたテーブルです。

日程 2018/04/14(土) ~ 2018/04/30(月)
開催時間:11:00~18:00
※火曜定休、4/25休み
開催場所 イルドーノ札幌

続きを読む

美術・工芸 髙田稔個展

「髙田稔個展」を開催します。
皆様のお越しをお待ちしております。

日程 2018/04/17(火) ~ 2018/04/30(月)
開催時間:09:00~19:00
※月曜休館
※最終日は18:00まで
開催場所 札幌市資料館

続きを読む

美術・工芸 おおば比呂司 癒しの世界展

 札幌出身の漫画家・画家おおば比呂司は、「広報ほっかいどう」の表紙絵などを通じ、その温かくほのぼのとしたユニークな画風で多くの人に愛されました。
 札幌市資料館内の「おおば比呂司記念室」には、多くの市民や観光客が訪れ、没後30年を迎える今も人々の心をほっこりと和ませています。
 今回は、その中から、故郷・北海道への深い愛情や、子供たちへ向けられた穏やかで優しい目線を感じるこ とのできる作品をパネルや当館の所蔵資料でご紹介します。「広報ほっかいどう」原紙や現在入手困難な著書、画集など、図書館ならではの資料も展示いたします。

みなさん、ぜひごゆっくりとご覧ください。

日程 2018/04/01(日) ~ 2018/05/08(火)
休館日:4/11,4/25

平日:9:15~20:00 
土日祝:9:15~17:00
開催場所 http://www.city.sapporo.jp/toshokan/

続きを読む

美術・工芸 0さいからのげいじゅつのもり「花ふるカラー」

「0さいからのげいじゅつのもり」は、小さなお子さんはもちろん、
お父さんやお母さんもいっしょに楽しむことのできる札幌芸術の森のシリーズ
展覧会です。手先や全身をつかった遊びコーナーとアートに親しむ鑑賞コーナーで
構成されます。5回目となるこんかいは、「花」と「色」がテーマです。

日程 2018/03/03(土) ~ 2018/05/13(日)
開催時間:09:45~17:00
※月曜休館(4/30、5/7は開館)


開催場所 札幌芸術の森

続きを読む

美術・工芸 北の生活デザイン展 2018 ~あったら便利なアイデアグッズ~

KOGE! LIFE! DESIGN! HOKKAIDO! 2018
北海道内で活動している若手・中堅工芸作家の作品を紹介する新作提案展の第2弾。テーマは昨年につづき「あったら便利なアイデアグッズ」です。
若い世代ならではの新鮮なアイデアや、作家の新しい一面を紹介します。
観て、使って、おどろきやひらめきを感じる作品を探しにきませんか。

日程 2018/04/21(土) ~ 2018/05/13(日)
開催時間:09:30~17:00
※月曜(4/30を除く)、5/1、5/8休館

※最終入場は16:30まで
開催場所 江別市セラミックアートセンター

続きを読む

美術・工芸 【JRタワー・ARTBOX】SATOH Ayumi ここにしかみえない

私は植物たちの様子を想像し切り取り、
ガラスの中に入れて覗いてみる。
雪の下ではどんなドラマが起きているのだろうか?
ここで生きていく植物たちの根と芽は、
冬の間、雪の下で春を待ち力づよく息をし、
複雑に伸びた根は意図的にくっつき、絡み合う。
根とは違い、葉は春に向けた青空に向けてまっすぐに上をみる。
雪どけを待つ気持ちを作品にしました。

工芸作家:佐藤あゆみ
■略歴
1986年 札幌市生まれ
2008年 北海道教育大学札幌校 芸術文化課程美術コース木材造形研究室 卒業
2010年 北海道教育大学大学院 教育学研究科教科教育専攻 美術教育専修(金属工芸)終了
2013年 デザイン会社退職/(札幌)、2009年から共同の工房、アトリエBeehive/(札幌)で制作
2013年 第88回 北海道美術協会展 協会賞
2014年 第89回 北海道美術協会展 新会友
2014年 [Sprouting-Garden-萌ゆる森]/関口雄揮記念美術館
2014年 [薄明光線]個展/六花亭福住店
2014年 [木と鉄のしごと]二人展/東京galleria-ACCa
2015年 第90回 北海道美術協会展 会友賞
2017年 第92回 北海道美術協会展 新会員

日程 2018/03/01(木) ~ 2018/05/31(木)
開催時間:08:00~22:00
※最終日は20:00まで
開催場所 JRタワー東コンコース

続きを読む

美術・工芸 相川みつぐ個展 UNBEATEN-odoriW5

昨年、札幌国際芸術祭2017 ゲストハウスxギャラリープロジェクト『アートは旅の入り口』で製作した壁画、『UNBEATEN-N18W5-』の続編。
今ほど開発されていなかった時代の北海道をイメージした作品。

日程 2018/03/07(水) ~ 2018/06/08(金)
開催時間:09:00~17:00
※土日祝休館、臨時休館する場合あり
開催場所

続きを読む

美術・工芸 「リサ・ラーソン展 〜スウェーデンのすてきな芸術一家〜」

【こんなリサ・ラーソン知らなかった!人気陶芸家の知られざる傑作約190点が集結!】
リサ・ラーソンは、23歳という若さで国内の陶磁器メーカー・グスタフスベリ社に迎えられ、26年間の在籍中に約320種類もの作品を制作し、スウェーデンを代表する陶芸家となりました。その後はフリーデザイナーとして海外でも活躍し、80歳を過ぎた今も創作を続けています。コケティッシュな動物や素朴で温かみのある表情豊かな作品は、本国スウェーデンのみならず日本をはじめ世界中に多くのファンがいます。
本展は、2016年にロェースカ美術工芸博物館(スウェーデン・ヨーテボリ)で開催された「リサ・ラーソンの作陶60年」展の出品作品をベースに、初期から近年に至る代表作をテーマ別に展示します。さらにご本人が所蔵するユニークピースや、初展示となる画家・アーティストの夫グンナル・ラーソンの特別展示、長女ヨハンナ・ラーソンによるニット作品も含め約190点の作品を通し、すてきな芸術一家の全貌を紹介します。

【北海道内最大規模!リサ・ラーソンSHOP】
素敵な陶器が、スウェーデンから届きます!展覧会限定陶器も販売。
公式グッズや新作アイテムも大集合!
※ショップへの入店は観覧料が必要になります。

【札幌芸術の森美術館限定!展覧会連動ワークショップ】
陶芸や七宝ブローチ、手ぬぐいなどの展覧会連動ワークショップを開催予定!
芸術の森園内にある「クラフト工房」「版画工房」「佐藤忠良記念子どもアトリエ」各所をまわって、いろんなものづくりで楽しもう!
詳細は、決まり次第ホームページに掲載いたします。お楽しみに!

■前売券発売期間:2018年1月24日(水)〜3月31日(土)
前売券販売場所:道新プレイガイド、ローソンチケット(Lコード:11513)、チケットぴあ(Pコード:991−430)、セブンチケット(店内マルチコピー機)、大丸プレイガイド(大丸藤井セントラル内)、札幌市民ギャラリー、札幌芸術の森

是非皆さまのご来場をお待ちしています!

日程 2018/04/01(日) ~ 2018/06/10(日)
開催時間:09:45~17:00
※4/2、4/9、4/16、4/23は休館日です。
※6月中は、17時30分までとなっています。
開催場所 札幌芸術の森美術館

続きを読む

美術・工芸 【佐藤忠良記念子どもアトリエ】ねんどにお絵かき!

ねんどでハリネズミを3匹つくります。かたちができたら、カラフルペンで顔やもようを自由に描いて完成させよう!

【講師】佐藤忠良記念子どもアトリエスタッフ
【対象】5歳以上(小学3年生以下は親子で参加)
【定員】各回5名
【料金】800円(材料費込み)
【受付】3月21日(水・祝)より受付開始

日程 2018/04/07(土) ~ 2018/06/10(日)
※要申込、定員5名/回、4/26、5/24、28~6/1は別イベント開催のためお休み
①10:30〜12:00 ②13:30〜15:00
開催場所 札幌芸術の森 佐藤忠良記念子どもアトリエ

続きを読む

美術・工芸 関口雄輝記念美術館所蔵作品展 日本画家 関口雄輝展IV

日本画家 関口雄輝展IVを開催いたします。
皆さまのご来場をお待ちしております。
■第1展示室:関口雄輝展IV
■第2展示室:陶土シリーズ

日程 2018/02/28(水) ~ 2018/06/17(日)
■冬期開館時間/〜3/31:10:00〜16:30
■夏季開館時間/4/1〜:10:00〜17:00
※入場は閉館の30分前まで
※休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合開館、翌平日休館
開催場所 関口雄揮記念美術館

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ