大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

舞台芸術

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

61 ~ 70件/108件を表示

舞台芸術 【渡辺淳一文学館ドラマティックライヴ】語りの世界で遊ぶ 其の弐「粋」

朗読と三味線のコラボレーションをお楽しみください。
皆さまのお越しをお待ちしています。

【出演者】
朗読:穴水重雄・五十嵐和子
三味線:花季汀紀之
司会・演出:鈴木栄子 



日程 2018/11/20(火)
開場時間:13:00
開演時間:13:30
開催場所 渡辺淳一文学館

続きを読む

舞台芸術 【さっぽろアートステージ2018】きっとろんどん第4回公演『ひみこ~る』

ネットの発達により様々な情報が錯綜する現代社会。
しかしそれに伴い、超常現象や霊感などのブームは過ぎ去っていった。
本作品は、自然科学の知見では説明できない現象に真っ向から挑んだ、
オカルティックでシャーマンな物語である。

2016年の旗揚げ以来、動員数を伸ばし続けるきっとろんどん。
今北海道で最も話題の若手ユニットによる1年ぶりの本公演は、札幌劇場祭TGR2018大賞にエントリー!

■脚本・演出■
井上悠介

■出演■
井上悠介
久保章太
山科連太郎
リンノスケ(以上きっとろんどん)
泉香奈子(パインソー)
岩杉夏(ディリバレー・ダイバーズ)
熊谷嶺(霊6)
齊藤雅彰(超級市場)
高田敬介
廣瀬詩映莉(ELEVEN NINES)
若月篤(クラアク芸術堂)

日程 2018/11/22(木) ~ 2018/11/25(日)
開催時間:13:00~20:00
【22日】20:00
【23日】①14:00②20:00
【24日】①15:00②20:00
【25日】①13:00②17:00
※開場は開演の30分前、上演時間は110分程度を予定
開催場所 演劇専用小劇場 BLOCH

続きを読む

舞台芸術 プロト・パスプア#04『春のめざめ』

性にめざめはじめた少年少女たち。
勉学の競争。自慰。友人の母親への借金。自殺。同性愛。売春。
性交。妊娠。図解入りの子供をつくる方法の文書。
堕胎と事故死。墓地。首なしの友人。死への誘い。生への回帰。
大人からの期待や抑圧、揺れ動く少年少女。

【『春のめざめ』とは】
 フランク・ヴェーデキントの戯曲。1891年出版。思春期の少年たちの性への目覚めと、それに対する大人たちの抑圧、その結果として起こる少年たちの悲劇を描いた3幕の作品。検閲により上演禁止の措置がとられ、15年を経た1906年になって初演された。ある日、優等生のメルヒオールは、友人で劣等生のモーリッツに自作の「子供の作り方」の図解入り資料を渡すと約束する。落第が決定したモーリッツはアメリカに渡るためメルヒオールの母親に金を借りようとするも断られ、遂にはピストル自殺をしてしまう。メルヒオールは幼馴染のヴェントラを襲い、ヴェントラは妊娠してしまう。ヴェントラの母親は「子供の作り方」を子供に教えなかったことを後悔しつつ堕胎させることにするが、堕胎薬が原因でヴェントラは死んでしまう。メルヒオールの行いを知った両親はメルヒオールを更生施設に入れるが、メルヒオールは脱走し墓地に辿り着き、ヴェントラの墓を見つけてしまう。


​<会場>
扇谷記念スタジオ シアターZOO
(札幌市中央区南11条西1丁目ファミール中島公園B1F)
・地下鉄南北線「中島公園駅」1番出口より徒歩5分

<出演>
高橋寿樹(クラアク芸術堂)
中村雷太(クラアク芸術堂)
八木友梨(クラアク芸術堂)
メイケ祥子
小川沙織
髙岡諒一(劇団不退転/熱濃硫酸906)
増田駿亮
廣瀬拓哉
富谷湖雪姫
森大輝(北海学園大学演劇研究会)

​<スタッフ>
舞台美術:高村由紀子
照明:高橋正和
衣裳:佐々木青
音響・宣伝美術:小佐部明広
小道具:大川有沙実
制作:植津恵

主催 北海道演劇財団 NPO法人札幌座くらぶ クラアク芸術堂企画運営員会
協力 さっぽろアートステージ2018実行委員会 札幌劇場連絡会

日程 2018/11/22(木) ~ 2018/11/25(日)
【22日】19:00
【23日/24日】①14:00②19:00
【25日】14:00
※開演の30分前から入場できます。
開催場所 扇谷記念スタジオ・シアターZOO

続きを読む

舞台芸術 タクフェス第6弾「あいあい傘」札幌公演

宅間孝行が仕掛ける極上のエンターテイメントプロジェクト「タクフェス」
第6段『あいあい傘』2007年に東京と大阪で上演され、再演を望む声が多い中、
ファンの間では<幻の名作>を言われていた。
とある田舎町で起こる、父と娘の再会物語が11年の沈黙を経て、甦る。
【出演者】
・宅間孝行:作・演出・出演
・星野真理・鈴木紗理奈・モト冬樹・永島敏行 他

日程 2018/11/23(金) ~ 2018/11/24(土)
23日:18:00
24日: ①13:00②18:00
※開場は開演の45分前

開催場所 道新ホール

続きを読む

舞台芸術 新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」

札幌文化芸術劇場では、北海道初となる新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」を開催します。古典バレエの中でも絶大な人気を誇る作品で、新国立劇場版「白鳥の湖」は、格調の高さはそのままに、イギリス人美術家カザレットによる現代的で洗練された色彩感覚が印象的な舞台です。また、プロローグで物語の発端がわかりやすく描かれることで、作品の物語性が強調されている点や、スピーディなダンスや高度なテクニックが随所に散りばめられている点などが特徴です。
何度観ても新しい発見があると言われる本作品は、主役ダンサーの技術と深い表現力、コール・ド・バレエのアンサンブルの完成度など、バレエ団としての真価が問われる作品です。日本最高峰のバレエ団による公演を観に是非、札幌文化芸術劇場 hitaruへお越しください。

日程 2018/11/23(金) ~ 2018/11/24(土)
開場時間:13:15
開演時間:14:00
開催場所 札幌文化芸術劇場 hitaru

続きを読む

舞台芸術 北海道命名150年記念・明治150年記念 第3回「ろうどくの小径」

<北海道命名150年記念・明治150年記念>ろうどくの小径を開催致します。
日本文学作品の言葉の美しさやすばらしさをお楽しみいただけます。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。

【第3回】
・宇江佐真理 作「恋文」
・小泉八雲 作「幽霊滝の伝説」
・芥川龍之介 作「舞踏会」
・夏目漱石 作「柿」


※作品は予告なく変更させていただく場合があります。

日程 2018/11/25(日)
開場時間:12:30
開演時間:13:00
開催場所 札幌市中央図書館

続きを読む

舞台芸術 インディアンス単独ライブツアー「THE ENTER TAINER」in札幌

インディアンス単独ライブツアー「THE ENTER TAINER」in札幌を開催致します。ご鑑賞下さい。

【出演】インディアンス

※注意事項
◆5歳以上有料、4歳以下膝上無料
◆ビデオ・カメラ、または携帯電話等での録音・録画・撮影・配信禁止
◆観劇にあたっては吉本HP掲載の[チケット販売及び観劇約款]に従います

日程 2018/11/27(火)
開場時間:18:30
開演時間:19:00
開催場所 メッセホール

続きを読む

舞台芸術 柳家権太楼 独演会

今、もっとも脂の乗った名手。落語界きっての爆笑派の大看板噺家。

■本名 
梅原健治(うめはら けんじ)

■生年月日
昭和22年(1947年)1月24日 東京都出身

■出囃子
金毘羅(こんぴら)

■紋
くくり猿

■略歴
・昭和45年4月
 明治学院大学法学部卒業
 故柳家つばめ入門、前座名ほたる
・昭和49年9月
 師匠他界のため柳家小さん門下となる
・昭和50年11月
 二ッ目昇進、柳家さん光と改名
・昭和53年11月
 NHK新人落語コンクール優秀賞受賞
・昭和55年1月
 54年度日本演芸大賞ホープ賞受賞
・昭和57年9月
 真打昇進、三代目柳家権太楼襲名
・昭和62年2月
 61年度若手演芸大賞、大賞受賞
・平成6年12月
 社団法人落語協会功労賞受賞
・平成13年11月
 社団法人落語協会理事就任
・平成14年3月
 浅草演芸大賞・奨励賞受賞
・平成18年3月
 社団法人落語協会常任理事就任
・平成24年3月
 23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞
・平成25年3月
 24年度板橋区区民文化栄誉賞受賞
・平成25年4月
 明治学院大学客員教授就任
・平成25年6月
 社団法人落語協会監事就任
・平成25年11月
 紫綬褒章受章

日程 2018/11/28(水)
開場時間:18:00
開演時間:18:30
開催場所 道新ホール

続きを読む

舞台芸術 【さっぽろアートステージ2018】TEA FOR TWO 二人でお茶を

1980年冬の札幌。
ホテルの一室で一夜を過ごした亮平と健人。
酔っ払って記憶の無い亮平の記憶をたどるうちに、二人はお互いの事情を知っていく。
亮平は年に一度東京からやってくる妻子持ちの数学教師。健人は札幌在住の母親と二人暮らしのゲイ。
年に一度のデートを重ねていくことにした二人。ただし、それぞれのパートナーはそのままで。
昭和が平成になり、21世紀になり、ゲイを巡る社会の状況もどんどん変わっていく。
お互いの家族、パートナー、仕事、HIV、さまざまな
ことを話し、20代の二人は40代50代になっていく。
二人の愛と友情を笑いと涙でつづる25年間の物語。

【作】関根信一(劇団フライングステージ)
【演出】 町田誠也(劇団words of hearts)
【出演】 村上義典、梅原たくと(ELEVEN NINES)

日程 2018/11/29(木) ~ 2018/12/01(土)
※要申込、各回先着80名
【29日】20:00
【30日】20:00
【1日】①13:00 ②18:00
※開場は各30分前となります
開催場所 ターミナルプラザことにパトス

続きを読む

舞台芸術 朗読会とチェンバロのコラボ

朗読と音楽の融合を目的とした、「はるか摩周」の朗読とチェンバロのコンサートが開催されます。是非皆様のご来場をお待ちしています。

日程 2018/12/01(土)
開催時間:14:30~16:00
開催場所 豊平館

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ