大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

美術・工芸

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

1 ~ 10件/105件を表示

美術・工芸 【北都館ギャラリー】谷地元麗子日本画展

谷地元麗子日本画展〜猫道楽を開催します。
皆様のお越しをお待ちしております。

日程 2017/02/22(水)
開催時間:10:00~22:00
※火曜定休
※土~月は19:00まで、最終日は17:00まで
開催場所 北都館ギャラリー

続きを読む

美術・工芸 お洒落心に陽が当たる

<出品者>
今野親子/内山礼子/nukuiro/萩下美知代/長谷川紫津江/ 林英樹/星野直子/間宮和子/Kocari/ 伊藤敷物工房/小島憲二/高橋大益/山下秀樹/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

明けましておめでとうございます。
例年なら早々とAgerの企画展を始めているのですが、今年はのんびり10日からのスタートとなります。前号でAger通信が50号となり、かなりの数の企画展を展開してきたものだと我ながら驚いています。 これまでの約10年間でお付き合い頂いた作家は優に100名を超え、今もお付き合いが続いている作家は50名程いらっしゃいますので、否応なく企画展の数も多くなるという訳です。
実はこれまで企画展をついうっかり見逃してしまった方、どうしても時間が作れなかった方などから「次回こそ行きますので又企画を!」などのリクエストが増えていました。 Agerでご紹介している作家は市内の他のギャラリーでは中々見ることのできない方が多いので、「是非見てみたい!」の皆さんの想いは強いと常々感じていました。
そこでこれからは開催期間は勿論、何を開催しているのかも気にすることなく、これまでご紹介してきました作家の作品を常設でご紹介するというスタイルに変えました。 お好きな作家の作品はこれからいつでもAgerで出会えます。
今年最初の常設展は冬の暖かな装いをメインに器や土鍋、鉄瓶など盛り沢山の展示になります。 装いの提案では欠かせない作り手、今野親子さんからは新作のフードコートやワンピース、ブラウス、パンツなど楽しみなデザインのものが届きます。 今年は素材の布も多様になり益々魅力的な作品が展開されます。 アイルランド在住の内山礼子さんからはフェルトのストールやリュク、ポーチ、スカーフなど。 萩下美知代さんは木の指輪やイヤリング、ペンダントなど。手紡ぎ手編みの長谷川紫津江さん はセーターやカーディガン。パシュミナストールのnukuiroはソズニ刺繍のショールやストールを加え、昨年12月の企画展で好評でした手縫い手袋の星野直子さんのミトンやグローブ、型入れ帽子の間宮和子さんのハットやクロッシュ、革バッグの林英樹さんのリュックやショルダーバッグ、シルクカンタショールのKocariも引き続きご紹介するという豪華な顔ぶれです。 内山さんは初日には作品点数が少ないのですが、1月末には作品が追加されます。そして間宮和子さんからもお洒落な帽子が追加で届きます。 林さんの4タイプのリュックは全てオーダー可能ですのでお好きな色で作ることができます。 今回も星野さんはAgerに在廊してグローブやミトンなどの手袋のオーダーを承ります。前回オーダーしそびれた方は今回に是非。今回は男性用グローブやミトンも承りますので、バレンタインディに喜ばれるプレゼントになるのでは。
又、Agerとは別に2月5日(日)~15日(水)は東急百貨店5階美術画廊に於いて札幌市在住の雛人 形作家、山田祐嗣さんの豆雛展「ちいさなお雛様~私の雛飾り~」を開催します。
刺繍工房 鶴亀による日本刺繍の香袋や飾り物、鎌倉二人工房による葉書や短冊、色紙などの掛 け軸もご紹介します。山田祐嗣さんは会期中は美術画廊に在廊します。
これから常設展スタイルに変わることで作品に対する気持ちが新たになるように思います。 作家が作り出すかけがえのない作品と向き合っていきたいと思います。

日程 2017/01/10(火) ~ 2017/02/25(土)
開催時間:11:00~19:00
※日月定休
※最終日は17:00まで
開催場所 Ager(アゲル)

続きを読む

美術・工芸 ほっこり、春支度。-雑器展-

店主が旅して出会った道内外の作家ものの器、ガラスを紹介させて頂きます。

2/18(金).19(土).24(金).25(土).26(日)の5日間。
13時-19時(最終日17時まで)

場所:space1-15
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレェーヴ307

待ち遠しい春。出会いの季節。
新しい生活の始まりに、作家さんがひとつひとつ想いを込め創り出した作品を選んでみてはいかがでしょうか。

店主が旅して出会った道内外の作家ものの器、ガラスを紹介させて頂きます。

どうぞほっこり癒しの時間をお過ごし下さい。
皆様とお会いできることを楽しみにお待ちしております。

日程 2017/02/18(土) ~ 2017/02/19(日)
開催時間:13:00~19:00

2017/02/24(金) ~ 2017/02/26(日)
開催時間:13:00~19:00
※最終日は17:00まで
開催場所 space1-15

続きを読む

美術・工芸 SAN NEN TEN ~札幌大谷大学芸術学部美術学科メディア表現領域グラフィックデザイン・情報デザイン専攻

3年間デザインを学んできた私たちの作品をぜひご覧ください。
グラフィック専攻では、「夢」と「札幌のお土産」のポスターと立体物。オリジナルの絵本が置いてあります。
情報デザイン専攻では、電子BOOKの展示を行います。
また、物販もやっておりますので、興味のある方はぜひ立ち寄ってみて下さい。
■札幌大谷大学芸術学部美術学科メディア表現領域 グラフィック専攻19名・情報デザイン専攻3名■

日程 2017/02/21(火) ~ 2017/02/26(日)
開催時間:10:00~19:00
最終日は17:00まで
開催場所 http://www.esse.co.jp/gallery/index.html

続きを読む

美術・工芸 冬展2017 vol.13

アートマンギャラリーで年4回開催さている展覧会の冬展です。
参加作家:しゃる缶/ かえる/ みよしあやな/ ゴトウマキエ

------------------------------------------------------------
アートの表現方法の重要なひとつである視覚情報は人々に大きな影響を与える力を備えています。
そこに描かれた世界は見る人間の意識を楽しくさせたり寂しくさせたりもします。
そして使われた色についても人の心理に影響を与えることがわかっています。

日程 2017/02/21(火) ~ 2017/02/26(日)
開催時間:12:00~19:00
最終日は18:30までです。
開催場所 ART-MAN gallery

続きを読む

美術・工芸 s(k)now招聘アーティストによる滞在成果展示

さっぽろ天神山アートスタジオのAIR(Artist In Residence)プログラムs(k)now(S/know(スノウ)= “雪を知る” プロジェクト)では、3名の招聘アーティストが札幌での滞在制作を行ってきました。

「冬、雪、北方圏」のキーワードのもと北海道、札幌を舞台にリサーチ、制作を行ったアーティストの成果展示を2/22〜2/26の間、スタジオ内にて開催します。アイヌ、オノマトペ、縄文土器、心理地理学…それぞれが立った視点から照らす北国の再発見と彼らの足跡をどうぞご覧ください。

日程 2017/02/22(水) ~ 2017/02/26(日)
開催時間:09:00~21:00
<クロージングイベント>
2/26 17:00〜アーティストによるギャラリートーク
   18:00〜クロージングパーティ
※パーティ内で福永敦による音のイベントを開催します
※全て予約不要、参加無料
開催場所 さっぽろ天神山アートスタジオ

続きを読む

美術・工芸 【北都館 名画の小部屋】Vol. 64 佐々木仁美ー記憶のカタチー

【北都館 名画の小部屋】Vol. 64 佐々木仁美ー記憶のカタチーを開催します。
皆様のお越しをお待ちしております。

日程 2017/02/01(水) ~ 2017/02/27(月)
開催時間:10:00~22:00
※火曜定休
※土~月は19:00まで、最終日は17:00まで
開催場所 北都館ギャラリー

続きを読む

美術・工芸 国松希根太 個展「時の残像」

国松氏の制作の拠点である白老町付近でフィールドワークを行い感じたことや、風景の中に存在する「時」をテーマとした新作2点を含む平面作品5点を展示します。

日程 2016/11/30(水) ~ 2017/02/28(火)
開催時間:09:00~17:00
※土日祝休館、都合により臨時休館する場合があります
開催場所 (公財)北海道文化財団 アートスペース

続きを読む

美術・工芸 新さっぽろサンピアザ 階段ギャラリー「Meet2016冬」

サンピアザ内の階段に、札幌を中心に活動している10人のクリエーターによるイラスト作品を展示しています。

日程 2017/02/05(日) ~ 2017/02/28(火)
開催時間:10:00~21:00
※営業時間内
開催場所 サンピアザ

続きを読む

美術・工芸 チャリティー企画展 藍色カップ

2016年4月に発生した熊本地震。被災地の一日も早い復興を願い、第一線で活躍するクリエイター170 人(予定)がボランティアでデザインし、長い歴史の中で培われた伝統技術を受け継ぐ有田・波佐見の窯元が、天草地方で採掘される天草陶石を使い、ひとつひとつ手作業で製作したカップをチャリティー販売します。有田の染付伝統技法「藍色」を用いたお好きなデザインのカップをご購入、お使いいただくことが、熊本応援につながるというプロジェクトです。

日程 2017/02/13(月) ~ 2017/03/08(水)
開催時間:10:00~19:00
日曜・祝日は休館です。
最終日のみ17:00クローズとなります。
開催場所 Kita:Kara

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ