大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

71 ~ 80件/298件を表示

その他 <募集>札幌市文化芸術活動再開支援事業

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている文化芸術活動(公演・展示)において、文化芸術に携わる方々(文化芸術活動を行う市民、芸術家、施設関係者等)の活動再開を支援し、市内文化芸術活動が早期に復興するよう、さらに、その活動の復興により、市民が文化芸術を鑑賞する機会を確保することができるよう、公演や展示を行う際の劇場、ホール、ライブハウス、ギャラリー等の施設使用料に係る支援金を交付します。

【支給額】
 要件を満たし、原則、施設使用料(付帯設備〈但し、リハーサルや控室などの諸室使用料は対象経費とする。〉・備品・機材・電気等使用料を含むオプション料金を除く)の50%(公演系1日あたり上限額50万円、展示系1週あたり上限額50万円)
※申請後、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりキャンセルした場合は、キャンセル料の50%を支給
※同一施設・同一申請者としての利用制限はなし
※先着順とする
【支援対象】
 不特定多数の観客を対象とした、実演により表現される音楽、舞踊、古典芸能、演芸、その他の芸術・芸能の公演または、絵画、工芸、彫刻、版画、陶芸、書道、写真、その他の芸術の展示(設営・後片付け等含む)
※新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン遵守すること
【補助対象施設】
<公演系>
 札幌市文化芸術施設、札幌市内の公立及び民間立の劇場、ホール、ライブハウス等で要件を満たす施設
<展示系>
 札幌市文化芸術施設、札幌市内の公立及び民間立の美術館、ギャラリー等で要件を満たす施設
※市があらかじめ認定した施設を対象とします。

●申請時の様式等を含め、詳細については、準備が整い次第、順次ホームページに掲載していきます。
●申請受付は11月初旬頃から開始することを想定しております。
●10月16日以降、受付開始するまでに行う公演や展示についても、要件を満たす場合は対象となり得ます。施設使用料の領収書及び対象要件を満たした公演・展示であったことが分かる画像を保管しておいてください。
●公演・展示日の原則14日前までを申請期限としますが、10月16日から11月30日の間に開催される公演・展示の申請期限は、11月30日まで受け付ける予定です。

日程 2020/10/16(金) ~ 2021/03/15(月)
※期間内に開催されるイベント
※公演・展示日の14日前までに申請
開催場所 札幌市内各所

続きを読む

その他 小笠原信之著 『アイヌ近現代史読本』を読む〈全6回〉

前期の「アイヌ民族くらしとことば」に引き続き、アイヌ民族について一から学ぶ講座を企画しました。特に講師を立てず、参加者が交代でチューターになって読み進めていきます。関心がある方はどうぞご参加ください。

【テキスト】『アイヌ近現代史読本 増補改訂版』小笠原信之著 緑風出版(2,640 円)
<目次>
1.「異域」から「内国」へ
2.「皇国の臣民」へ 
3.樺太・北千島アイヌの悲劇 
4.開拓の嵐、吹き荒れる 
5.逆境から立ち上がる 
6.民族復権の新しい波

※第1回10月21日〈終了〉

【申込先】〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル5F(501A)
     NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
     TEL:011-252-6752
     メール:syu@sapporoyu.org

日程 2020/11/18(水)
開催時間:18:45~20:45
※第2回、要申込

2020/12/16(水)
開催時間:18:45~20:45
※第3回、要申込

2021/01/20(水)
開催時間:18:45~20:45
※第4回、要申込

2021/02/17(水)
開催時間:18:45~20:45
※第5回、要申込

2021/03/17(水)
開催時間:18:45~20:45
※第6回、要申込
開催場所 自由学校「遊」

続きを読む

その他 コロナと労働 ―コロナ後の労働社会状況を生き延びるために〈全6回〉

コロナの感染拡大によって、社会と暮らしに大きな変化が起きています。休業要請、自粛、派遣切り、倒産、解雇…、胸の痛むニュースばかりですが、でもこの状況を生き延び、希望を見出していかなければと思うのです。何が起きているのか、その中でどのように闘い、連帯し、何を紡ぎ出してきたのか、コロナがあぶり出した矛盾や社会的課題を乗り越える学び合いの場としたいと願っています。

●第1回 コロナによる労働社会状況の変化  2020年10月16日(金)〈終了〉
講師:川村 雅則(かわむら まさのり) 北海学園大学経済学部・労働経済論

観光やそれに伴う交通宿泊業、飲食店の苦境はマスコミ報道でも取り上げられましたが、そのほかの業種や社会全体、労働者全体の状況はどうなっているのでしょうか。緊急事態宣言解除後、コロナ禍における労働市場の全体像のや生存権保障のための課題をお話いただき、コロナ後の社会を生き延びるために、まず現状を共有し考え合います。

●第2回 国・自治体による支援策とその使い方  2020年11月20日(金)
講師:大嶋 薫(おおしま かおる) 札幌市議会議員

休業要請に対する補償は、事業者に対するもの、労働者の賃金を補填するもの、また無利子貸付も事業者・世帯を対象とするものなど、複雑でわからないことだらけです。制度の概要と、対象になる業種や労働形態など、個別のケースに応じて何をどのように使えるか、レクチャーしていただきながら一緒に考えましょう。

●第3回 具体的事例を通して考える(1) 派遣切り、解雇、条件悪化  2020年12月18日(金)
講師:鈴木 一( すずき はじめ) 札幌地域労組副委員長
講師:桃井 希生(ももい きお) 札幌地域労組

泣き寝入りしないさせない、を合言葉に、とりわけ弱い立場の労働者とともに闘ってきた地域労組のお二人をお迎えして、具体的な事例を手掛かりに考えます。この間、何が起こったのか、それにどう対処してきたのか、当事者、組合、支援者の役割など、できることを見つけ出したいと思います。

●第4回 具体的事例を通して考える(2) 外国人留学生の状況  2021年1月22日(金)
講師:西 千津(にし ちず) カトリック札幌司教区難民移住移動者委員会 ・移住連運営委員

コロナ禍の影響を被っているのは、日本人だけではありません。マスメディアにはほとんど取り上げられていない外国人留学生の状況について、お話をお聞きします。

●第5回 具体的事例を通して考える(3) 困窮者支援の現場から  2021年2月19日(金)
講師:山内 太郎(やまうち たろう) 北海道の労働と福祉を考える会代表

辛うじてその日その日を生き延びていた人たちの状況は、より一層厳しいものになっています。緊急避難としてのシェルター受け入れなど、他団体と連携して取り組んできた支援活動についてお話しいただき、コロナ後の支援活動の可能性や課題を話し合いたいと思います。市民による小さな相互扶助の可能性も探れたらと思っています。

●第6回 パネルディスカッション 在外日本人が見た各国のコロナ対策  2021年3月19日(金)※オンライン
コーディネーター:細谷 悠生(ほそや ゆき) 台湾在住、フリーペーパー編集長

全国民に10 万円給付、生活困窮者に3 万元(台湾)支給など、各国の労働者支援策はさまざま。どの国でも政府の対応はじゅうぶんとはいえない状況ですが、台湾、イタリア、オーストラリアなど、日本国外に暮らす人々からそれぞれの生活の状況や政府によるユニークな方策など、情報を共有して考えたいと思います。

【申込】下記の連絡先あてに、講座名、お名前、ご住所、メールアドレスをお知らせください。
【申込先】〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル5F(501A)
     NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
教室受講:syu@sapporoyu.org
オンライン受講:moshikomi@sapporoyu.org

日程 2020/11/20(金)
開催時間:18:45~20:45
※第2回、要申込

2020/12/18(金)
開催時間:18:45~20:45
※第3回、要申込

2021/01/22(金)
開催時間:18:45~20:45
※第4回、要申込

2021/02/19(金)
開催時間:18:45~20:45
※第5回、要申込

2021/03/19(金)
開催時間:18:45~20:45
※第6回、要申込
開催場所 自由学校「遊」

続きを読む

交通 雪ミク電車2021

今年も市電と沿線地域の活性化を図るため、市電の会及びクリプトン・フューチャー・メディア株式会社と協力して、北海道応援キャラクターである「雪ミク」で装飾した車両を運行します。
期間限定の「雪ミク電車」に是非ご乗車ください。

毎年様々な衣装を着た「雪ミク」を車両にラッピングしている本事業は、今年で11回目の実施となります。
今年の衣装は「北海道の雪をイメージした『イルミネーション』」をテーマにデザインされています。
【外装】2021年版の衣装を着た「雪ミク」を車両にラッピング
【内装】車内広告に雪ミクのイラストやポスター等を展示
【車内放送】通常車両のアナウンス音声に替えて、初音ミクのボイスを担当する、声優の藤田咲さんの音声で運行
【時間】冬ダイヤ運行のうち、概ね7時00分~18時00分の間で運行します。
主要電停(西4丁目・すすきの)の時刻表は、決定後当公社ホームページに掲載いたします。
なお、点検等により運行しない場合もありますので、実際の運行状況については電車事業所(011-551-3944)にご確認ください。

日程 2020/11/21(土) ~ 2021/03/24(水)
※冬ダイヤ運行のうちおおむね7:00~18:00頃までの運行
開催場所 札幌市路面電車路線

続きを読む

その他 Think School 2020

おもしろいまちには、おもしろい企画者やおもしろい制作者がいるのではないか?
アートやまちづくりを通じて「まちをおもしろくする人」が増えることがシンクスクールの目的です。
自分の「好きなこと、やりたいこと」を見つけ、深める、伝える。
シンクスクールは、まちづくりやアートの創造性を学びながら、自分の好きなこと、やりたいこと、生涯の目標を見つける学校です。
レクチャー+ワークショップ+ディスカッションなど体験型学習を通して、クリエイティブな考え方を学ぶことで、誰もが 自らの経験と個性を活かした企画や作品をつくることができます。
「アートマネジメント」と「まちづくり」をゼロから学び企画を組み立てる「企画コース」
「アーティスト」と「キュレーター」から作品の制作と展示のコツを学ぶ「制作コース」
2020年も企画と制作の2コースで受講生を募集しています。

[概要]
【期間】2020年5月23日(土)〜2021年3月28日(日)※予定
【日時】月2-3回|土曜|12:00-14:00 or 15:00-17:00  ※講座によって変更あり  
【定員】各コース 先着20名 [学割先着5名] 
【一般料金】128,000円(税別)[各コース先着20名]
【学生料金】64,000円(税別)[各コース先着5名]
【入学金】新規受講生は別途入学金がかかります|10,000円(税別)
【募集締切】2020年5月15日(金) ※定員に達した時点で締切らせていただきます
【早割特典】2020年3月31日(火)までにお申し込みされた方は、入学金10,000円を免除!
【主催】札幌駅前通まちづくり株式会社 http://www.sapporoekimae-management.jp/
【共同企画】一般社団法人PROJECTA  https://www.projecta.or.jp/

●ビデオ補講制度
欠席時、希望者のみ講座の様子を映像で視聴することができます。(一部講座を除く)
●無料体験講座制度
企画コース受講生は制作コースから、制作コース受講生は企画コースから、それぞれ2講座を無料で体験できます。
●聴講生制度
シンクスクールに2年間通われた方は、1コマごとに有料聴講できます。(卒業後2年間有効)
●シンクフレンズ制度
シンクスクール卒業後、シンクチームに継続的に参加し、運営をサポートしてくれた方などを対象に、1年間2講座まで有料聴講できます。(卒業後2年間有効)

[説明会]
Think Schoolってどんな学校? にお答えする説明会を開催します。Think Schoolの設立についてや、これまでの授業風景などお見せしながらご質問などにお答えします。企画コース・制作コース合同の説明会となります。ご興味のある方はぜひ、お気軽にご参加ください。

​日時:2020年4月25日(土)14:00~15:00
​会場:札幌駅前通まちづくり株式会社
住所:札幌市中央区北3条西3丁目1 札幌駅前通藤井ビル8階)Meeting Room1

※また、説明会に参加できない方へむけて個別にご説明をさせていただいておりますので、ご希望日時を添えて下記申し込み先までご連絡ください。

受付期間 2020/02/19(水) ~ 2020/05/15(金)
日程 2020/05/23(土) ~ 2021/03/28(日)
※開催時間の詳細は札幌駅前通まちづくり株式会社にお問合せください。
開催場所 札幌駅前通まちづくり株式会社

続きを読む

書道・文学・写真 空間記憶 深層記憶 楓羽写真展

「空間記憶深層記憶 楓羽写真展」を開催しています。
皆様のお越しをお待ちしています。

日程 2020/02/13(木) ~ 2021/03/31(水)
開催時間:10:00~17:00
※休館日:月火、不定休
※11月から3月は16:00まで
開催場所 パラリンミュージアム

続きを読む

その他 <オンライン>札幌メモリアルプロジェクト

令和2年春。札幌芸術文化の館(旧 北海道厚生年金会館)が解体されるというニュースを見ました。
札幌の芸術文化を担ってきたこの施設の記憶を市民の心の中に残しておきたい。
そんな思いが募り、札幌市役所にお願いしたところ、快くご承諾いただきました。
思い出のあのステージをあなたのお手元に残しませんか?

経費等を除いた収益金は、すべて札幌文化芸術振興基金に寄付いたします。

日程 2020/06/07(日) ~ 2021/03/31(水)
※商品が売れ切れ次第終了
開催場所 WEBにて開催

続きを読む

舞台芸術 英語の絵本のおはなし~中止のお知らせ~

月1回、札幌市中央図書館で「大人のための英語の絵本 読み聞かせ会」を企画・運営しています。
現在、読み聞かせ会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため2021年3月まで中止しております。
2021年4月以降の予定は、図書館ホームページ、おおきな木のFacebook等でご確認ください。

日程 2020/07/29(水) ~ 2021/03/31(水)
開催場所 札幌市中央図書館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 <申込受付> シンクスクールジュニア

シンクスクールジュニアは、まちづくりやアートなどクリエイティブな分野で活躍している講師から学びながら、子どもたちの想像力を育てるスクールです。作品をつくったり、ディスカッションしたり、様々なお仕事を体験することで、多様な価値観にふれ自分の答えを導く力を養います。また、仕事帰りにお迎えに来ていただけるよう、開講日は会場を19:00まで開放することで、都心で働く子育て世帯を応援します。

●予定プログラム
9/27(プレ授業 ※参加費無料)【こども哲学】
「勉強するのは何のため?」/「どんな大人になりたい?」
毎日の暮らしの中にある正解のない疑問について、 みんなで話し合い、 ゆっくりじっくり考えます。 様々な年齢の様々な考えを楽しむ場です。 話すことが苦手な子でも参加OK!
講師|井尻貴子(NPO法人こども哲学おとな哲学アーダコーダ理事)

10•11月 【まちづくりを学ぶ】
「協働すること、話し合うことの必要性を知ろう」
まちづくりを学びながら、グループワークやディスカッションを体験します。
講師|酒井秀治(まちづくりプランナー/SS計画代表)

12月 【イラストレーターに学ぶ】
「イラストを描いて、壁に大きな絵を描こう」
いろいろな絵を描くイラストレーターのお仕事を学び、みんなで大きな絵にします。
講師|大西洋(イラストレーター/大学教員)

1•2月 【現代アートを学ぶ】
「アートを学んで、自分の作品を作ろう」
さまざまな現代アートを学び、自分の興味関心をもとに作品を作ります。
講師|今村育子 (アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社)、高橋喜代史(アーティスト/一般社団法人PROJECTA代表)

受付期間 2020/09/22(火) ~ 2021/03/31(水)
日程 2020/09/27(日) ~ 2021/03/31(水)
開催時間:16:30~18:00
期間|2020年10月から毎月
(定員に空きがあれば、随時募集)
授業|月3回・水曜日 ※講師による授業が月2回、事務局との自習授業が月1回の予定
16:00~19:00まで会場をお子さん向けに開放/お迎えは19:00まで
開催場所 眺望ギャラリー「テラス計画」

続きを読む

観光 宮の森フランセスイルミネーション

冬の宮の森フランセス教会は1年で1番幻想的な雰囲気に包まれます。
新たに誕生した“月のフォトスポット“など10,000球以上のイルミネーションと南フランスから移築した200年の歴史を受け継ぐ教会の外観が、 フォトジェニックな空間に生まれ変わります。

※一般の方の見学は自由となっておりますが、立ち入り禁止の場所には入らないようにお願いいたします。
結婚式やイベントなどで見学ができない場合がございます。予めご了承ください。

日程 2020/11/01(日) ~ 2021/03/31(水)
※定休日:月火、年末年始(12/28~1/1)
※12/27の営業は15:00まで
日没〜20:00
開催場所 宮の森フランセス教会

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ