大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

  • 新型コロナウイルス感染症の影響で、イベントが中止・延期になる場合がございます。 お出かけの際は、直接主催者へご確認ください。

※当サイトに掲載している情報はイベント主催者からの情報を元に作成しております。

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

51 ~ 60件/232件を表示

その他 <申込受付> 2023年度 道銀芸術文化助成事業 募集

道銀文化財団は、北海道の芸術文化の振興と豊かで潤いのある道民生活の実現に寄与することを目的として、北海道を拠点に活動する芸術家や芸術文化団体を支援するために、その優れた芸術創作活動に対し、助成金を交付いたします。
つきましては、2023年度助成事業の募集を下記の通り実施いたしますので、ご応募下さい。

♢対象事業
●対象となる芸術は、音楽、美術のうち、次の分野に限ります。
音楽:クラシック、美術:日本画・油彩・水彩・版画・彫刻・工芸・立体造形
●北海道内において行う演奏会、展覧会等の企画のうち、2023年4月1日〜2024年3月31日に事業が開始するものが対象です。

♢応募資格
●芸術家個人については北海道在住者、団体については北海道内に主たる活動の場を有するものとします。
●これまでに北海道において意欲的かつ優れた芸術創作活動の経歴が認められ、今後もその活動の継続が十分に見込まれる芸術家個人、または団体(芸術家グループ・芸術家で組織する団体)とします。

♢選考方法と助成金の額
●助成対象事業及び助成金の額は、選考委員会によって選考・査定します。
●助成金の額は活動費または企画運営費の範囲内で、申請時の希望金額を参考に当財団が決定します。

♢選考結果の通知
●2023年3月末までに、全ての応募者に対し選考の結果を通知しますが、採否の理由や選考に関するお問合せには―切応じられませんので、ご了承願います。
●申請事業件数、助成金交付の対象事業については、後日当財団ホームページにて公表します。

受付期間 2022/10/25(火) ~ 2022/12/25(日)
日程 2022/10/25(火) ~ 2022/12/25(日)
開催場所 北海道内

続きを読む

観光 SAPPORO FACTORY CHRISTMAS 2022 ずっとつづく、クリスマス物語。

札幌の冬の風物詩、15メートルもあるジャンボクリスマスツリー
2021年11月3日~12月25日

サッポロファクトリーは、レストラン、 映画館、ホテルなどが集まる商業施設。11月からの約2カ月間、吹き抜けのアトリウムには十勝の広尾町から運ばれてきた約15メートルのトドマツを使用したジャンボクリスマスツリーが設置され、札幌の冬の風物詩となっている。点灯時間の16時~22時は、色とりどりのオーナメントとイルミネーションが輝き、1時間ごとに約5分間の音楽と光のショーも行なわれる。クリスマスツリーを眺めながら、屋内で食事が楽しめる。同敷地内にある札幌開拓使麦酒醸造所の煙突を登る大きなサンタクロースもお見逃しなく。

日程 2022/11/03(木) ~ 2022/12/25(日)
開催場所 サッポロファクトリー

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 雑貨&手づくり雑貨マルシェ hand to heart クリスマスbox in ミュンヘン・クリスマス市

hand to heartがミュンヘン・クリスマス市inSapporo(大通二丁目会場)に飛び出します!

道内外約100組のクリエイターさんの「とっておき」をぎゅっ!と集めて期間限定のクリスマスboxを開催いたします

ご自身へのご褒美に、そして大切な人へのプレゼントと出会いに遊びにいらしてくださいね

・期間中同時開催【ブローチ展 浪漫宝飾展】

開催期間は会場内の楽しい企画も盛りだくさん!
詳しくは公式HPをご確認ください
http://catvmkt.jimdo.com/


hand to heart は
北海道内のクリエイターによる展示販売イベントです
※出店者はイベント毎に変わります

彩り・形・素材
個性豊かな手づくり雑貨に囲まれながら
五感を潤すスペシャルなご褒美Day

ひとつひとつの作品に込められたこだわりや
世界でひとつだけの【とっておき】と出会いに遊びにいらしてくださいね

会場内感染症対策については公式HPをご確認ください
http://catvmkt.jimdo.com/

雑貨&手づくり雑貨マルシェhand to heartは作家様やお客様とで作り上げる参加型イベントです
現在エントリー作家様は約1700組
北海道内のプロクリエイターさんからアマチュアクリエイターさんまで
夢に向かうアーティストが幅広く活躍中です


◆公式HPにて各イベントの出展者様募集中

日程 2022/11/22(火) ~ 2022/12/25(日)
開催時間:11:00~21:00
34日間 内12月12日休業日
開催場所 大通公園

続きを読む

観光 札幌・ミュンヘン姉妹都市提携50周年記念 第21回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

ドイツのクリスマス市の雰囲気を味わう1カ月。イルミネーションも楽しんで

ドイツ・ミュンヘン市と姉妹都市提携30周年を記念して2002年から開催。大通公園に約1カ月間、クリスマス雑貨、ホットワイン、ドイツ料理などの屋台が並び、毎年デザインが変わるオリジナルマグカップも販売される。ステージではコンサートが行なわれるほか、運が良ければサンタクロースからプレゼントがもらえたり、暖かい室内での参加型ワークショップなどが開催される。飲食は、ストーブがあるテント席もあり、雪の日でも安心。11月下旬から同会場で始まる「さっぽろホワイトイルミネーション」との光の競演も見所

日程 2022/11/22(火) ~ 2022/12/25(日)
開催時間:11:00~21:00
ラストオーダー20:45
開催場所 大通公園

続きを読む

観光 <申込受付> Happy Tree Street 2022

Happy Tree Street は札幌駅前通地区では「ふゆのまち歩きを楽しく」をコンセプトに、札幌駅前通に隣接する商業者・ビル管理者等が、季節を彩るイルミネーションや施設内ツリーを装飾し、冬の札幌ならではの華やかな雰囲気でおもてなしをしています。
今年も「Happy Tree Street インスタグラム投稿キャンペーン」を実施いたします。札幌駅前通から大通のホワイトイルミネーションの写真を「#happytreestreet」のハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿すると、抽選で合計30名様に札幌駅前通のグルメをプレゼント!
詳しくはホームページをご確認ください。 

受付期間 2022/11/26(土) ~ 2022/12/25(日)
日程 2022/11/26(土) ~ 2022/12/25(日)
開催場所 札幌駅前通北5条から北大通

続きを読む

舞台芸術 振付・演出家が明かす 知ったらスゴイ舞台の裏側(高橋竜太ダンスワークショップDAYs in Sapporo)

今の舞台シーンを彩る振付家、演出家の2人が”舞台”について語った5/5開催トークイベントをアーカイブ配信。数々のエピソードや映像と共に、振付、演出、表現に至るまで舞台の世界をわかりやすく語る。
配信を行うことにより、鑑賞への興味関心を持つ機会を創出し、札幌および道外におけるダンス文化の一層の発展に寄与したい。
・出演(トークイベントゲスト):TETSUHARU(ダンサー、振付家、演出家)

日程 2022/06/24(金) ~ 2022/12/29(木)
第1回 6月24日(金)~30日(木)
第2回 7月22日(金)~28日(木)
第3回 8月26日(金)~9月1日(木)
第4回 9月23日(金祝)~29日(木)
第5回 10月28日(金)~11月3日(木祝)
第6回 11月25日(金)~12月1日(木)
第7回 12月23日(金)~29日(木)
開催場所 オンライン開催

続きを読む

書道・文学・写真 特別展「歿後10年 吉本隆明廃墟からの出立」

展覧会名称
特別展 歿後10年 吉本隆明―廃からの出立
『言語にとって美とはなにか』『共同幻想論』など多くの著作で知られる吉本隆明(よしもと・たかあき、1924-2012年)。詩作のかたわら吉本は、人間や社会の意味を根底から問い直し、言語・芸術・宗教・性など幅広い分野にわたる評論活動をジャンル横断的に行いました。その表現・思想の淵源に何が湛えられていたのか。本展では、敗戦直後の廃墟にあって、精神と生活の危機に直面しながら、ひとり詩を書き、世界把握の方法を模索した吉本の追究の姿を、自筆原稿・ノート・著作などを通して探ります。

◎講演会
吉本隆明と現在
講師:三浦雅士(評論家)
※対面・実施日:11月12日(土)14:00~15:00 当館講堂にて 無料
 申込:11月1日(火)9:00~ 電話で 先着35名
※オンライン・申込:11月1日(火)9:00~ 先着60名
 配信期間:11月22日(火)12:00~2023年1月9日(月・祝)17:00

◎対談
吉本隆明の「始点」をめぐって
講師:瀬尾育生(詩人)、村瀬学(児童文化研究者)
※対面・実施日:11月23日(水・祝)
 前半13:00~14:30、後半15:00~16:30 当館講堂にて 無料
 申込:11月9日(水)9:00~ 電話で 先着35名
※オンライン・申込:11月9日(水)9:00~ 先着60名
 配信期間:12月9日(金)12:00~2023年1月9日(月・祝)17:00

◎オンライン・イベントの申し込み先
 当館ホームページからお申し込みください。
 ※配信は2023年1月9日(月・祝)で終了します。

◎講座
吉本隆明の戦後について
講師:髙橋秀明(詩人、公益財団法人北海道文学館理事)
11月27日(日)14:00~15:00 当館講堂にて 無料
申込:11月11日(金)9:00~ 電話で 先着25名

◎映像上映会
吉本隆明講演会「わが月島」
1992年10月31日に東京都中央区月島図書館で行われた
講演会の映像をDVDで上映します。82分
12月10日(土)①10:30~ ②13:30~ 当館講堂にて 無料
※要申込:11月25日(金)9:00~ 電話で 各回先着25名

日程 2022/10/29(土) ~ 2023/01/09(月)
開催時間:09:30~17:00
休館日:月曜日(ただし、1/9(月)をのぞく)、2022年12月29日(木)
〜2023年1月3日(火)



入場は16:30まで
開催場所 北海道立文学館

続きを読む

その他 令和4年度 こどものまなび塾 ボランティア養成講習会(受講生募集)

「子どもと関わる、大人のための講習会」

さまざまな子どものあそびを実践的に学ぶ講習会です。
子どもに携わる仕事をしている方々や地域のボランティア、これから子どもたちと関わる仕事をしたいと考えている方々にとっての学びの場や情報交換の場として、子どもとの関わり方や子どもたちの実態把握、家族や地域とのつながりを見つめなおし、地域や社会において子どもたちと関わる人材を育成することを目的としています。

【活動スケジュール】
Ⅰ期(9.2~9.17)子どものあそびについて~伝承あそび~できない人でも、できる人でもおもしろい!

Ⅱ期(9.30~10.15)子どもたちに読み聞かせをしよう!

Ⅲ期(10.19~10.22)中島公園&屋内で体を動かす遊びや、五感を使って自然を感じる自然あそび

Ⅳ期(12.8~2023.1.15)あそびのお店を開店しよう!

対象・定員 各コース18歳以上(高校生除く)15名(先着順)

日程 2022/09/02(金) ~ 2023/01/15(日)
Ⅰ期(9.2~9.17) 
Ⅱ期(9.30~10.15) 
Ⅲ期(10.19~10.22) 
Ⅳ期(12.8~2023.1.15)
開催場所 札幌市こども人形劇場こぐま座

続きを読む

書道・文学・写真 北海道博物館第3回蔵出し展 「久保寺逸彦文庫―アイヌ文学研究者による調査と資料をとおして、時代をさぐる―」

 アイヌ文学研究をはじめ、アイヌ文化研究に大きな足跡を遺した久保寺逸彦(くぼでらいつひこ)(1902―1971)は、基礎的な資料の集積と整理に努力を傾注した研究者でもありました。
 その没後から50年あまりが経ちました。昨年(2021年)までに著作集全4巻が完結した機会をとらえ、久保寺逸彦旧蔵資料のほとんどを収蔵する当館において、これらの資料約7,000点の全貌を紹介する展示会を開催いたします。
 その際、あわせて考えておきたいことは、久保寺による調査もまたアイヌ文化をとりまく時代の中にあったことです。そして、調査の“協力者”と位置付けられがちな、資料を語り遺した人びとと当時の社会から、久保寺らの調査とその資料を見直すことも大事な課題です。
 今回は、これらの視点を通して、遺された資料を伝え、その意義を考える機会としたいと思います。

【連続講座 久保寺逸彦文庫を見る・読む・聞く(全3回)】
◆日時:
2022年11月6日(日)
13:30〜15:30 第1回「久保寺逸彦 人と学問/久保寺逸彦回想談を聞く」
◆日時:
2022年11月27日(日)
13:30〜15:30 第2回「1935年北海道・サハリン調査とその時代」
◆日時:
2022年12月 4日(日)
13:30〜15:30 第3回「久保寺逸彦『アイヌ語辞典』と『神謡・聖伝の研究』」

【その他 アイヌ文化関連イベント】
◆日時:
2022年11月20日(日)
13:30〜15:30 ミュージアムカレッジ「インターネットを使ったアイヌ語学習」
◆日時:
①2022年12月11日(日)
②2022年12月25日(日)
③2023年 1月 8日(日)
④2023年 1月22日(日)
いずれも13:30〜15:30 アイヌ語講座①~④(全4回)
◆日時:
2022年12月17日(土)
13:30〜15:30 ミュージアムカレッジ「アイヌの英雄叙事詩を聞く―うたと言葉」
◆日時:
2023年1月14日(土)
13:30〜15:30 ミュージアムカレッジ「ハレの日の装い」

日程 2022/10/29(土) ~ 2023/01/15(日)
開催時間:09:30~16:30
毎週月曜日(ただし、1月9日は開館)
12/15(木)、16(金)、12/29(木)~1/3(火)、1月10日(火)
入場は16:00まで
開催場所 北海道博物館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 野田弘志 ― 真理のリアリズム

野田弘志(1936-)は日本を代表する画家である。その作品は一貫してリアリズムを追求したもので、人物・静物・風景いずれも対象を凝視し存在そのものを永遠に画面の中に閉じ込めたかのような絵画といえる。本展は、野田の最初期から近作まで各年代と作風を網羅すべく代表作を選りすぐり、初公開となる作品も含め、内容・規模ともにこれまでにない回顧展を試みるものである。

日程 2022/11/19(土) ~ 2023/01/15(日)
開催時間:09:45~17:00
月曜、年末年始(12月29日~1月3日)、1月10日休館
ただし1月9日は開館
入館は16:30まで
開催場所 札幌芸術の森美術館

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ