大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

美術・工芸

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

31 ~ 40件/149件を表示

美術・工芸 天使のディアレクティック -Dialectique de l'ange-

写真家吉田肇× 画家モリケンイチ
札幌を拠点とする二人のアーティストによる写真と絵画の錯綜空間

Dialectique de l'ange 天使のディアレクティック


相反する二つの世界を繋ぐ翼
天使のディアレクティック(弁証法)が
異なる二つの領域を交差させ、
新たな高み「ジンテーゼ」へと誘う

同一テーマ、同一モデルという接点において
絵画と写真という異なる領域を交差させる

日程 2018/06/20(水) ~ 2018/07/01(日)
開催時間:10:00~18:00
※月火定休
※最終日は16:00まで
開催場所 茶廊法邑

続きを読む

美術・工芸 ESQUISSE GALLERY Vol.214 ポンのり子陶板展 夢あそぶ エニグマティコ

エニグマティコの助けなくして、私の制作は難しい。
指先に宿る神秘の力で、命を吹き込まれた作品たちです。

エニグマティコ──魑魅魍魎の世界へようこそ‼

エニグマティコ(enigmatic)とは「神秘的な」「謎めいた」「摩訶不思議な」ものを形容する言葉ですが、メヒコ(Mexico)では「常識がくつがえされ、心底ゆさぶられるようなショッキングな現象」を表します。私の作品づくりもエニグマティコの助けなくしては難しい……。指先に宿る神秘の力で命を吹き込まれた作品たちをご覧ください。(ポンのり子)

「ポンのり子の陶芸観を確かなものとしたのがメキシコとの出会いだった。
 彼女にとって作品とは、妖怪どもや魑魅魍魎にけしかけられ、せかされ、止むにやまれず創りあげていく、いや、創らされるのだ。異界とシンクロナイズする中でしか彼女の作品は光を放たない。
 彼女にとって「癒し」は、ミステカ族の先祖が送る風やサボテカ族の守護神など、メキシコの自然に宿る神々や精霊、妖怪たちからもたらされる。彼女にとって創作とは、霊界とコミュニケートし、聖なるものを現出させる巫女的行為なのだ。」
園部真幸「聖なるもの・癒し」より
(ポンのり子 土の旅──闇・泥沼・光』 江別市セラミックアートセンター 2000)


企画 かりん舎(TEL. 011-816-1901 URL. http://kwarinsha.cart.fc2.com)

【展示内容】
何度も絵の具をのせ直し、焼き直して完成させたもの、鉄を練り込んだ生地をスライスして焼き、奇跡的にあらわれた模様に筆をのせてさらに焼いたものなど、陶板・陶彫による「小さな壁画」を展示販売します。



☆会期中のイベント☆
6月21日夏至の日に「ポンのり子陶板展 夢あそぶ エニグマティコ」ワールドに合わせ、つぼいけいこさん主催の『今日という日は贈りもの』を、ギタリスト三谷良典さんをゲストに迎え、さっぽろキャンドルナイト特別企画でお贈り致します。

6.21(木・夏至) さっぽろキャンドルナイト特別企画
『今日という日は贈りもの』~朗読とギターのゆうべ~

[朗読]つぼいけいこ [ギター]三谷良典
[内容]メキシコ・ミステカ族のお話(竹田 鎮三郎さく・え)ほか
◎20:00~21:00(開場19:30~) ※17:30~19:30までは準備の為一時入店不可
◎要予約 ※ご予約は店頭またはお電話にて前日まで(SNS不可)
◎1ドリンク付 1,500円(税込) 



◯作家プロフィール

ポン のり子 (鈴木のり子) 陶芸家

1944年、室蘭市生まれ。
愛知県瀬戸市の美夜之窯に入門し作陶を学ぶ。30歳で壁画の国メキシコに渡り、エスメラルダ美術大学に留学。インディオの生活に惹かれてオアハカ州に移住し、現地の大学で焼き物を教えながら10年ほど生活。1985年に帰国後、沖縄県石垣市や北海道夕張市、十勝清水町などに窯を開き、各地の公共施設などの陶壁を製作、道内ではNHK室蘭放送局1階ロビーの陶壁画をはじめ、帯広市立図書館、さわいクリニック(帯広市)、鹿追町老人保健施などの陶壁を手掛けたほか、近年は社会福祉施設での陶芸セラピーにも携わる。


《略歴》
1944年 室蘭市に生まれる
1969年 美夜之窯(愛知県瀬戸市)加藤元男氏に師事
1974年 メキシコ・エスメラルダ美術大学に留学
1977年 メキシコ・オアハカ州インディオの村に移住
1980年 ベニト・ファーレス州立大学で焼きもの担当教授
1985年 メキシコ大地震により帰国
1986年 沖縄県石垣市に「やえやま美夜之窯」開設
1990年 著書『貝柴の海へ−メヒコ・オアハカ・風の色−』出版(古瀬戸出版)
1991年 NHK番組「志摩・メヒコ・貝柴幻想」出演
1993年 夕張市に「ゆーぱろ美夜之窯」開設
1998年 十勝清水町に「ポン美夜之窯」開設
  NHK-BS番組「メキシコ・生命の色に魅せられて」出演

《作陶歴・展示会等》
1978年 名古屋市丸栄スカイル「太陽と子供」(陶壁)
1982年 名古屋市NTT東海ビル「月、太陽、人(未来へ送るファンタジー)」(陶壁)
1987年 沖縄県石垣市まきら幼稚園「夢の中のやえやま」(陶壁画)
1988年 沖縄県石垣市新川小学校「海の子ら」「八重山賛歌」(陶壁)
1989年 沖縄県石垣市港湾ターミナル「未来への旅立ち・太陽」(陶壁)
1990年 沖縄県石垣市港湾ターミナル「母なる八重山へ・月」(陶壁)
     沖縄県石垣市立図書館「やえやま豊かな恵み」(陶壁)
名古屋市「幻の貝紫染織展」朝日新聞社主催
  名古屋市珈琲店長靴と猫「ゆめみるものたちトロイメライ」(陶壁)
1993年 室蘭市NHK室蘭プラザミュー「Feel the earh 土にふれて!みて!聞いて!」(陶壁画)
1995年 室蘭市NHK室蘭「貝紫染織とメキシコインディオの世界展
  夕張市ファミリースクールひまわり「太陽のほほえみ」(モニュメント)
夕張市ユーパロの湯「ユーパロの妖精たち」
夕張市ゆうばり国際映画祭トロフィーと記念品「マードレ」制作
江別市セラミックアートセンター「森の音楽隊」(陶彫)
1999年 十勝清水町フロイデ温泉「妖精のささやき」(陶壁)
     十勝清水町旭山学園門「虹の妖精たち」(陶壁)
     十勝清水町南歯科医院「マードレ」(陶彫)・「はっぴぃ」(陶壁)
帯広市イノタニ造園「マードレ」(陶壁)
沖縄県石垣市バンナ公園展望台「キジムナー」(陶柱)
2000年 メキシコシティTAO病院「マードレ」(陶壁)
トールカ市MOA美術学校「エスペランサ」(陶壁)
個展「ポンのり子土の旅−闇・泥沼・光−」江別セラミックアートセンター
2001年 夕張市美術館「鈴木のり子陶芸展
2003年 メキシコシティ・レストランだるま「だるまの樹」(モニュメント)
2004年 音更町温泉ホテル鳳乃舞の大浴場に作品設置(陶彫・陶壁画・陶柱)
     鹿追町老健施設もみじの里(陶壁画) 
2005年 帯広図書館「北のマードレ」(陶壁)
2006年 十勝清水町轟王国「人魚像」(陶彫)
2007年 帯広市さわいクリニック「なおすちから いやす心 なおるきもち」(陶壁画)
2011年 沖縄県石垣市大浜工房「命どう宝」(陶壁画)
2011年 伊達市で講演会「心やさしい妖怪たちに助けられて~障害者・高齢者の再生~」
2012年 帯広市さわいクリニックに照明オブジェ7点を設置(陶彫)
     十勝清水町「ポンのり子土の旅展」
2014年 十勝清水町老人ホームせせらぎ荘「ばんざぁい生命(いのち)」(陶壁画)

日程 2018/06/07(木) ~ 2018/07/03(火)
開催時間:12:00~24:00
※水曜定休、6/12臨時休業
※日祝は21:00まで
開催場所 CAFE ESQUISSE

続きを読む

美術・工芸 【芸術の森】「陶芸~新世代の技とかたち」展

若手の陶芸家は、形態と極度に洗練されたり伝統的技法の新たな援用をみせるもの、なた過剰ともいえる装飾を取り入れたり、それとは逆に素材の物質性を強調するもおなど、用の美を堪えながらも、それを超えた多彩な表現が生まれています。その胎動は近年になって、北海道においても顕著といえるでしょう。本展は、現在注目される道内外の気鋭の若手陶芸家たち17作家の土と炎による新だな試みに焦点をあて、現代陶芸の魅力を探りながら、これからの陶芸の未来を展望します。

日程 2018/05/26(土) ~ 2018/07/16(月)
開催時間:09:45~17:00
※6月以後は17:30まで
開催場所 札幌芸術の森

続きを読む

美術・工芸 芸森アートマーケット2018

今から31年前、札幌市が誇る総合芸術空間として誕生した「札幌芸術の森」を会場に、そこに集うアマチュアアーティストの方々が心をこめて大切に作った作品を、展示・販売できる“チャンスを創造しよう!”という思いからイベントタイトルに初めて「アートマーケット」という言葉をつけてスタートした、手作り作品のマーケットイベントです。
アクセサリー・イラスト・陶芸・木工・絵画・クラフト・手芸・キャンドル・盆栽・オーガニック・オリジナルキャラクターアイテムなど様々な“1点モノ”が大集結します。

日程 2018/04/29(日)
開催時間:10:00~16:00
屋内 アートホール(アリーナ)

2018/06/10(日)
開催時間:10:00~16:00
屋外 美術館前広場/工芸館前広場※雨天中止

2018/07/15(日)
屋外 美術館前広場/工芸館前広場※雨天中止

2018/07/28(土)
開催時間:10:00~16:00
屋外 美術館前広場/工芸館前広場※雨天中止
開催場所 札幌芸術の森

続きを読む

美術・工芸 <申込受付> 「宇宙の日」作文・絵画コンテスト作品募集!

9月12日の「宇宙の日」にちなんで、作文と絵画を募集します。
テーマに沿った内容で、作文・絵画をお送りください。

チラシのダウンロードは
http://www.ssc.slp.or.jp/wp-content/uploads/2018/05/leaf_20180426.pdf
(科学館でも募集パンフレットを配布しております。)

2018年のテーマは「太陽系探査隊」
あなたも太陽系探査隊の一員として、太陽系の星を調べに行くことになりました。
月や火星、土星を近くで観測しますか?
それとも、「はやぶさ2」とともにリュウグウに行きますか?

受付期間 2018/06/01(金) ~ 2018/07/31(火)
日程 2018/06/01(金) ~ 2018/07/31(火)
開催場所 札幌市青少年科学館

続きを読む

美術・工芸 イラストレーションパレード展2018

イラストレーター達によるバライティ豊かな作品のパレード!
全作品、お求め安い価格でご購入いただけます。お気にいりをおてもんとに。
ご来展下さい。お待ちしております。

日程 2018/06/01(金) ~ 2018/06/30(土)
開催時間:07:00~19:00
Part-1
※最終日は16:00まで

2018/07/01(日) ~ 2018/07/31(火)
開催時間:07:00~19:00
Part-2
※最終日は16:00まで
開催場所 ジャスマックギャラリー

続きを読む

美術・工芸 【北海道近代美術館】美術講座〈全10回〉

美術文化に関する知識と教養の向上を図ると共に、北海道立近代美術館及び北海道立三岸好太郎美術館の所蔵品についての理解を深め、併せて両美術館の事業活動に協力するボランティアの養成を行います。

【美術講座】楽しい西洋近代美術入門    (全10回)

講師: 近代美術館の学芸員、道内美術館の学芸員

【お申込】
往復ハガキの「往信」に受講希望と書き、氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号・年齢・性別 を記入し、「返信」に郵便番号・住所・氏名 をお書きください。(往復ハガキ以外の申し込みは受付けません。)
【宛先・お問合せ先】〒060-0003 
     札幌市中央区北3条西18丁目新田ビル2F 
     アルテピア 一般社団法人 北海道美術館協力会 事務局
電話: 011-644-4025
HP: http://www.artepia.or.jp
E-mail: artepia@artepia.or.jp

※募集期間はアルテピア 一般社団法人 北海道美術館協力会 事務局にお問合せ下さい。

日程 2018/05/24(木) ~ 2018/08/09(木)
開催時間:10:00~11:30
開催日: 5/24〜8/9までの毎週木曜日開催〈全10回〉
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

美術・工芸 JRタワーARTBOX「またはその一瞬」

今年度、第1回目の展示は、澁木智宏「またはその一瞬」です。澁木は、新聞紙やレシート、コンビニのビニール袋や食品のビニールパッケージなど不要物となった材料を羊毛でフェルト化する活動を行っております。誰もが見過ごしてしまう価値のないものに、目を向け、価値を生み出しています。今回は、レシートを羊毛でフェルト化し、日常への”問いかけ”を表現しています。国内外で発表の場を広げている澁木智宏の作品を、ぜひこの機会にご覧ください。

日程 2018/06/01(金) ~ 2018/08/31(金)
開催時間:08:00~22:00
※最終日は20:00まで
開催場所 JRタワー東コンコース

続きを読む

美術・工芸 高野 理栄子 個展 Ame

「高野理栄子個展 Ame」を開催します。
皆様のお越しをお待ちしています。

日程 2018/06/19(火) ~ 2018/08/31(金)
開催時間:09:00~17:00
※土日祝休館
※都合により臨時休館する場合があります。
開催場所

続きを読む

美術・工芸 第28回 全日本アートサロン絵画大賞展〈作品募集〉

「第28回全日本アートサロン絵画大賞展」作品を募集致します。ご応募下さい。

・事前応募申込締切:2018年10月13日(土)必着
※申込に関する詳細は大丸藤井セントラル株式会社へお問合せ下さい。

日程 2018/06/12(火) ~ 2018/10/13(土)
開催場所 大丸藤井セントラル スカイホール

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ