大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

美術・工芸

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

21 ~ 30件/74件を表示

美術・工芸 Chijo Satô Arte : La Luz - ひかり -

佐藤 千穂(さとう・ちほ)は、これまで油彩、水彩、アクリル、顔料等を用いて、ガラスや木、和紙、布といった様々な支持体に、森羅万象や心象風景を描出してきました。しかしながら、屋外空間が中心となる今回の約1ヶ月半の展示は、作家にとって初の試みとなります。佐藤千穂の生み出す淡く澄んだ色彩が、芸術の森の光や空気をいだき、美術館の中庭、渡り廊下、前池にあらわれます。     
【関連事業】
川端ひろ子舞踏集団(川端ひろ子、長久保桂子、千代貴美子、若松由紀枝)による舞踏公演
・日 時
10月14日(土)14:00~
10月15日(日)13:30~
11月11日(土)13:30~
11月12日(日)13:30~
12月 3日(日)13:30~
※公演時間は30分ほどを予定しております。
※全天候決行
・会 場 札幌芸術の森美術館 中庭、渡り廊下、前池デッキ
・観覧料 無料

日程 2017/10/14(土) ~ 2017/12/03(日)
開催時間:09:45~17:00
休館日:11月3日まで無休、11月4日以降は月曜日休館(祝日の場合は開館し、翌日休館)
※入館は16:30まで
開催場所 札幌芸術の森美術館

続きを読む

美術・工芸 津軽の華 こぎん刺し 作品展

数十種類に及ぶこぎん刺しの模様から
図案、デザインを考え、ひと針ずつ刺して
作品を仕上げてゆく。

長く使うことにより風合いが増してゆく
江戸の頃より東北は津軽で愛されている
こぎん刺しは
和服洋服どちらの装いでも幅広く利用できます。

展示場所の広さもあり、限りある数の展示となりますが
目を楽しませること間違いなしです。
ご購入可能な作品もあります。

出会いの縁が皆様と繋がりますように。
入場料や予約来店はございません。
会場となる2階へは階段昇降のみとなっております。

展示会以外のお知らせなどもブログにて公開しております。
http://ikkonnzome034.blog.fc2.com/

ギャラリー愛海詩(えみし)
月曜定休日
営業時間11:30~18:00・木のみ13:00~18:00
(研修のため11/16~11/21及び11/23臨時休業)

日程 2017/11/14(火) ~ 2017/12/03(日)
開催時間:11:30~18:00
研修のため11/16~11/21及び11/23臨時休業です。
月曜は定休日です。
木のみ13:00~18:00
開催場所 工芸ギャラリー愛海詩

続きを読む

美術・工芸 末永正子油彩展

末永正子油彩展「TOKI→季・時シリーズ」を開催致します。ご鑑賞下さい。

日程 2017/11/15(水) ~ 2017/12/03(日)
開催時間:10:00~18:00
休館日: 11/20、21、27、28
最終日16:00まで
開催場所 茶廊法邑

続きを読む

美術・工芸 第3回江別市中学校・高校美術部合同展

市内中学校・高校の美術部員が制作した絵画などの美術作品を展示します。
丁寧に、そして時には大胆に作られた個性あふれる作品をお楽しみください。

日程 2017/11/18(土) ~ 2017/12/03(日)
開催時間:09:30~17:00
※初日は13:30から開会。最終日は15:00終了。

開催場所 江別市セラミックアートセンター

続きを読む

美術・工芸 イメージのロゴス それぞれと諧調

9人の表現者による九つの思考
・建築家ー赤坂真一郎
・写真家ー石崎幹男
・オブジェ作家ー千葉栄
・建築家ー平尾稔幸
・造形デザイナーー平田まどか
・絵画造形家ー福士ユキコ
・建築家ー松崎常世
・造形作家ー吉住ヒロユキ
【シンポジウム】
日時:11月23日(木・祝日)14:00〜16:00
テーマ:「日常にひそむイメージ」
ゲスト:中山眞琴(建築家)
パネリスト:石崎幹男、松崎常世、福士ユキコ
モデレーター:岡倉佐由美

日程 2017/11/18(土) ~ 2017/12/03(日)
開催時間:10:00~19:00
開催場所 プラニスホール

続きを読む

美術・工芸 記憶素子 ―丸山隆と教え子たちー

北海道教育大学札幌校で教壇に立った彫刻家、丸山隆の作品と教え子の作家約20人の作品を展示致します。

第1期(平成29年10月7日(土)〜11月 5日(日)27日間)と第2期(平成29年11月8日(水)〜12月10日(日)29日間)の展示があります。是非、ご覧にお越しください。お待ちしております。

日程 2017/10/07(土) ~ 2017/11/05(日)
開催時間:10:00~17:00
◆第1期
休館日: 月曜日
※入館は16:30まで

2017/11/08(水) ~ 2017/12/10(日)
開催時間:10:00~17:00
◆第2期
休館日: 月曜日
※入館は16:30まで
開催場所 本郷新記念札幌彫刻美術館

続きを読む

美術・工芸 彫美・連続講座 2017 ぶらり,彫刻散歩の休日

彫刻の見かた・楽しみ方を知ることで、芸術鑑賞の幅がぐっと広がります。本郷新記念札幌彫刻美術館”彫美”がお届けする全3回の連続講座です。散歩するように、気軽に彫刻鑑賞をお楽しみください。受講者は、展覧会パスポートで彫刻美術館の展覧会を会期中何度でも観覧いただけます。それぞれの講座で学んだ視点から各展覧会を見ることで、よりいっそう作品の理解が深まります。

◆定員:50名(先着順)
◆申込:2017年8月25日(金)より受付
電話番号:011-642-5709
(電話受付 9:30〜17:00、月曜日休館日・祝日の際は翌火曜日休館)
※3回すべて受講できない場合はご相談ください。

【第1回】〜古きをたずねる〜
ミケランジェロ:聖母子をめぐる500年
日時:2017年9月10日(日)
時間:10:30〜12:00
講師:谷古宇 尚 氏(北海道大学大学院文学研究科 教授)
■イタリアルネサンスの巨匠ミケランジェロは、力強い人体表現に長け、後世の彫刻家たちを惹きつけてきました。今回は、静謐な魅力を湛えたミケランジェロの聖母子像《ピエタ》を出発点に、キリスト教美術の重要な主題のひとつである聖母子像の姿の変容を探ります。
・パスポートで鑑賞できる展覧会:「家族の肖像」展

【第2回】〜新しい彫刻にであう〜
野外彫刻で公園をつくる:造形集団CINQと石山緑地
日時:2017年11月5日(日)
時間:10:30〜12:00
講師:神長 敬 氏 (キタバ・ランドスケープ・プランニング取締役副社長)
■札幌の南に位置する「石山緑地」。彫刻をただ置くのではなく、「彫刻空間」としての公園を創りたいー北海道在住の造形集団”CINQ”(サンク=國松明日香、永野光一、丸山隆、松隈康夫、山谷圭司)の想いが表現されるまでのあれこれを、当時施工に関わったコーディネーター、神長敬氏の視点からふりかえります。
・パスポートで鑑賞できる展覧会:「記憶素子ー丸山隆と教え子たち」展

【第3回】〜異端の彫刻にふれる〜
サルバドール・ダリ:触覚への執念
日時:2017年12月17日(日)
時間:10:30〜12:00
講師:山田のぞみ氏 (本郷新記念札幌彫刻美術館 学芸員)
■溶けた時計、群がる蟻、不思議な生き物…サルバドール・ダリが描いた「シュールな」絵画はあまりにも有名です。一方、彼の彫刻は?異才の芸術家が、彫刻にこめた情熱に迫ります。
・パスポートで鑑賞できる展覧会:「触れる彫刻・手でみるアート」展

日程 2017/09/10(日)
開催時間:10:30~12:00

2017/11/05(日)
開催時間:10:30~12:00

2017/12/17(日)
開催時間:10:30~12:00
開催場所 札幌市教育文化会館

続きを読む

美術・工芸 現れよ。森羅の生命 ―木彫家 藤戸竹喜の世界

本展では、熊や鹿などの俊敏な動きをとらえた初期作から、アイヌ民族の歴史と威厳をモニュメンタルに伝える等身大人物像まで、約70年にわたる創作活動の軌跡をふりかえります。

日程 2017/10/14(土) ~ 2017/12/17(日)
開催時間:09:45~17:00
※11月以降は月曜休館(祝日の場合は翌火曜休館)
開催場所 札幌芸術の森美術館

続きを読む

美術・工芸 油彩・日本画・塗装工芸 3人展 ~秋山久美子・池田さやか・渡辺和弘~

北海道美術協会に所属の3人展です

これから、活躍する3人が三つのスペースに分けて

油彩・日本画・塗装工芸とそれぞれの個性を主張した

展示となっております。

皆さまのご鑑賞お待ちしております。

日程 2017/11/20(月) ~ 2017/12/28(木)
開催時間:11:00~19:30
※土曜は12:00〜17:00
開催場所 喫茶いまぁじゆ

続きを読む

美術・工芸 「500m美術館がみた札幌国際芸術祭2017」

今年、2回目の開催を終えた札幌国際芸術祭2017。札幌市内が国 内外のアーティストの作品やプロジェクトで彩られる祝祭として、2017年8月6日から10月1日までの57日間に渡り開催されました。
この芸術祭は、ゲストディレクターやアーティスト、文化芸術に関わ りのある方々、民間団体、ボランティア、行政関係者が長きにわたり 一丸となって、テーマ・コンセプトや全体の方向性などを視野に入 れながら、試行錯誤を重ね、2年以上の準備期間を経て、2014年 に第1回の開催に結びつけたものです。

札幌国際芸術祭2017連動企画として行われる本展覧会では、ガラ スケース側に、アーティストが描いたスケッチ、プランドローイング、 模型、作品の一部などを展示し、作品完成までの制作過程の一部 を舞台裏から垣間見る企画となっています。

また、ウォール側では、札幌国際芸術祭2017の各会場の作品展示 やプロジェクト、イベントなどを写真で振り返るほか、芸術祭の先駆けとなった「札幌プレビエンナーレ」や札幌国際芸術祭2014のアーカイブ、北海道美術史年表などを展示します。

日程 2017/11/03(金) ~ 2018/01/16(火)
開催時間:07:30~22:00
開催場所 札幌市大通地下ギャラリー500m美術館

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ